From: 中原良太
自宅の書斎より、、、

3月12日の夜、
YouTubeの生放送では、

「日本株は底打ったと思う!」
なんて話を浮かれた様子で、
話しましたが、

また裏目に出ました。

これだけ裏目に出ているので、
「逆神(ぎゃくがみ)」と呼ばれても、
無理がありませんなぁ…(涙)

とはいえ、

自分のやっていることに、
間違いはないと思っているので、

「今は自分に合わない相場なのかな」と、
そうやって捉えることにしています。

ヘタにエントリーをためらったり、
ヘタに損切りをためらったりすると、

それもまた裏目にでて、
「判断を曲げなければ良かった」
と、悔しい思いをするので、

どれだけ裏目に出ようと、
今の投資スタンスは貫きますぜ。
(自分の投資手法と心中する覚悟なので…)

3月に入ってからは、
赤字が膨らんでるけど、
どうすれば取り返せるかな…。

まだまだ、自分も未熟だなぁ。

もっと研究を深めて、
ステップアップしないとなぁ。

【本日の資産変動】
3/12:943万0557円
3/13:936万5168円(▲6万5389円)

[有望株ニュース] 高IQ投資家が期待する有望株(3月14日版)

【KDDI(9433)】
予想PERや約10倍と割安感のあふれる水準です。いまは市況が悪いので株価が下がっていますが、改善してからは復活すると期待します。

【NTT(9432)】
2月7日に発表した第三四半期決算は増益で着地。業績は好調な様子です。2018年以降は株価が伸び悩んでいますが、これからの反発に期待します。

【ソニー(6758)】
2月に下方修正を発表したものの、修正幅はあくまで小幅。同社の業績は好調なので、これから見直し買いが入ると期待します。

同社のような割安株は、これから株価が上がりやすいと期待できます。割安である今のうちに、注目してはいかがでしょうか。

[危険株ニュース]高IQ投資家が警戒する危険株(3月14日版)

【ファーストリテイリング(9983)】
1月10日に発表した第1四半期決算が減益で着地。業績が伸び悩んでいます。直近は株価も下落しており、しばらく株価があがりにくいと想定します。

【資生堂(4911)】
業績は絶好調なものの、予想PERが40倍を超えており、割高感のある水準です。短期的には上値が重くなると考えられますので、しばらく手控えておくと良いかと。

【ユニーファミマHD(8028)】
1月に発表した第三四半期決算は9-11月期が減益で着地。苦戦している様子です。しばらくは、株価が上がりにくいと想定します。

同社のように、大きく値上がりした株は、これから反落のおそれがあります。無理に後追いするのではなく、様子見しておくと無難でしょう。

[株ニュース速報]技術者派遣で絶好調な会社を見つけました(3月14日版)

3月13日には30社ほどが、
決算や業績修正を発表しました。

それもあり、

「おっ!」と目を引く、
魅力的な会社もありましたね。

そこで今回も、
一見の価値のある、
業績絶好調な企業を紹介します。

それがコチラ:

◯アルトナー<2163>

技術者派遣を手がける会社。

3月13日には決算を発表。

2020年1月期には、
最高益を更新する見通しです。

業績が絶好調に推移している点に加え、
同社の成長性は非常に高く、

平均的な日本企業と比べて、
4〜5倍のペースで成長しています。

また、

同社の株はさほど高くなく、
予想PERが約18倍と適正価格圏内です。

とはいえ、

業績が絶好調なこともあり、
グイグイ株価が上がっていくと、
期待することができるでしょう。

最近は市況が悪いので、
「いますぐ買えば儲かる」
という感じの銘柄ではありませんが、

市況が改善しリスクオン・ムードが広がれば、
株価がグイグイ上がってくれそうですね。

やや業績にお化粧感があるのが難点ですが、
ウォッチしておいて良い有望株だと思います。

[相談コーナー]自社株買いをすると、株価は上がるの?(3月14日版)

ここでは、YouTube生放送の、
リスナーさんから頂いた、
質問に回答します。

今回、頂いた質問がコチラ:

====================
自社株買いをすると株価が上がるって、
本当なのでしょうか…?
====================

中原からの回答:

「自社株買いがあった会社の株は、
上がりやすいから買いなさい!」

なんてことを宣っている、
一部のアドバイザーもいるようですが、

この話は王道とはいいにくく、
「俗説だ」というのが僕の見解です。

というのも、

経済学者のモディリアーニ氏と、ミラー氏が、
共同で提唱した理論「MM理論」に基づくと、

「増配だとか自社株買いは企業価値とは無関係」
だと考えられています。

だから、

「増配があったから株を買う!」
「自社株買いが発表されたから株を買う!」
という判断は、科学的には間違った判断ですな。

とはいえ、

自社株買いでは企業が
「株を買います!」と
発表しているので、

短期的には企業が株を、
買い支えてくれることもあり、
需給が改善する可能性が見込めます。

また、

自社株を買うということは、
【うちの株は割安です!】という信号を
出しているとも解釈できます。

それもあり、

思惑買いにより、
株価があがりやすいみたいですね。

何にせよ、

この話はあくまで
「短期間の値動きの話」
ですので、

この類のニュースは、
投機にのみ役立てるのが筋です。

そして、

「増配」や「自社株買い」をきっかけに、
長期投資する株を選ぶのは筋違いでしょうな。

[日本株見通し]日本株は急反落!損切りすべきか?(3月14日版)

気になるこれからの
相場の先行きを予想します。

3月13日の日本株市場は、
全体的に反落しました。

12日の相場上昇は、
いったい何だったのでしょう?(汗)

ちなみに、

僕自身は13日の寄り付きに、
株を買ったばかりなので、

モロにダメージを受けました…(泣)

日本株市場には、
「いちど下がり始めると、しばらく下がり続ける」
なんて傾向がございます。

よって、

投資スタンスを改めて、
強気から弱気へと変更します。

【3/12時点の投資スタンス】
中期(1カ月):買い
短期(1週間):買い
目先(1日間):買い

【3/13時点の投資スタンス】
中期(1カ月):売り
短期(1週間):売り
目先(1日間):売り

投資スタンスの変化を踏まえて、
これからの投資判断ですが、

現時点で株を持っていない人は、
「いましばらく様子見を続けてジッとしている」
のが、安全かと思います。

一方、

現時点で株を持っている人は、
「小型株を持っていたら、大型株へ乗り換える」
「値下がりが心配な場合は、いったん損切り」
しておくと損失を小さく抑えられそうです。

何にせよ、

相場が上がったり下がったり、
方向感に乏しい状況なので、

またコロコロと、
投資スタンスは変わりそうです。

とはいえ、

僕はちょっと相場が下落するだけで、
すぐに損切りする「チキン」なので、

ひとまず僕自身も、
この投資スタンスに則り、

3月14日には、
持ち株をひととおり売却して、
様子見を続けるつもりです。

いやはや、

最近は、裏目に出ることが多くて、
参ってしまいますなぁ…(涙)

何か、

改善する方法が、
思いつくと良いのだけど…。

– 中原良太