From: 中原良太
自宅の書斎より、、、

先日(3/5)のYouTube生放送で、

「相場の雰囲気が悪いので、
そろそろ株を売って出直します」

なんて話をしましたが、
珍しく予想が当たりました(汗)

普段から少しでも、
相場の雰囲気が悪いと、

「損切りせよ!!!」
と手のひら返しをして、

チキン丸出しな取引をしている、
そんな僕でございます。

そのせいで、

損切りの予想が何度も外れて、
多くの方を巻き添えにしてしまい、
申し訳なく思っていたのですが…

久々に、
「チキンで良かった!」
と思う相場付きです。

3月7日の夕方17時時点で、
日経平均株価は200円以上も、
下落しております。

それもあり、

「また暴落が来るか…?」なんて、
ドギマギしているところです。

先日もお話ししたとおり、

僕は3月6日の寄り付きの時点で、
短期保有目的の銘柄を全て売りました。

だから、

今は、長期保有目的の、
「好業績な割安株」だけを、
ホールドしております。

おかげさまで、

ダメージは受けたものの、
大痛手を受けずに済みました。

たぶん、

株を売ってなかったら、
5倍くらいは吹っ飛んだなぁ。
(チキンで良かった…!)

これからはしばらく、
キャッシュ多めで待機して、

暴落があったときには、
美味しいところだけを頂こうかと。

週末にはメジャーSQも控えてて、
値動きが激しくなりそうなんで、

こういう時期に現金で居られると、
精神的にもラクで有り難いですなぁ。

【本日の資産変動】
3/6:958万1157円
3/7:953万7757円(▲4万3400円)

[有望株ニュース] 高IQ投資家が期待する有望株(3月8日版)

【東京エレクトロン(8035)】
SOX指数の下落に煽られ、同社株の下落も目立ちます。一方、同社株の予想PERは約10倍と割安水準。中長期で値上がりしやすいと考えます。

【ソフトバンクグループ(9984)】
2月6日の決算が好調だった点に加え、株価も割安水準だと考えられます。中長期での値上がりに期待します。

【KDDI(9433)】
今年に入ってから株価は横ばいに推移していますが、株価面では割安水準です。中長期保有で値上がり期待です。

同社のような割安株は、これから株価が上がりやすいと期待できます。割安である今のうちに、注目してはいかがでしょうか。

[危険株ニュース]高IQ投資家が警戒する危険株(3月8日版)

【ヤマトHD(9064)】
1月30日に上方修正を発表するなど、業績の伸びは好調な様子。一方、いかんせん株価が高めの水準でして、予想PERは30倍を超えています。しばらくは株価が上がりにくい可能性に注意が必要でしょう。

【資生堂(4911)】
今期は最高益を更新する見通しで好調。一方、株価面は話が別で、予想PERが40倍を超えており、やや過熱感があるとも解釈できます。追いかけ買いするのでなく、株価が下落するのを待った方が無難かもしれません。

【リクルートHD(6098)】
業績は着々と拡大していますが、株価はやや高めの印象。短期的には、株価が上がりにくいと考えます。

同社のように、大きく値上がりした株は、これから反落のおそれがあります。無理に後追いするのではなく、様子見しておくと無難でしょう。

[株ニュース速報]下落相場でも安心?な業績好調株をご紹介!(3月8日版)

ここ3日ほど、
日本株の動きが悪く、
不穏なムードが出てきました。

こんな時期には、
「何も買わずにジッとする」か、
「ディフェンシブな株(割安大型株)を買う」か、
の2つが王道な対処法でございます。

個人的には、
「何も買わずにジッとする」
のが安全で好きなのですが、

とはいえ、

「やっぱ株を買ってないと、
お金が余ってもったいない!」

と感じる方も多いでしょう。

そこで今回は、

3月7日に絶好調な決算を発表した、
業績優秀で割安な大型株を、
1つご紹介しましょう。

それがコチラ:

