From: 中原良太
自宅の書斎より、、、

ここ3日ほど、
日本株の動きが悪く、
不穏なムードが出てきました。

こんな時期には、
「何も買わずにジッとする」か、
「ディフェンシブな株(割安大型株)を買う」か、
の2つが王道な対処法でございます。

個人的には、
「何も買わずにジッとする」
のが安全で好きなのですが、

とはいえ、

「やっぱ株を買ってないと、
お金が余ってもったいない!」

と感じる方も多いでしょう。

そこで今回は、

3月7日に絶好調な決算を発表した、
業績優秀で割安な大型株を、
1つご紹介しましょう。

それがコチラ:

◯積水ハウス<1928>

プレハブ住宅の最大手。

3月7日に発表した決算によると、
2020年1月期は最高益を更新する見通し。

絶好調ですなぁ。

同社のブランド力はすさまじく、
建設業という業種の中でも、
屈指の収益性もあります。

しかも、

同社の株価はまだまだ割安なので、
これからの値上がりも期待できます。

まとめると、

「業績の見通しは絶好調」
「建設業の中でも収益性はピカイチ」
「しかも株価も割安水準」
と、ピカピカしてます。

いかんせん相場の雰囲気が悪いので、
「いま買うのは微妙かなぁ」
と思うところですが、

同社のような大型株なら、
下落相場の影響も受けにくいうえ、

相場が戻ってきてくれたら、
プラ転してくれそうだと期待してます。

中長期保有目的で、
注目してみては?

ボク個人は今は取引を控えてますが、
優秀なので、市況が改善したら、
購入候補に入れたいですなぁ。

– 中原良太