From: 中原良太
自宅の書斎より、、、

ここでは、YouTube生放送の、
リスナーさんから頂いた、
質問に回答します。

今回、頂いた質問がコチラ:

====================
好決算な会社の株を買いました。
なのに、株価が上がりません。

良い会社の株を買ったのに、
株価が上がらないのは何故ですか?
====================

中原からの回答:

投資家としての、
登竜門のような質問ですなぁ。

株式投資の教科書を読むと、

「決算の良い会社を買えば儲かる!」
みたいな話をウンザリほど目にしますが、

実際のところ、

そのとおりに運用しても、
なかなか成果が出ないのが現実です。

これにはいくつか理由があります。

大きな理由としては、
以下の3点でしょう:

理由1:すでに株価に織り込まれている
理由2:市況が悪いから何を買ってもダメ
理由3:短期間で成果を求めてしまっている

まず、ありがちなのが、
「理由1:すでに株価に織り込まれている」
という理由です。

好業績な会社の株は、

今後も好業績が期待される分、
「すでに株価が高くなってしまっている」
という可能性があります。

だから、重要なのは、
「周りが好業績に気づく前に、
先んじて株を買うこと」
なんですな。

すでに株価が上がってしまった、
株を買っても儲からないので、

「他人よりも早く察知する」
ことに意識を向けることが大切です。

次に、ありがちなのが、
「理由2:市況が悪いから何を買ってもダメ」
という理由です。

どんなに好業績な会社の株でも、
市況が悪ければ株価が下がります。

それこそ、リーマン・ショックなど、
相場が暴落するような局面では、
8割の企業の株価が下がります。

何を買っても無駄なので、
「時期が悪いと儲からない」
という点も覚えておきましょう。

さいごに、ありがちなのが、
「理由3:短期間で成果を求めてしまっている」
という理由です。

元来、好業績な会社の株は、
中長期で値上がりが期待できます。

どんなに短くても1カ月、
できれば数年くらいの期間で、
効果測定をする必要があります。

一朝一夕で儲かるものではないので、
長期視点で考えることが大切ですよ。

…といったところで、

「好業績なのに株価が上がらない」
という悩みにぶつかったときには、

今日ご紹介した、3つの理由:

理由1:すでに株価に織り込まれている
理由2:市況が悪いから何を買ってもダメ
理由3:短期間で成果を求めてしまっている

のどれかに当てはまらないか考えてみましょう。

あとは念のため、

理由4:業績が良いと「勘違い」しているだけ

という理由も付け加えておきましょう。

これらに注意することで、
業績の良い会社に裏切られることが、
減ってくると思います…!

ぜひぜひ、ご活用くださいませm(_ _)m

– 中原良太