From: 中原良太
自宅の書斎より、、、

昨日のYouTube生放送で紹介した
「ピーバンドットコム<3559」
が吹き上がりましたなぁ。

まだまだ割安圏内だと思うんで、
引き続き、注目を続けたいところです。

とはいえ、

個別株の調子は良くても、

3月19日の日本株は、
円高がすすんだ影響で弱め。

僕の持ち株も、
下落が目立ちました。

せっかく週明けに、
そこそこお金が増えたのに、

大半がなくなってしまいました(涙)

まぁ、損失は経費ですから、
こればっかりは仕方ないですなぁ。

19日に日本株は反落しましたが、
大した下落幅ではなかったので、
まだまだ強気は継続と考えます。

全力買いを続けたまま、
反発に期待します…!

【本日の資産変動】
3/18:948万6389円
3/19:942万8972円(▲5万7417円)

[有望株ニュース] 高IQ投資家が期待する有望株(3月20日版)

【信越化学工業(4063)】
1月29日に発表した決算は大幅増益で着地。3月に入ってから株価は伸び悩んでいますが、今後の反発が期待できそうです。

【スズキ(7269)】
昨年11月に上方修正を発表するなど、停滞する自動車業界の中でも業績は好調な様子です。3月以降は株価下落が目立ちますが、予想PERは約11倍と割安感たっぷりです。

【KDDI(9433)】
昨年10月以降、株価の下落が目立ちます。一方、これまでの株価下落によって、予想PERが10倍を割れました。割安感が出てきたこともあり、今が仕込み時と考えます。

同社のような割安株は、これから株価が上がりやすいと期待できます。割安である今のうちに、注目してはいかがでしょうか。

[危険株ニュース]高IQ投資家が警戒する危険株(3月20日版)

【武田薬品工業(4502)】
2月に発表した第三四半期決算は減益で着地。伸び悩みが目立ちます。予想PERが30倍を超えていることもあり、同社株の割高感も高いと考えます。

【ファーストリテイリング(9983)】
1月に発表した第1四半期決算は減益で着地。業績は伸び悩んでいる様子です。3月以降、株価上昇が目立ちますが、短期的には売りに押される可能性に気をつけたいところ。

【リクルートHD(6098)】
2019年以降、すでに株価は15%以上も値上がりしました。一方、同社株の予想PERは30倍を超えており、割高感のある水準です。

同社のように、大きく値上がりした株は、これから反落のおそれがあります。無理に後追いするのではなく、様子見しておくと無難でしょう。

[株ニュース速報]株価2倍も期待!? 割安有望株を発掘しました(3月20日版)

3月19日には10社ほどが、
業績修正や配当修正を発表しました。

その中でも、

「良さげ!」と思える、
成長高収益株が見つかりましたので、
今回もドドンと紹介してまいります…!

それがコチラ:

◯村上開明堂<7292>

自動車用のバックミラーの最大手。

3月19日に今期配当の増額を発表。

業績は減益の見通しではありますが、
これまでの進捗は例年よりも早いペース。

上手くいけば、上方修正なども、
発表してくれると期待できます。

また、

同社事業の収益性は高く、
平均的な日本企業と比べると、
利益率が高い水準です。

さらに、

成長ペースも早いので、

事業の成長とともに、
株価もグイグイ上がりそう。

まだまだ株価も割安圏内ですから、
株価面でもお買い得かと思います。

予想PERが今のところ7倍ですから、
1.5倍とか2倍くらいも狙える水準かと。

短期間で「ドカン」と、
上がるような銘柄ではないですが、

何年かかけてジワジワと、
ゆっくり上がることに期待です。

[相談コーナー]指値注文vs成行注文、どっちが良い?(3月20日版)

ここでは、YouTube生放送の、
リスナーさんから頂いた、
質問に回答します。

今回、頂いた質問がコチラ:

====================
株や投資信託を買う時に、どうやって買おうか悩みます。

円貨決済と外貨決済なら、どちらが良いですか?
成行注文と指値注文なら、どちらが良いですか?
====================

中原からの回答:

発注方法については、
かなーり悩みますよね。

この判断1つで、
運用成績が大きく変わります。

この質問者さんは、
悩むべきところで、
しっかり悩んでいるので、

良い着眼をしたと思います。

さて、僕からの回答です。

まず、

海外の投資信託を買う場合の、
「円貨決済」と「外貨決済」ですが、

これは、ご利用の証券会社によります。

とはいえ、

円貨決済は為替取引を、
代行してもらう代わりに、
コスト面で不利なことが多いので、

大体は「外貨決済」が有利です。

次に、

株式を買う場合の、
「成行注文」と「指値注文」ですが、

これは、指値注文の方が良いです。

成行注文を使うと不利な価格で、
取引してしまう恐れがあります。

だから、

「○○円より安いときだけ買う」
「○○円より高くときだけ売る」

のように、

指値注文で取引するほうが、
安全かつ有利なケースが多いです。

筆者個人としては、
「昨日よりも安かったら買う」
「昨日よりも高かったら売る」
のように、

最近の株価を参考にしながら、
指値注文で発注することが多いです。

発注の工夫をするかしないかで、
2割~3割くらい収益性が変わるので、

細かな部分まで気遣う方が、
良いと思いますよ~!

[日本株見通し]日本株反落、これからどうなる?(3月20日版)

気になるこれからの
相場の先行きを予想します。

3月19日の日本株市場は、

円高が重しとなった影響からか、
相場全体が値下がりしました。

一方、

19日の日本株市場は、
朝の時点では全面安でしたが、

昼にかけて徐々に戻しており、
下落幅はゼロに近い水準。

大引けの時点では、
「ほぼトントン」で、
着地に至りました。

日本株市場は、
「上がった日の翌日は上がる」
「下がった日の翌日は下がる」
という傾向があるんですが、

18日の相場上昇が大きかった分、
19日の小反落は気にしなくても良さそうです。

このまま、投資スタンスは強気を継続します。

【3/19時点の投資スタンス】
中期(1カ月):買い
短期(1週間):買い
目先(1日間):買い

よって、

現時点で株を持っていない人は、
「これから出遅れ株を買っていく」
という作戦が上手くいきそうです。

一方、

現時点で株を持っている人は、
「引き続き、がっちりホールドを続ける」
という作戦で利益を伸ばせると思います。

僕自身、

今のところ、ありったけのお金で、
小型株をがっちりホールドしていますが、

引き続き、保有を継続して、
続伸に期待しております…!

– 中原良太