From: 中原良太
自宅の書斎より、、、

昨日のYouTube生放送では、
「14日の朝一番に株を売ります!」
なんて話をしましたが、

予想どおり、日本株は弱かったですね。

「日本株が下がる!」
なんて予想をすると、

株を持っている人からすれば、
「気味の悪い予想するな!」
なんて怒られそうですが…

とはいえ、

「危ないときには黙って逃げる」
のがトレードの鉄則ですから、

危なさそうになったら、
また予想しますよ…!

病気と株取引は同じで、

症状(含み損)が重くなってからでは、
できる治療が限られてしまいます。

だから、

症状(含み損)が軽いうちに、
「重たくなる前に予防する」
ってのが大事だと思うんですよね。

さて。

14日の日本株市場は、
寄り付き天井ののち、
日中に下落しました。

僕は幸い、天井で手仕舞えたので、
ひと安心しているところです。

この判断が吉と出るか、
あるいは凶と出るか、

結果が分かるのは、
週明け月曜くらいですかね。

いつもどおり、
冷静沈着に取引して、

淡々とチャンスを、
掴んでいきます…m(_ _)m

【本日の資産変動】
3/13:936万5168円
3/14:938万8174円(+2万3006円)

[有望株ニュース] 高IQ投資家が期待する有望株(3月15日版)

【ソフトバンクグループ(9984)】
2月6日に発表した決算は好調。相場が好調なときほど、同社のような業績好調株が買われやすいです。今後の値上がりに期待します。

【信越化学工業(4063)】
1月26日に決算を発表。第三四半期は大幅増益で着地しており、業績が好調です。2018年に株価下落が目立っていますので、割安感が高まってきたと期待できるでしょう。反発に期待します。

【ソニー(6758)】
去年10月以降、株価下落が目立ちますが、これまでの株価下落によって割安感が高まってきました。中長期で反発が期待できますので、市況が改善したタイミングで買い付けても良いと考えます。

同社のような割安株は、これから株価が上がりやすいと期待できます。割安である今のうちに、注目してはいかがでしょうか。

[危険株ニュース]高IQ投資家が警戒する危険株(3月15日版)

【ユニーファミマHD(8028)】
2018年には株価が70%以上も値上がりし、好調でした。一方、昨年の株価上昇の影響で、株価面では割高感が出てきました。しばらくは値上がりしにくい可能性に注意しましょう。

【武田薬品工業(4502)】
2月に発表した決算によると、第三四半期は減益で着地しました。業績が伸び悩んでいる様子もあるので、しばらく株価は上がりにくいと考えます。

【資生堂(4911)】
2013年以降、株価は6倍ほどに値上がりしました。一方、これまでの値上がりが激しいだけに、予想PERなどを見る限り割高圏にあります。しばらく反落しやすい可能性があるので、注意しましょう。

同社のように、大きく値上がりした株は、これから反落のおそれがあります。無理に後追いするのではなく、様子見しておくと無難でしょう。

[株ニュース速報]超ド級・一軍の有望成長株、蔵出しします(3月15日版)

3月14日もピカイチな会社が
見つかりましたよ!

本日ご紹介したい銘柄は、
コチラでございます:

◯アカツキ<3932>

スマホゲームの企画・開発・運営を手がける。

3月14日に非開示だった業績予想を発表。

2019年3月期は最高益を更新する見通しで、
業績は絶好調に拡大しています。

同社株は日本株の中でも、
かなりスピーディに成長しており、

平均的な会社と比べて、
5倍くらいの高ペースで成長中です。

しかも、

同社の株価は割安水準で、
予想PERは約10倍と割安感たっぷりです。

「業績は絶好調」
「収益性もたっぷり」
「株価も割安水準」

と、最高水準の銘柄だと思います。

僕個人としても、
市況が改善してきたら、
同社株を買おうか悩み中。

こりゃあ良いですなぁ。

とはいえ、

同社のような絶好調な小型株は、
相場が落ち込んでいるときには、
しばらく株価が弱気に動きがちです。

今すぐ飛びつく必要も無いので、
市況が改善するまで待ってから、
タイミングを見て買うと良さそう。

[相談コーナー]つみたてNISAとNISA、どっちが得?(3月15日版)

