From: 中原良太
喫茶店で企画書を書きながら、、、

なんてこった。
また想定外の出来事だ。

さいきん、

ぼくは平日21時から、
Youtubeで「株式投資」に関する、
生放送を配信しています。

Youtubeの生放送に、
来てくれる人が多すぎる。

去年の3月頃なんて、
2人とか3人とかしか、
人が居なかったんですよ。

大盛況だったときも、
50人くらいしか来なかったのに、

最近は、少なくても、
200人が集まってくれる。

多いときは、
「300人」も来てくれます。

300人って…。

もはや、規模が大き過ぎて、
「誰が誰だか分からない」レベルに、
達してきてしまいました。

人類学者である、
ロビン・ダンパー氏によれば、

「友達の数は150人が限界」
らしいんですよ。

300人という数字は、
余裕で限界値を超えています。

だから、

普段から来てくれている、
常連さんはギリギリ覚えられるけど、

2度、3度見かけたくらい人は、
もはや覚えられていません。
(申し訳ない…)

できる限り覚えようとはしているのですが、
人類学的に許容量を超えています。。。

それに、

ここまで人数が増えると、
全員のチャットコメントを拾うのも、
物理的に不可能になってきます。

多いときは、1日で300件以上、
チャットを頂きます。

日に日に参加者が増えているので、
ぜんぶのコメントを捌ききれず、

「返事ができなくて申し訳ないなぁ」
と思いながら配信をしています。

自分では、すべてのコメントに、
目を通しているつもりなんですけど、

配信後に見返してみると、
「あっ。読み飛ばしてた!!」
って気づくことが多いんですよ。

わざとじゃないんです。
コメントが多過ぎるので、
許容量を超えているんです…。

ほんとすんません…。

◆  ◆  ◆

そうそう。

生放送中でも言っているのですが、
「この銘柄、どうですか?」と、
質問してくれるひとが沢山います。

この手の質問は、
返事をするのに3分かかるので、
すべてを拾うのは不可能です。

なので、

申し訳ないのですが、
「拾われたらラッキー」
くらいで考えておいてくれると嬉しいです。

参加してくれる人が多いほうが、
盛り上がることは間違いないんで、

「あなたにも来てほしい!」
「たくさんコメントしてほしい!」
と思っています。

僕が拾いきれば良いだけなんですが…
いかんせん許容量オーバーなもんで…。
いやはや申し訳ないです。。。

仮に、

「銘柄を調べてほしい!」
とかある場合は、

おそらくですが、

毎回ぼくに質問しても、
返事できるかが怪しいので、

「自分で調べられるようになる」
ってのがベストだと思います。

それと、

これは個人的な見解ですが、
「良い会社の株を買う」よりも、
「良いタイミングで買う」方が、
利益に直結します。

「ピカピカな会社を買う」 より、
「並な会社を良き頃合いに買う」ほうが、
儲かりやすいと思うんで、

これからは、

タイミングの話を増やして、
銘柄の話は拾える範囲に抑えますね…。

興味のない銘柄の話を、
くどくど聞かされるよりかは、

タイミングの話を聞ける方が、
リスナーのあなたにとっても、
きっと有益でしょう?

– 中原良太