From: 中原良太
自宅の書斎より、、、

平日21時から生放送している、
Youtube配信ですが、

もうすぐ生放送でのリスナー数が、
300名の大台を突破しそう。

生放送を始めたのは、
ちょうど1年くらい前。

あの頃は10名集まれば、
「大成功だね!!!」
「盛り上がったね!!!」
なんて話をしていましたが、

おかげさまで、
こんなに規模が、
大きくなりました。

近頃は、

僕の損益報告やら、
これからの注目銘柄やら、
今後の相場予想を聞きに、

たくさんの個人投資家の方が、
話を聞きにきてくれています。

ありがたいことです…。

Youtubeのチャンネル登録者数も、
着実に増えてきておりまして。

今では、6400名を突破しました。

こうして頑張れるのも、
いつも応援してくれる、
リスナー様のおかげです。

いつもありがとうございますm(_ _)m

「個人投資家が楽しめる場末のバー」
みたいな場所づくりを目指しております。

1度も来たことが無い方は、
ぜひ、1度お越しくださいな。

さて。

1月22日は日本株が、
全体的に下落した1日でした。

全力で株を買っていた僕は、
そこそこ痛い目に遭ってます(泣)

ちょっと上手くいったと思っても、

1週間とか2週間とか経つと、
すーぐ利益が吹き飛ばされるんだよね。

「稼いだ利益が絶対になくならない投資法」
とかあったら、欲しいですなぁ。

そこまで相場が弱い訳ではないので、
今のところは保有を継続してますが、
危険な気配になったら、手仕舞おうかしら。

これからの対応が悩みどころですなぁ…。

【本日の資産変動】
1/21:930万2072円
1/22:923万1472円(▲7万600円)

[割安株速報] 高IQ投資家が楽しみな割安株(1月23日版)

【KDDI(9433)】
11月1日に業績を発表。上期は増収増益で着地しており、進捗は良い様子です。2016年以降は株価が停滞していますが、割安感があるので、これから値上がりが期待できるでしょう。

【信越化学工業(4063)】
2018年は25%も株価が下落しており、割安感が高まってきました。業績は好調なので、これから見直し買いが入ると期待できるでしょう。

【大和ハウス工業(1925)】
11月8日に上方修正を発表するなど、業績は好調なようです。2018年は株価下落が目立ちましたが、割安感が出てきているので、これからの値上がりは期待できるでしょう。

同社のような割安株は、これから株価が上がりやすいと期待できます。割安である今のうちに、注目してはいかがでしょうか。

[割高株注意報]高IQ投資家が恐れる割高株(1月23日版)

【エコモット(3987)】
ここ半月で、株価は70%以上も値上がりしています。これまでの値上がりが激しいので、短期的には売り圧力が強まる可能性に注意しましょう。

【クボテック(7709)】
1月に入ってから、株価は90%以上も値上がりしています。短期間で株価が急騰しているので、そろそろ割高感が出てきそうです。

【リファインバース(6531)】
1月に入ってから株価が2倍以上に膨らむ局面も見られましたが、今週に入ってから株価が急失速しています。これまでの値上がりが激しかっただけに、続落となる可能性に注意しましょう。

同社のように、大きく値上がりした株は、これから反落のおそれがあります。無理に後追いするのではなく、様子見しておくと無難でしょう。

[株ニュース速報] 高IQ投資家が気になる決算速報を解説(1月23日版)

