From: 中原良太
自宅の書斎より、、、

3月27日の日本株も、
配当落ちがあった割には、
なかなか良い値動きでしたね。

配当も込み込みで考えると、
「トータルでプラス」
の1日だったかと。

かくいう僕は、
今朝一番に株を買い直し、
少しずつ損を解消してます。

なんとかして、
3月のマイナスを、
取り返したいのですが、

あと一歩がなかなか…!(汗)

まぁ毎月のサイクルとして、
「月末には株価が上がりやすい!」
なんて傾向もありますんで、

引き続き株をがっちりホールドして、
ジワジワ取り返していきたいですなぁ。

【本日の資産変動】
3/26:952万1190円
3/27:956万0692円(+3万9502円)

[有望株ニュース] 高IQ投資家が期待する有望株(3月28日版)

【ソフトバンクグループ(9984)】
2月6日に発表した決算が好調な点に加えて、同社の収益性は高いです。売上高営業利益率は実績ベースで見ても10%超。市況が改善してきたいま、相場の牽引役となってくれることに期待します。

【NTT(9432)】
2月7日に発表した決算においても、第三四半期業績が増収増益で着地。足元の業績は好調な様子です。一方、去年の12月以降から同社の株価は値下がりが続いており、割安感が高まってきました。今後は見直し買いが入り、反発してくれると期待します。

【KDDI(9433)】
2016年以降、同社株の値下がりが続いています。2016年のピークから3年間で、株価は30%ほど値下がりしました。一方、これまでの値下がりの影響で、割安感が高まってきました。同社は収益性も高く、上昇相場に入ってからは伸びやすいとも期待できます。

同社のような割安株は、これから株価が上がりやすいと期待できます。割安である今のうちに、注目してはいかがでしょうか。

[危険株ニュース]高IQ投資家が警戒する危険株(3月28日版)

【ユニーファミマHD(8028)】
昨年11月に天井打ちして以降、株価の重さが目立ちます。同社株は好業績を背景に値上がりを続けてきましたが、これまでの値上がりペースが早かっただけに、過熱感も出てきています。

【資生堂(4911)】
今年に入ってから、すでに株価は15%以上も値上がりしています。一方、これまでの値上がりによって、同社株の予想PERは40倍を超えました。割高水準とも呼べる高さなので、これからの反落の可能性には気をつけたいところです。

【武田薬品工業(4502)】
今年に入ってから20%以上も値上がりしてきました。一方、これまでの値上がりによって予想PERは35倍超え。割高感のある水準です。また、同社は2月に減益も発表しており、足元の業績は苦戦している様子。これから株価が伸びにくいかもしれません。

同社のように、大きく値上がりした株は、これから反落のおそれがあります。無理に後追いするのではなく、様子見しておくと無難でしょう。

[株ニュース速報]知らなきゃ損です!超ド級銘柄、今回も蔵出ししますよ…(3月28日版)

3月27日もパッとした決算が、
特にありませんでした。

そこで本日も、
一級品の特上銘柄を、
1つ蔵出しします

それがコチラ:

◯OSG<6136>

精密切削工具の大手。

1月11日に発表した決算によれば、
今期も最高益を更新する見通しで、
業績は絶好調な水準です。

しかも、

同社は成長性が高く、
平均的な日本企業と比べると、
2倍ほどのペースで成長してます。

さらにさらに、

同社は収益性もピカイチ。
売上高営業利益率が10%を超えており、
お金をたっぷり稼いでます。

そして極めつけは、

同社株の株価が割安だ!という点。
同社株は予想PERが15倍を割れており、
まだまだ割安な水準です。

適正株価まで上がったとしても、
30%くらいは値上がりしそうと思うので、
いまがお買い得なんじゃないでしょうか。

ちなみに、

今回ご紹介したOSGも、
僕の知っている「一軍銘柄」の、
1つでございます。

むっちゃ優秀な会社なんで、
これからグイグイ伸びてきそうで、
ワクワクしております…!

[相談コーナー]買いたい株が多すぎて困っています…(3月28日版)

ここでは、YouTube生放送の、
リスナーさんから頂いた、
質問に回答します。

今回、頂いた質問がコチラ:

====================
買いたい株がたくさんあり過ぎて困っています
中原先生だったら、どうやって選びますか?
====================

中原からの回答:

その気持ち、
すっごくよくわかります!

どんなお金持ちでも、
「買いたいだけ株を買える」
なんて人はいません。

資金には限りがありますので、

いろんな買いたいものの中から、
「これだ!」と思うベストを選ぶのが、
日常生活と同様、株でも大切です。

そんな中、僕が株を選ぶときには、
「ポイント制」のようなもので、
株の良し悪しを評価しています。

たとえば、

「割安な株」だったら、
1ポイント獲得!

追加で、
「割安で高収益な株」だったら、
1+1で2ポイント獲得!!

さらに、
「割安で高収益なうえ成長している株」なら、
1+1+1で3ポイント獲得!!!

…といった具合で、
「良い!」と感じた点を、
加点方式でどんどん足しています。

その上で、
「ポイントの高い株から順に」
買っていくのが我流ですね。

あと、、、

株を買った後に、
「やっぱりアッチにしておけばよかった」
と後悔することもよくあります。

その場合は、

持っている株の中でも、
ポイントが低いものを売って、
ポイントの高いものを新たに買います。

(とはいえ、取引手数料もかかるので、
手数料と相談しながら決めます)

株の良し悪しを判断するときには、
いろんな点を確認すると思います。

「割安かどうか」
「儲かっている会社かどうか」
「成長しているかどうか」
「信頼できそうかどうか」

などなど。

こういった点を加点していって、
総合優勝した株を買うのが良いと思いますよ。

[日本株見通し]日本株は小反落でも…損切りは逆効果か?(3月28日版)

気になるこれからの
相場の先行きを予想します。

3月27日の日本株市場は、
全面的に「小反落」の1日でした。

とはいえ、

配当権利落ちもあったので、
配当分も合わせてトータルで見ると、
「小幅高」となった1日でしたね。

火曜日以降、日本株全体が、
強気に推移しておりますなぁ。

日本株式市場は、
「上がったら翌日も上がりやすい」
というモメンタム効果が強いので、

引き続き相場の上昇に、
期待したいところです。

僕自身の投資スタンスも、
強気を維持します。

【3/27時点の投資スタンス】
中期(1カ月):買い
短期(1週間):買い
目先(1日間):買い

投資スタンスに取引するなら、

現時点で株を持っている人は、
「大型株を小型株へ乗り換える」
「引き続きがっちりホールドする」
といった作戦で利益を伸ばせるかと。

一方、

現時点で株を持っていない人は、
「出遅れている株を買い付ける」作戦で、
お小遣い稼ぎができそうです。

いまは、カレンダー的にも、
タイミングが良くて、

「月末は株価が上がりやすい!」
「週の後半は株価が上がりやすい!」
なんて傾向もございますんで、

これからの値上がりには、
個人的にも結構期待してます。

なんとか続伸してもらって、
3月の運用成績もプラスで終えたいなぁ…(願)

– 中原良太