From: 中原良太
自宅の書斎より、、、

YouTube生放送を始めてから、

個人投資家の方々から、
嬉しいお声を数多く頂いています。
ありがとうございます。

恥ずかしながら、

「楽しく話せればそれで良い!」
なんて軽い気持ちで始めた生放送なのですが、

今となっては、

「病院から楽しく見ています」とか、
「勇気をもらえました」とか、

そんなお声もいただくようになりました。

自分のしていることの責任の重さと、
「役に立てているんだ!」という実感と、

いろいろな感情が混じりつつ、
皆さんの声を受け止めております。
いつもありがとう。

さて。

そんな「イイ話」はさておき。

またまた予想を外しましたな(汗)

YouTube生放送でもお伝えしたとおり、
僕は「週明けに株を売る!」なんて、
宣言をしておりました。

ですが、

週明け早々、日本株はグイグイ上がり、
お金を増やすチャンスを逃しました…。

またやっちまいました。

明日には、また株を買い直します。

そして、

なんとか今日取れなかった利益を、
明日以降で取り返したいところですな…!

あと1週間で2月も終わり。
ウカウカしてる場合じゃなさそうです。

【本日の資産変動】
2/22:956万0141円
2/25:960万8098円(+4万7957円)

[有望株ニュース] 高IQ投資家が楽しみな有望株(2月25日版)

【買い】ネクソン:今がお買い得!? 業績は好調で…

2月12日に発表した決算によれば、前期業績は大幅増益で着地しました。同社の収益性は高く、株価にも割安感があると考えられます。超長期での株価上昇を期待します。

同社のような割安株は、これから株価が上がりやすいと期待できます。割安である今のうちに、注目してはいかがでしょうか。

[危険株ニュース]高IQ投資家が注意している危険株(2月26日版)

【売り】オリンパス:今は割高!? 過熱感も

2月8日に発表した決算は減益で着地しており、苦戦している様子です。予想PERなどの指標も過熱感のある水準です。中長期で株価が上がりにくい恐れがあるので、注意しましょう。

同社のような株は、これから反落のおそれがあります。無理に後追いするのではなく、様子見しておくと無難でしょう。

[株ニュース速報] パイロット問題のJALの株はお買い得か?(2月26日版)

先週に引き続いて、

2月25日の発表の中には、
1つも気になる決算が、
ありませんでした。

そこで今回も、

過去に決算発表があった銘柄で、
やむなく「お蔵入り」していた、
業績好調銘柄をご紹介します!

それがコチラ:

◯日本航空<9201>

航空会社。

パイロットの飲酒問題など、
何かと話題の会社ですが、

決算書だけを見る限りでは、
かなーり優秀な会社です。

1月31日には今期業績の、
上方修正も発表しており、

数ある大企業の中でも、
魅力的な決算を出してます。

足元の業績良し、
ビジネスの収益性良し、
株価の割安性良し、

と、三拍子揃っています。

倫理的な問題はさておき、
決算書という「成績表」は、
バッチグーみたいですな。

今後、株価がグイッと上がって、
1.5倍くらいまでいくんじゃないかしら。

買うか買わないかは好みですが、
決算書の上では「買い!」と、
推奨できると思います…。

[相談コーナー] 日本株全面高で、買いシグナル発生!(2月26日版)

ここでは、YouTube生放送の、
リスナーさんから頂いた、
質問に回答します。

今回、頂いた質問がコチラ:

====================
以前、中原さんが推奨していた投資信託(ETF)の、
「VOO(バンガードS&P500 ETF)」ですが、
他にも「VOOG(成長株)」と「VOOV(割安株)」など、
別の種類があるようです。中原さんの考えるベストは、
どれでしょうか?
====================

以前、YouTubeの生放送では、
「僕はNISA口座でVOOを買っている!」
なんて話をしましたね。

VOOとは、米国株取引所で買うことのできる、
アメリカ株に特化した投資信託です。

投資の神様で、世界的な億万長者、
ウォーレン・バフェット氏が推奨する、
世界トップクラスに人気な投資信託でもあります。

それで、

今回いただいた質問は、
「他にも似たようなものがあるけど、どれが良いの?」
というご質問みたいですね。

これは、人によってベストな選択は違うと思います。

一般に、

「上昇相場ではグロース株が強い!」
「下落相場ではバリュー株が強い!」

なんて傾向がありますんで、

自分の相場観に自信がある方は、
どちらかに張っても良いかもしれません。

とはいえ、

「最強のポートフォリオは、
全世界への分散投資である!」

なんて理論(CAPM理論)もありますんで、

もっと手堅く利益を狙いたい方は、
「VT(世界株式への分散タイプの投信)」
なんかも、選択肢になってくると思います。

話をまとめると、

・VOO:アメリカ企業特化型(バフェット推奨)
・VOOG:アメリカ企業特化型(上昇相場に強そう)
・VOOV:アメリカ企業特化型(下落相場に強そう)
・VT:世界へ分散(もっとも手堅そう)

といった感じでしょうか。

個人的には、
「投信は買って放置したい」
というスタンスであるのと、

ひんぱんに乗り換えると、
税金コストも高く付いてしまうので、

VOOとか、VTが無難かと思います。

他は、好み次第でしょうな。

[日本株見通し] 日本株全面高で、買いシグナル発生!(2月26日版)

ここでは、気になるこれからの
相場の先行きを予想します。

先週末に米国株が上がったこともあり、
2月25日の日本株市場は、強い1日でした。

大型株から新興株まで、
幅広く値を上げてくれたので、

株を保有している方であれば、
「儲かっちゃったぜ!」と、
嬉しい1日だったのでは?

(かくいう僕は、週明け早々に株を売り、
恩恵をあまり受けられなかったのですが涙)

25日の相場上昇は、個人的には、
強力な買いシグナルだと感じてまして。

というのも、

日本株市場は、
「上がった日の翌日も上がりやすい!」
という傾向があるうえ、

「給料日後(25日以降)に株価が上がりやすい!」
という、カレンダー的な傾向もあるからです。

よって、

現時点で株を持っている人は、
「ガッチリホールド」を続けることで、
まだまだ含み益を伸ばせそうですな。

一方、

現時点で株を持っていない人は、
今からでも、飛び乗ってみても、
遅くはないかと思っております。

かくいう僕自身、

月曜日に一通りの株を売りましたが、
26日の朝一番に、改めて買い付ける予定です。

このままグイグイっと、
相場に上がってもらって、
グングンお金を増やしたいですなぁ。

– 中原良太