From: 中原良太
自宅の書斎より、、、

週末に億り人さんと、
飲みに行きました。

話してみて思うのは、

やはり、一定以上の、
成果を出している人は、

「勝つべくして、勝つんだなぁ」
という印象でした。

ノリとか雰囲気とか、
そんなチャチなものでなく、

「勝利の法則に従っている」
という感じです。

その人とお会いしてみて、
意気投合したのが、

「株取引で利益を出すには、
相場の歪みを利用するしかない!」

という話でした。

「相場の歪みって何さ?」と、
訳が分からない人も居るでしょうが、

分かる人には、分かるんです。
(別の表現で言えば、”非効率性”ですね)

逆を言うと、

この”歪み”とか、
“非効率性”とか、

こういう言葉を聞いても、
頭の中が「???」となり、
ちんぷんかんぷんな方は、

明らかに勉強不足ですので、
たっくさん本を読んだ方が、
良いと思います…m(_ _)m

さて。

そんな偉そうなことを、
言っておりますが、

僕の株取引の調子は、
芳しくありません(泣)

週明け早々に、

小型株を全力買いしたけど、
あまり利益が伸びませんでした。

ひとまずこのまま、
全力買いを継続して、
様子見するしか無さそうやね…。

【本日の資産変動】
3/1:966万5129円
3/4:968万5530円(+2万0401円)

[有望株ニュース] 高IQ投資家が期待する有望株(3月5日版)

【KDDI(9433)】
予想PERが約10倍と、割安感が強い状況です。同社の業績は好調なようなので、中長期でみて値上がりが期待できるでしょう。

【信越化学工業(4063)】
1月29日に決算を発表。直近の業績は好調に着地したうえ、株価面でも割安感が強いです。まだまだ値上がりが期待できそうです。

【東京エレクトロン(8035)】
1月31日に決算を発表。第三四半期決算は大幅増益で着地しており、好調です。株価面でも、依然として割安感があります。中長期で値上がりが期待できるでしょう。

同社のような割安株は、これから株価が上がりやすいと期待できます。割安である今のうちに、注目してはいかがでしょうか。

[危険株ニュース]高IQ投資家が警戒する危険株(3月5日版)

【オリンパス(7733)】
2019年以降、株価が1.5倍以上に値上がりしており、短期間で急騰しました。一方、予想PERが60倍を越えるなど、割高感のある水準です。今後は反落する恐れがあるので注意しましょう。

【資生堂(4911)】
業績は好調なものの、予想PERが40倍を越えており、割高感がある水準です。中長期では、しばらく上値が重くなる可能性に注意しましょう。

【リクルートHD(6098)】
2月13日に発表した業績は好調ですが、予想PERが30倍を越えており、割高感のある水準です。株を買うにしても、今ではないと考えます。

同社のように、大きく値上がりした株は、これから反落のおそれがあります。無理に後追いするのではなく、様子見しておくと無難でしょう。

[株ニュース速報] 業績絶好調な商社株を見つけました(3月5日版)

3月4日には10社ほどが、
業績修正や決算を発表しました。

2月上旬にご紹介した、
「アルプス技研<4641>」
クラスの優良企業は、

なかなか出てきませんなぁ…(汗)

とはいえ、

注目に値する良さげな銘柄を、
1つ見つけたので報告します。

それがコチラ:

◯泉州電業<9824>

電線専門の商社。

3月4日に決算を発表。

第1四半期の決算は、
大幅増益で着地しており、

例年よりも早いペースで、
利益を積み上げています。

通期計画を上振れて、
業績が拡大する期待が持てる上、

株価面で見ても、
予想PERが10倍割れと、
割安水準です。

卸売業の予想PERの
単純平均は約12倍なので、
2割安くらいの水準です。

いまは市況も良いので、
高値づかみさえしなければ、
そこそこ利益を出せそうです。

好調な業績を背景とした、
中長期での値上がりに、
期待が膨らみますなぁ。

[相談コーナー] 積み立て投資のベストなタイミングとは?(3月5日版)

ここでは、YouTube生放送の、
リスナーさんから頂いた、
質問に回答します。

今回、頂いた質問がコチラ:

====================
投資信託は決まった日に買いますか?
====================

中原からの回答:

YouTubeの生放送では、
もはや口癖となりつつありますが、

「投資信託を買って放置するのが、
この世界で最も手堅い投資法だ!」

というのが僕の持論です。

なかでも、

投資の神様で、
長者番付の常連でもある、
ウォーレン・バフェット氏が推奨する、

「インデックス投資」

という方法を推奨しております。

そんな中、

「投資信託を買うなら、いつが良いの?」
と気になる方からご質問を頂きました。

この質問に対する僕の答えは、
「特に考えず、買えるときに買う」
と考えております。

というのも、

インデックス投資の大大大前提として、
「20年とか30年とかの長期で運用する」
のが大切だって考えておりまして。

僕自身、買い付けた投資信託は、
「死ぬまで手放さない」くらいの気持ちで、
かっちりホールドしているんです。

そんでもって、

「30年の間に、10倍くらいに、
お金を増やせたら良いなぁ…」

なんて考えているんで、

正直、1日や2日、1カ月や2カ月の、
ちょっとしたタイミングの違いなんて、
微々たる差だと思っているんです。

それに、

「細々としたタイミングに、
頭を使う時間があるんだったら、

どうせ考えても分からないのだから、

その時間で働きまくって、
積み立てる投資額を増やした方が、
よっぽど確実にお金を増やせる」

と考えております。

だから、

タイミングだとか、テクニックには、
気を遣っていません。

いちおう、

「月の中旬が良い!」とか、
「11月が良い!」とか、

いろんな説がありますが、

そんなに気にしないでも、
よろしいかと思いますよ。

[日本株見通し] 日本株続伸!この上昇はニセモノ?(3月5日版)

気になるこれからの
相場の先行きを予想します。

週末に米国株市場が、
大きく値上がりしました。

米中貿易交渉の進展が、
期待されているようです。

3月4日の日本株市場は、
大型株・小型株問わず、
まんべんなく値上がりしました。

2019年に入ってから2カ月間は、
日本株がむっちゃ強いですな。

ヘタに買ったり売ったり、
株取引をしている人ほど、
利益を取り逃してそうです。

かくいう僕自身、

買ったり売ったりして、
利益を取り逃がしました(泣)

(悔しいなぁ…)

かといって、

利益を取り逃がさないために、
全力買いを続けていると、

いきなり暴落をくらって、
大損することもあるんで、
突っ張るに突っ張れないという(汗)

さて。

いつも言っていることですが、

日本株市場には、
「上がった日の翌日は続伸しやすい」
「下がった日の翌日は続落しやすい」
なんて傾向がありますんで、

現時点で、

株を持っている人は、強気スタンスで、
「がっちり株を保有し続ける」
という姿勢が無難かと思います。

一方、

株を持っていない人は、
「いまから1歩遅れで株を買う」
という作戦でも、お小遣いを稼げそう。

特に、

3月や4月は、
1年の中でも特に、
株価が上がりやすい時期です。

今年も例年通りなら、
大きなチャンスでしょうな。

引き続き、お金を増やすべく、
がっちりホールドを続けます…。

– 中原良太