ここでは、YouTube生放送の、
リスナーさんから頂いた、
質問に回答します。

今回、頂いた質問がコチラ:

====================
中原さんがYouTubeで「NISAは良いぞ~」
と話しているのが印象的で、投資をはじめました。

でも、NISAには「つみたてNISA」と「NISA」の、
2つの種類があるようで、どちらを選べば良いか、
正直分かりません。

どっちを選ぶとお得なのでしょうか?
====================

中原からの回答:

さいきん、NISAを使っている人が、
僕の身の回りでも増えてきていて、嬉しいです。

こういう節税制度って、
「重い腰を上げるまで」が
大変なんですが、

いざ腰を上げてからは、
サクサクっと進められて、

「こんなに簡単なのだったら、
もっと早く始めておけばよかった…」
と後悔するかたも多いみたいですな。

(かくいう僕自身、2018年からNISAをはじめましたが、
「もっと早くから使っていればよかった…」と後悔しています)

さて、

「つみたてNISA」と「NISA」、
どちらがお得か?という話ですが、

NISAを活かすにはコツが要るうえ、
運用資金が豊富でないと、
扱いきれない部分があり、

初心者向きではないことを考えると、

ひとまず、この場では、
「つみたてNISAの方がお得だ!」
と言っておくことにします。

ざっくりと、

「つみたてNISAは初心者でも、
旨味を活かすことができる」

「NISAを活かすにはコツが要るから、
よっぽど腕に自信がある人じゃないと、
選ばない方が無難」

と考えておくと良いでしょう。

とはいえ、

この話は質問者さんの年齢や資産規模、
投資スタイルによっても変化するので、

「一概にどちらが良いとは言えない」
というのが本音です。

ですから、

「はじめに『つみたてNISA』から検討する」

「『つみたてNISAに気に食わない部分が多い』なら、
次に『NISA』を使ってみるか検討する」

という順序で考えると、

おおむね正しい、
判断ができると思います!

[日本株見通し]日本株急失速、これからどうなる?(3月15日版)

気になるこれからの
相場の先行きを予想します。

3月13日に引き続き、
14日の日本株も弱気で、

寄り付きだけは高かったものの、
日中にかけて急失速しました。

先週の金曜日に、
相場が急落したのを機に、
日本株全体が弱いです。

(嫌な雰囲気ですね…)

いかんせん、

僕ら投資家という生き物は、

「含み損が出始めると、
リスクを取りたくなくなってくる」
生き物でございますので、

今後、しばらくは、
リスクオフムード(買い控え)が、
続くかもしれませんなぁ。

そんな訳で、僕自身も、
昨日に引き続いて、

投資スタンスは弱気で、
維持しておこうと思います。

【3/14時点の投資スタンス】
中期(1カ月):売り
短期(1週間):売り
目先(1日間):売り

株を買うにしても、
もう少し雰囲気が改善して、
弾みがついてからの予定です。

したがって、

この投資スタンスに基づいて、
これからの投資判断をすると、

現時点で保有株を持っている方は、
「小型株を持っていたら大型株へ乗り換える」
「または保有株を売却して現金化してしまう」
といった作戦が安全かと思います。

一方、

現時点で保有株を持っていない方は、
「しばらく株を買わずにやり過ごす」
のが安全かつベストな作戦に思えます。

僕自身、

14日朝に保有株の大半を売り払い、
今週末にはキャッシュ多めで過ごします。

週末には黒田日銀総裁の、
会見も控えていますので、

何かしらの動きがあるまで様子見して、
動きがあってから判断を下すのが無難かと。

– 中原良太