From: 中原良太
自宅の書斎より、、、

ここでは、YouTube生放送の、
リスナーさんから頂いた、
質問に回答します。

今回、頂いた質問がコチラ:

====================
YouTube生放送で、中原先生は
「値動きが激しいお祭り銘柄を買ってはいけない」
という話をしてくれましたね。

とはいえ、こういうお祭り銘柄を買えば、
「すばやくお金を稼げるのは?」と思い、
どうしても気になってしまいます。

なにかよい手立てはないものでしょうか?
====================

欲張りな投資家であれば、
一度は悩むことですね(笑)

いつもYouTube生放送では、
お話ししていることですが、

株式投資をするときには、
「目立つ株を買うと損をする!」
なんて傾向がございます。

俗にいうお祭り銘柄は、
割高だったり、赤字だったり、
投資する価値の無い地雷が多いです。

それもあり、生放送では
「お祭りの屋台って、基本ぼったくりでしょ?」
「お祭り銘柄は、それと同じだよ~」
なんて話もしましたね。

この現象は、複数の研究で確認されていて
「Neglected-Firm Effect」(有名な株ほど株価が上がらない)
「低ボラティリティ効果」(値動きが激しい株ほど株価が上がらない)
といった現象が確認されてます。

しかも、

僕個人が研究してみたところによると、
この現象は、短期で見ても、長期で見ても、
時間軸に関係なく傾向が確認できました。

なので、

「短期保有だろうが、長期保有だろうが、
値動きが激しく目立つ会社の株は、
買わないでいるのが正解」

というのが僕の行き着いた結論です。

特に、

「値上がり率ランキング」とか、
「値下がり率ランキング」とか、

ランキングに載った株を買うのは、
賢明とは言えないでしょうね。

だから、

僕は、お祭り銘柄には一切手を出しません。
僕は、楽しむためではなく、稼ぐために、
投資をしているからです。

とはいえ、

「どうしてもお祭りに参加したい!」
「稼げなくても良いから買いたい!」
という方は、

お祭り銘柄を買う前に、
「自分よりも後に、誰がこの株を、
高値で買ってくれるだろうか?」
を、最低限、考えておきましょう。

イメージがつかない場合は、
「自分がカモにされるだけ」ですから、
手を出しさい方が身のためだと思いますよ。

– 中原良太