From: 中原良太
自宅の書斎より、、、

2月8日には、500件以上の会社が、
業績修正や決算を発表しました。

余談ではありますが、

とある個人投資家の方が、
10年位前に書いた記事で、

「週末に発表される決算には、
ネガティブなサプライズが多い!」

なんて統計を取った話を、
してくれたことがありまして。

それもあり、

僕個人は、週末に発表される、
決算は全体的に警戒をしております。

今もこの傾向が、
続いているかは分かりませんが、
警戒しておくに越したことはないかと。

とはいえ、

これだけ、たくさんの発表があると、
良いものも混じっているものです。

2月7日の「ブラザー工業」ほど、
ピカリと光るものは見つかりませんでしたが、

それでも良さげなものがありましたので、
本日も1銘柄を紹介して参ります。
それがコチラです:

◯大阪ソーダ<4046>

苛性ソーダの中堅企業。
世界トップのニッチ製品も持つ。

2月8日に発表した決算では、
第三四半期累計は大幅増益で着地。

通期計画に対する業績の進捗も、
絶好調な様子でございます。

同社の成長性は、
平均的な日本企業とくらべても、
やや早めなペースであるのに加え、

予想PERなどに目を配っても、
日本株式の中でも株価は割安です。

化学業におけるPERの業種平均は、
「14倍」ほどみたいなので、

仮にこの水準まで株価が上がれば、
50%高くらいも期待できるかと。

短期保有でも、現株価の2466円から、
1割高の2700円くらいは目指せそうです。

2月8日の時点で、
日本株市場の空気が微妙なので、

「いますぐ買う!」というのは、
いささか微妙なところですが、

市況が改善したタイミングで、
同社株を買っても良さそうですな。

もともと筆者は化学畑の出身なので、
こういうメーカーが活躍しているのを見ると、
嬉しい気分になりますなぁ。

同社の成長を見守りたいと思います!

– 中原良太