From: 中原良太
自宅の書斎より、、、

最悪なタイミングで、
損切りをしてしまいました。

日本株は、
「寄り付きは高い」
「大引けは安い」
という傾向があるのですよ。

それもあって、

1月29日の寄り付きに、
「なるだけ被害が少なくなる」ように、
朝一番に株を損切りした訳なのですが、

日中にかけて全体的に反発。

今回は、ことごとく、
傾向から逆行しておりまして、
やられてしまいました(泣)

敗因としては、
「NYダウが下落した」
のが大きな理由でして。

というのも、
「NYダウが下がる」と、

翌日の日本株も、
安く寄り付きやすいんですな。

とはいえ、

NYダウが下がって安寄りしそうな時に、
「損が膨らみそうで嫌だ!」と考えて、
手仕舞い(損切り)を遅らせると、

むしろ
「損が膨らんで危ない」
というデータもあるんで、

今回の損切りは、
痛かったけれども、
最善だったと思うなぁ。

1月28日のYouTube生放送でも、
「29日に株を買うな!」
なんて話をしましたけど、

また外してしまいました。

とはいえ、

日頃はハイリスクな小型株を、
全力で買い付けているんで、

「少しでも怖い気配があったら、
すぐに損切りして現金化する」

という姿勢で臨んでいきます。

いつになったら、
この損失を取り返せるだろうか…(汗)

【本日の資産変動】
1/28:926万7042円
1/29:920万9577円(▲5万7465円)

[割安株速報] 高IQ投資家が楽しみな割安株(1月30日版)

【ミネベアミツミ(6479)】
去年から相場が下落していますが、「下落相場では割安株ほど底堅い値動きをする」なんて傾向があります。同社株は予想PERが約10倍と、他社と比べて割安感はたっぷりです。急落しにくいと期待できるでしょう。

【日立建機(6305)】
10月末に上方修正を発表するなど、業績は好調です。また、予想PERは割安感たっぷりな約11倍です。これからしばらく底堅い可能性が期待できます。

【アドバンテスト(6857)】
10月末に大幅な上方修正を発表しており、業績は好調な様子です。去年の9月以降、株価下落が目立ちますが、おかげさまで割安感が増してきたと期待できます。

同社のような割安株は、これから株価が上がりやすいと期待できます。割安である今のうちに、注目してはいかがでしょうか。

[割高株注意報]高IQ投資家が恐れる割高株(1月30日版)

【アピックヤマダ(3469)】
1月以降、株価の急騰が止まりません。大きく値上がりしただけに、反動売りが始まってからは、下落が続く可能性があります。注意しましょう。

【ぷらっとホーム(6836)】
1月以降、株価は80%以上も値上がりしました。これまでの値上がりペースが早いので、そろそろ反落する可能性に注意しておきましょう。

【クボテック(7709)】
1月に入ってから株価が倍以上に膨らみました。短期間で大きく値上がりしているので、これから突然急落する可能性があります。気をつけましょう。

同社のように、大きく値上がりした株は、これから反落のおそれがあります。無理に後追いするのではなく、様子見しておくと無難でしょう。

[株ニュース速報] 高IQ投資家が気になる決算速報を解説(1月30日版)

