From: 中原良太
自宅の書斎より、、、

昨日のYouTube生放送では、
花粉症が炸裂してしまいました。

お見苦しい姿をお見せし、
すみませんでした…m(_ _)m

生放送中にコメントで頂いた
「ナゾネックス」という点鼻薬を、
近いうちに買いに行きます。

花粉症で鼻がムズムズする生活から、
はやくオサラバしたいですなぁ(涙)

さて。

花粉症でお見苦しい姿を見せたうえ、
株価予想もことごとく裏目に出てます。

生放送でもお話ししたとおり、
2月26日に小型株を全力買いしました。

しかし、

2月26日の日本株は、
寄り付きの直後から下落し、
見事に損を被っております(泣)

花粉症にもやられ、
トレードでもやられ、

泣きっ面に蜂状態です…。

なんとか2月は、
無事にプラスで終えたいな…。

【本日の資産変動】
2/25:960万8098円
2/26:957万9601円(▲2万8497円)

[有望株ニュース] 高IQ投資家が楽しみな有望株(2月27日版)

【KDDI(9433)】
2016年以降、株価がくすぶっていますが、同社の株価は割安圏内なうえ、事業の収益性も高めの水準です。

【信越化学工業(4063)】
1月29日に発表した業績は好調。株価も割安圏内であるうえ、同社の収益性も高水準。今後の値上がりが期待できるでしょう。

【東京エレクトロン(8035)】
1月31日に発表した第三四半期決算は絶好調で着地。株価もまだまだ割安圏内であることから、中長期で値上がりが期待できるだろう。

同社のような割安株は、これから株価が上がりやすいと期待できます。割安である今のうちに、注目してはいかがでしょうか。

[危険株ニュース]高IQ投資家が注意している危険株(2月27日版)

【資生堂(4911)】
2月8日に発表した決算は好調ですが、予想PERが約40倍と高めの水準。割高感があるとも考えられるので、株価が伸び悩む可能性に注意しましょう。

【リクルートHD(6098)】
2月13日に発表した業績は好調なものの、予想PERは30倍越えと高めの水準。これから追いかけるのは遅いかもしれません。買うにしても、いったん下落したタイミングを狙いたいところです。

【日本電産(6594)】
1月17日に下方修正を発表するなど、業績の進捗は芳しくない様子です。下方修正を発表した企業は、しばらく株価が低迷しやすい傾向があるので、いったんは様子見しておくのが無難でしょう。

同社のように、大きく値上がりした株は、これから反落のおそれがあります。無理に後追いするのではなく、様子見しておくと無難でしょう。

[株ニュース速報] 業績が絶好調なIT支援会社、発掘しました…(2月27日版)

2月26日には、
決算発表や業績修正が、
2つの企業から発表されました。

通常、

発表が少ない日は、
「微妙だな…」と思う、
決算しかないものなんですが、

2月26日は珍しく、
「おぉっ!?」と目を引く、
良さげな決算が見つかりました。

そこで、今回も、
有望株を1つ紹介します。

有望株は、コチラです:

◯スリープログループ<2375>

IT支援サービスを展開する会社。

2月26日に発表した決算では、
第1四半期が大幅増益で着地し、
絶好調な進捗が確認できました。

日本企業の中でも、
同社の成長スピードは早いうえ、
株価もまだまだ適正価格圏内です。

今回の業績発表を受け、
株価上昇に弾みがつきそうですね。

高値づかみをしないように、
注意する必要があるのと、

株価は適正価格圏内なので、
「爆上げが期待できる」ような、
そんな会社ではありませんが、

注目度が高まるにつれて、
ジワジワと値上がりが期待できそうです。

株価と相談しながら、
買い時を模索すると、
良さそうですなぁ。

僕も、注目銘柄の中に、
同社を加えようかしら。

[相談コーナー] ダメだと分かっていても買いたい株があります…(2月27日版)

ここでは、YouTube生放送の、
リスナーさんから頂いた、
質問に回答します。

今回、頂いた質問がコチラ:

====================
YouTube生放送で、中原先生は
「値動きが激しいお祭り銘柄を買ってはいけない」
という話をしてくれましたね。

とはいえ、こういうお祭り銘柄を買えば、
「すばやくお金を稼げるのは?」と思い、
どうしても気になってしまいます。

なにかよい手立てはないものでしょうか?
====================

欲張りな投資家であれば、
一度は悩むことですね(笑)

いつもYouTube生放送では、
お話ししていることですが、

株式投資をするときには、
「目立つ株を買うと損をする!」
なんて傾向がございます。

俗にいうお祭り銘柄は、
割高だったり、赤字だったり、
投資する価値の無い地雷が多いです。

それもあり、生放送では
「お祭りの屋台って、基本ぼったくりでしょ?」
「お祭り銘柄は、それと同じだよ~」
なんて話もしましたね。

この現象は、複数の研究で確認されていて
「Neglected-Firm Effect」(有名な株ほど株価が上がらない)
「低ボラティリティ効果」(値動きが激しい株ほど株価が上がらない)
といった現象が確認されてます。

しかも、

僕個人が研究してみたところによると、
この現象は、短期で見ても、長期で見ても、
時間軸に関係なく傾向が確認できました。

なので、

「短期保有だろうが、長期保有だろうが、
値動きが激しく目立つ会社の株は、
買わないでいるのが正解」

というのが僕の行き着いた結論です。

特に、

「値上がり率ランキング」とか、
「値下がり率ランキング」とか、

ランキングに載った株を買うのは、
賢明とは言えないでしょうね。

だから、

僕は、お祭り銘柄には一切手を出しません。
僕は、楽しむためではなく、稼ぐために、
投資をしているからです。

とはいえ、

「どうしてもお祭りに参加したい!」
「稼げなくても良いから買いたい!」
という方は、

お祭り銘柄を買う前に、
「自分よりも後に、誰がこの株を、
高値で買ってくれるだろうか?」
を、最低限、考えておきましょう。

イメージがつかない場合は、
「自分がカモにされるだけ」ですから、
手を出しさい方が身のためだと思いますよ。

[日本株見通し] 日本株急反落、損切りせよ!(2月27日版)

気になるこれからの
相場の先行きを予想します。

為替が円安に進んだ点に加え、
米国株市場も上がっていたので、

「2月26日の日本株は、
無難に上がるだろうな」

なんて思っていた矢先、
なぜか全面安でしたね。
(なぜなんだろう…?)

予想が外れた僕は、
見事にダメージを喰らい、

全力買いした株が、
ことごとく値下がりしました。

いやはや。悔しいですなぁ。

日本株市場は、
「株価が下がると、翌日も下がりやすい」
という傾向がありますんで、

引き続き、
相場が下がる可能性に、
気をつけましょう。

よって、

現時点で株を持っていない人は、
「引き続き、株を買わずに静観する」
というのが無難かと思います。

市況が改善するのを待った方が、
お金を増やすうえでは有利かと。

一方、

現時点で株を持っている人は、
「ひとまず持ち株を損切りする」
のが、無難かなぁと思います。

僕自身、26日に小型株を、
全力買いしたばかりなのですが、

「ヤバそうになったらすぐ逃げる」

チキントレーダーなので、
すぐにでも退散する準備ができています。

とはいえ、

明確な売りシグナルが出ていないので、
「現状維持で保留する」くらいに留めます。

2月に入ってからは、
すでに十分利益も出ているんで、

もう一段下げるようなら身を退いて、
潮目が変わるまで、待とうと思います。

「待つも投資」という、
相場格言もありますので…。

– 中原良太