◯積水ハウス<1928>

プレハブ住宅の最大手。

3月7日に発表した決算によると、
2020年1月期は最高益を更新する見通し。

絶好調ですなぁ。

同社のブランド力はすさまじく、
建設業という業種の中でも、
屈指の収益性もあります。

しかも、

同社の株価はまだまだ割安なので、
これからの値上がりも期待できます。

まとめると、

「業績の見通しは絶好調」
「建設業の中でも収益性はピカイチ」
「しかも株価も割安水準」
と、ピカピカしてます。

いかんせん相場の雰囲気が悪いので、
「いま買うのは微妙かなぁ」
と思うところですが、

同社のような大型株なら、
下落相場の影響も受けにくいうえ、

相場が戻ってきてくれたら、
プラ転してくれそうだと期待してます。

中長期保有目的で、
注目してみては?

ボク個人は今は取引を控えてますが、
優秀なので、市況が改善したら、
購入候補に入れたいですなぁ。

[相談コーナー]投資信託はどのインデックスが良い?(3月8日版)

ここでは、YouTube生放送の、
リスナーさんから頂いた、
質問に回答します。

今回、頂いた質問がコチラ:

====================
中原さんはYouTube生放送で、
「インデックス投資最高!」なんて話をしてますが、
対象のインデックスはどうやって選んでいますか?
====================

中原からの回答:

インデックス投資の選び方ですが、
自分が今持っている資産と相談しながら、

「どれくらい資産を分散できるか?」
を考えるのが基本だと思います。

そもそも論として、
インデックス投資の利点は、

「少ない資金でも分散投資できること」
でございまして。

ノーベル経済学賞を受賞した、
ウィリアム・シャープさんの活躍で、

古典派経済学者の間では、
「分散投資はすればするほど良い!」
というのが常識でございます。

なので、インデックス選びの王道としては、
「なるべく幅広く分散されているほど良い」
と考えておきましょう。

目安としては、

横綱クラス:全世界への分散(VTなど)
大関クラス:先進国全体への分散(VEA+VOOなど)
関脇クラス:先進国一部への分散(米国のみならVOOなど)
その他:新興国全体への分散(VWOなど)

と考えると良いでしょうな。

特に日本人は、
「日本の資産を持ち過ぎている」
ことで有名ですので、

質問者さんが、
「日本株しかやってない」
「日本円しか持ってない」
というのであれば、

手始めに海外への分散を、
意識してみると良いかと。

[日本株見通し]日本株続落!これは暴落の予兆?(3月8日版)

気になるこれからの
相場の先行きを予想します。

3月7日の日本株市場も、
なかなか弱気な1日でした。

僕自身、

いくらか中長期保有目的で、
小型株を持っていますが、

軒並み下落をしていて、
含み損が膨らんでいます。

現時点での僕の投資スタンスは、
3月6日のスタンスを引き継いで、

【3/7時点の投資スタンス】
中期(1カ月):買い
短期(1週間):売り
目先(1日間):売り

を継続します。

とはいえ、

日本株市場は、
「終値が25日線を切ると、
極端にムードが悪くなる」
傾向がございまして。

そうなった場合は、

中期(1カ月)のスタンスも、
「売り」に変更するつもりです。

仮にTOPIXが25日線を切ると、

株を買ったところで、
かなり儲かりにくいです。

まだ今の時点では、
「暴落の予兆」とは言えず、
悲観視する必要はありません。

とはいえ、

もう一段、下落が続くようなら、
年末のような暴落の可能性にも、
備えておいた方が良いでしょう。

よって、

現時点で株を持っていない人は、
「何もせずに様子見しておく」
というのが無難でしょう。

むやみにリスクを取らず、
待っているのも戦略です。

一方、

現時点で株を持っている人は、

短期保有目的の銘柄は、
「いったん手放す」
というのも作戦です。

僕自身、

中長期保有目的の銘柄は、
保有を続けていますが、

短期目的の銘柄は、
6日の朝の時点で売りました。

引き続き、

相場のムードが改善するまでは、
何もせずじっとしてようかな。

早く状況が改善すると、
嬉しいんですけどね…。

– 中原良太