From: 中原良太
自宅の書斎より、、、

気になるこれからの
相場の先行きを予想します。

3月7日の日本株市場も、
なかなか弱気な1日でした。

僕自身、

いくらか中長期保有目的で、
小型株を持っていますが、

軒並み下落をしていて、
含み損が膨らんでいます。

現時点での僕の投資スタンスは、
3月6日のスタンスを引き継いで、

【3/7時点の投資スタンス】
中期(1カ月):買い
短期(1週間):売り
目先(1日間):売り

を継続します。

とはいえ、

日本株市場は、
「終値が25日線を切ると、
極端にムードが悪くなる」
傾向がございまして。

そうなった場合は、

中期(1カ月)のスタンスも、
「売り」に変更するつもりです。

仮にTOPIXが25日線を切ると、

株を買ったところで、
かなり儲かりにくいです。

まだ今の時点では、
「暴落の予兆」とは言えず、
悲観視する必要はありません。

とはいえ、

もう一段、下落が続くようなら、
年末のような暴落の可能性にも、
備えておいた方が良いでしょう。

よって、

現時点で株を持っていない人は、
「何もせずに様子見しておく」
というのが無難でしょう。

むやみにリスクを取らず、
待っているのも戦略です。

一方、

現時点で株を持っている人は、

短期保有目的の銘柄は、
「いったん手放す」
というのも作戦です。

僕自身、

中長期保有目的の銘柄は、
保有を続けていますが、

短期目的の銘柄は、
6日の朝の時点で売りました。

引き続き、

相場のムードが改善するまでは、
何もせずじっとしてようかな。

早く状況が改善すると、
嬉しいんですけどね…。

– 中原良太