今の時期は決算発表が、
むっちゃ多いですね。

一通り見てみましたが、
業績修正も含めると、

「70」くらいの、
発表がありました。

これだけ決算発表が多いと、
「キラリ」と光る銘柄も、
いくつかあるもんです。

今回も、29日に発表された、
業績発表の中でも、

特に良い内容だった
「半導体関連株」を、
ご紹介しましょう。

◯信越化学工業<4063>

半導体シリコンウエハで世界トップ。

29日に発表した決算短信によると、
19年3月期の第三四半期の決算は、
大幅増益で着地しました。

通期計画に対する進捗も、
例年と比べると早いペースで、

「思ったより儲かってます!」
という状態みたいですな。

同社の予想ROAは約9%で、
平均的な会社の2〜3倍のペース。

成長性が高いという点に加えて、
予想PERが約13倍と低い水準で、
株価面でも割安感があります。

1月以降、何度か、
株価予想でも買い予想してましたが、

あの時から買っていた人は、
そろそろ値上がりが期待できそうですな。

とはいえ、

まだまだ株価は割安水準なんで、
無理して利益確定しなくとも、
まだまだ値上がりを期待して良さそうです。

こうやって、
好調な決算を発表して

控えめに見積もって、
「株価1万円超え」くらいは、
目指してもらいたいところです。

これからの同社株の、
値上がりが楽しみですなぁ。

[注目株分析] 高IQ投資家がイチオシ割安株を公開(1月30日版)

今週に入ってから、
株式市場は横ばいです。

僕ら投資家としては、
「相場が上がらないことには、
お金が増やせないで困る!」
という所でして。

ここ最近のように、
相場が上がらない時期は、
非常にもどかしい気持ちになりますな。

とはいえ、

こういう静かな相場は、
やることも少ないですから、

「良さげな株を探す」のには、
とっても都合が良いです。

これは個人的な見解ですが、
「2019年は相場が下落するのでは?」
なんて考えておりまして。

仮にそうなるとしたら、

下落相場で株価が下がりにくい、
「割安な会社の株を買う」
ことが重要になってきます。

それと、

仮に予想がハズれて上昇相場が来ても、
「上昇相場で株価が上がりやすい好業績株を買う」
ってのが重要でもあるんですな。

要するに、
「割安で好業績な会社の株を買う!」
ってのがベストな訳でございます。

そこで今回は、
個人的に注目している、
好業績株を1つご紹介しましょう。

◯アドバンテスト<6857>

半導体検査装置で世界トップクラス。

10月末の決算短信で、
今期業績を大幅上方修正しました。

業績が絶好調で、
予想ROAの成長スピードは、
一般企業の3〜4倍のペースです。

しかも、

株価も割安感が強くて、
予想PERは10倍割れで、
お得感があります。

ヤフーでも買い予想を、
何度か出してきましたが、

中長期で値上がりが期待できる、
有望企業だと考えております。

あわよくば、

株価が1.5倍くらい、
上昇してくれるんじゃないかと、
勝手に期待しております(笑)

こっからの動きにも、
引き続き注目ですなぁ。

[日本株見通し] 高IQ投資家が全力で今後を予想(1月30日版)

気になるこれからの、
相場の動きを予想します。

1月29日の日本株は、
「安寄り→反発」
という1日でしたな。

市場別の動きを見ると、

TOPIXがわずかに上昇(+0.10%)
JASDAQがわずかに下落(▲0.05%)

という動きでございました。

いつもYouTubeでは、
話していることですが、

日本株市場は、
「上がった後はもっと上がる」
「下がった後はもっと下がる」
という傾向がありまして。

この様子を見る限り、

「大型株は続伸しそう」
「小型株は続落しそう」

という見立てで考えております。

特に、日本株式市場の未来は、
「JASDAQを見るのが最も有効!」
というのが持論でございまして。

JASDAQが弱い今のところは、
しばらく株を買わないでいるのが、
正解である気がしております。

特に、

僕のように、
小型株を中心に、
株を買っている人は、

相場が下がり始めたときには、
すぐに逃げないと大怪我するんで、

臆病すぎる位の見立てでよいかと。

よって、

現時点で株を持っている人は、
「損切りを検討しても良さそう」
というのが僕の見解でございます。

長期保有が目的ではなく、
短期保有のものだったら、
ひととおり手仕舞って良いかと。

一方、

現時点で株を持っていない人は、
「まだ現金のまま待機しておく」
というのがベストかと思います。

相場上昇に乗りそこねると、
「利益を取り逃した!」
なんて損をした気分になりますが、

相場上昇が始まってから、
後から乗っても遅くないんで、

とりあえず、

相場の活気が戻るのを、
待つのが良いんじゃないかな。

僕自身、

30日に株を買う予定はありません。
もう一段くらい上がってくれたら、
買おうかと悩み中です…。

– 中原良太