From: 中原良太
自宅の書斎より、、、

サンバイオショックを皮切りに、
YouTube生放送なのでは何かと、

「サンバイオの株はお買い得ですか?」
なんて話を頂きます。

僕はチキン投資家なので、
正直な話をすると、

「赤字業績で足元がしっかりしていない、
会社の株を買う気にはなれない」

と考えておりまして。

それもあり、

「黒字化して、予想PERが適正水準でない会社は、
株価がいくら下がろうが買うことはありません」

と回答しております。

とはいえ、

僕だって投資家なので、
「儲かりそうな会社」の株を、
買いたい気持ちは皆と同じでして。

「赤字の会社を買う気はないけれど、
業績を出している会社ならガツガツ買う」
という姿勢は持ち合わせております。

僕の記事を好んで読むひとは、
僕のチキンっぷりをご存知でしょうし、

「私もサンバイオは怖くて買えないなぁ…」
という人が多いかと思います。

そこで今回は、
「バイオ関連株」の中でも、

かろうじて僕が買っても良いと思える、
足元がしっかりした会社を1つ紹介します。

それがコチラ:

◯アステラス製薬<4503>

医薬品の国内2位。

正直、僕が買っても良いと思えるのは、
同社の株だけしか見当たりませんでして。

予想PERなどの割安指標を見る限り、
バイオ関連株って、どうしても、
割高水準になっちゃうんですよ。

それだけ期待されているってことなので、
会社としては本望かと思うんですが、

とはいえ、僕は、
「実績として稼いでいる会社」
以外の株を買うのは嫌なんで、

強いて選ぶのであれば、
アステラス製薬かなぁと。

同社の予想PERは約16倍と、
「割安だ!」と言えるほどでなく、
あくまで適正株価の範囲内ですが、

それでも、他社と比べれば、
だいぶ割安なんじゃないかと思います。

それに、

日本の平均的な企業と比べれば、
2倍くらいのペースで成長しているし、
収益性も高いので良好かと。

創薬ベンチャーのように、
「あわよくば10倍」
「失敗すれば10分の1に」
といった、

ジェットコースター感覚ではないですが、
それでもバイオに手を出したいというなら、
同社株が一番、手堅いと思うんですよね…。

– 中原良太