From: 中原良太
自宅の書斎より、、、

気になるこれからの、
相場展開を予想していきます。

2月1日の日本株は、
全体的に急失速して、

「横ばい」という言葉に、
相応しい1日でした。

週末に株を全力買いして、
しこたま小型株を仕込んだ僕としては、

「ガンガン上がってくれ!(願)」

と期待しているところですが、

目先の展望はややのぞみ薄です。

「下落しそう」というよりは、
「上昇しにくそう」という感じ。

日本株市場は、

「週初めに下がりやすい」
「月初めに下がりやすい」

なんて傾向がございまして。

暦的には向かい風の状況なんです。

しかし一方で、

「相場が上がると続伸しやすい」
「相場が下がると続落しやすい」
というモメンタムもありまして。

いまは、

「暦的には下がりやすい時期」
「市況的には上がりやすい時期」
という、どっちつかずな状況なんですな。

だから、

現時点で株を持っている人は、
「今スグ株を売らなきゃいけない!」
というほど悲観的な状態でもないし、

現時点で株を持っていない人は、
「今スグ株を買わないとチャンスを逃す!」
という状態でもないんですな。

週明け早々に動いても、
大して利益も期待できないので、
慌てて動く必要もないかと。

「待つも相場」なんて、
格言もありますので、

週明けの株式市場では、
おとなしくしておいて、
良いんじゃないかしら。

僕個人としても、

先週末に買った株を、
持ち続ける予定でして、

売買をする予定はありません。

売買が増えるほど、
取引手数料がかかって、
損をしてしまいますんで、

チャンスが無いときには、
静かにしておくのが一番ですよ。

– 中原良太