先週までは

「減益!」とか、
「下方修正!」とか、

悪い決算ばかりでしたが、

今週に入ってからは、
嬉しい決算報告が多いですな。

株価が割安な会社でも、
絶好調な決算を発表している会社が、
ちらほら見受けられるんで、

これから先、

株価がヒュンと上がってくる、
良い銘柄も現れるでしょうなぁ。

ということで、今回は、

1月22日発表された、
決算発表の中から、

僕が注目しているものを、
2つほどピックアップしました。

◯東京製鐵<5423>

電炉の大手。

19年3月期の第三四半期累計は、
増収増益で絶好調の着地。

しかも、

通期の利益を上方修正していて、
業績は思った以上に伸びているようです。

同社株はもともと割安だった上、
平均的な会社と比べて成長性も高いので、

これからグイグイ株価が、
上がっていく可能性が期待できそうですな。

現在の株価は920円ですが、

1.5倍の1500円くらいまでは、
上がっても良いんじゃないかな。

これから半年間くらいの、
動きに期待ですな。

◯スーパーツール<5990>

工具の大手。

2018年3月期までは、
業績が低迷していましたが、

2019年3月期以降は、
V字回復する見通しです。

2019年3月期の業績の、
進捗も好調みたいですし、

収益性はほどほどですが、
株価は割安感があります。

同社株の株価は2261円ですが、
これも2500円〜3000円くらいは、
目指しても良いんじゃないかな。

これから半年間くらいの、
動きに期待ですな。

1月22日も良い決算が、
とても多かったですな。

こんな調子で、
日本企業の業績がアップして、
景気もグイグイ上がってくれると、
良いですなぁ。

そして、

景気の上昇に乗って、
お金がグイグイ増えたら、
嬉しいんだけどなぁ…(遠い目)

[注目株分析] 高IQ投資家がタバコ株を分析(1月23日版)

むかーしむかし、
僕はタバコを吸っていました。

今となっては、
タバコを吸っていたことに、
後悔しかありませんが、

当時は、

「タバコを売ってる会社の
株を買いたい!!!」
と思うほど、

スパスパと煙草を吸ってました。

タバコ産業に注目している人は、
個人投資家の方でも多いようでして。

Youtubeで生放送をしていると、
「タバコを売っているあの会社は、
株を買うと儲かりそうでしょうか?」
なんてご相談をよく受けます。

そこで今回は、

「あのタバコ会社」の株は、
果たしてお買い得なのか?

僕なりの見解をお伝えします。

◯JT<2914>

たばこが中核。

同社の収益性は、
平均的な日本企業と比べると、
なかなか高めの水準でして。

予想ROAは7%近くあるので、
中長期で成長が期待できそうです。

また、

予想PERも15倍を割れていて、
株価も割安な水準です。

正直、

僕はタバコが嫌いだし、
「売るなんてとんでもない!」
とさえ考えておりますが、

それでも、

同社の収益性やら、
割安性については、
Goodかなぁと感じてます。

ただし、

1点だけ注意がございまして。

同社は8月と10月に、
2回に分けて下方修正を発表しました。

下方修正を発表している企業は、
「半年ほど株価が低迷しやすい」
なんて論文もあるようなんで、

2019年の上半期はしばらく、
株価が上がりにくいかと思います。

長期で見て、

5年とか10年とか、
長いスパンで投資する予定なら、
良いかもしれませんが、

短期で利益を出したい方には、
向かないだろうと思いますなぁ。

[日本株見通し] 高IQ投資家が全力で今後を予想(1月23日版)

気になるこれからの、
相場の展望ですが、

1月22日には、
日本株全体が下がりました。

日本株は全体的に、
「一度値下がりを始めると、
しばらく停滞しやすい!」
なんて傾向があるので、

「大きな相場上昇は期待できないなぁ」
というのが正直なところです。

僕自身、お金が減ったので、
株を売ろうか悩んでました。

結論から言うと、
「株はまだ売らない」
と決めたのですが、

これには理由があって。

というのも、
「週の後半は株価が上がりやすい!」
「月の後半は株価が上がりやすい!」
という傾向があるんですな。

だから、

株を売るにしても、

来週明けくらいまでか、
来月初めくらいまでは、

待ってみると良いかと。

現時点で株を持っている人は、

「JASDAQ」「マザーズ」の新興株と、
1月に動きが弱い「大型株」あたりは、

そろそろ売っても、
良いと思うのですが、

あまりに弱くならない限りは、
まだ様子見で良いと思います。

一方、

現時点で株を持っていない人は、

今は値上がりの期待が薄いんで、
べつに無理して飛びつかないでも、
良いんじゃないかと思います。

いやぁ。

相場が下がっちゃったなぁ。

週の後半にかけて、
復活すると良いんですが。

手仕舞いのタイミングには、
注意しておかないと、

痛い目に遭いそうで、
なんだか怖いですなぁ。

– 中原良太