From: 中原良太
自宅の書斎より、、、

稀勢の里関が、
引退してしまいました。

現役の横綱の中でも、
唯一の日本出身の力士だったので、

別に僕はモンゴルが嫌いとか、
そういう差別意識は全く無いんですが、

それでも、日本出身と聞くと、
「頑張れっ!」と応援したくなる、
そんな力士でした。

僕は「相撲大好き!」というほどの、
相撲ファンではないのですが、

稀勢の里の引退は、
かなり衝撃的でした。

引退してしまうとなると、
寂しくなりますね…。

さて。

1月16日の株式市場は、
東証一部市場を中心に、
弱気な値動きが目立ちました。

一方、

JASDAQやマザーズなどの、
新興市場は相変わらず強いですね。

僕自身はどうだったかというと、
東証一部の下落に引きずられて、
そこそこお金が目減りしていまいました。

昨日得られた利益のうち、
半分が無くなっちゃいました。
(せっかく利益を出したのに…汗)

とはいえ、

JASDAQやマザーズを見る限り、
個人投資家はまだまだ元気そうなので、
日本株の活気が無くなった感は無いと思います。

昨日のYoutube生放送でも、
お話ししたとおり、

「まだまだ含み損は減らせる!」
と考えておりますので、
明日の動きに期待です。

【本日の資産変動】
1/16:924万9466円
1/17:916万4072円(▲8万5394円)

[割安株速報] 高IQ投資家が楽しみな割安株(1月17日版)

【ミネベアミツミ(6479)】
2018年に30%も値下がりしており、これまでの株価下落によって割安感が出てきたと期待できます。

【島津製作所(7701)】
割安感は強くありませんが、収益性が高いため、業績拡大期待から株価が上がる可能性が期待できそうです。

【大塚商会(4768)】
去年の10月以降に株価下落したことで、お手頃な価格帯まで株価が下がってきました。割安水準とまではいきませんが、成長性が高いので株価が上がりやすいと期待します。

同社のような割安株は、これから株価が上がりやすいと期待できます。割安である今のうちに、注目してはいかがでしょうか。

[割高株注意報]高IQ投資家が恐れる割高株(1月17日版)

【ブライトパス・バイオ(4594)】
1月に入ってから、株価は80%近くも値上がりしています。これまでの値上がりペースが早いので、これからの反動安の可能性に気を付けましょう。

【ショクブン(9969)】
1月以降、株価は2倍になるほど上昇しました。短期間で大きく値上がりしているので、これから反動安となる可能性に注意しましょう。

【オンコリス(4588)】
ここ3カ月で株価は3倍近くにまで値上がりしました。大きく値上がりした分、いちど下がり始めると大きく下がる可能性があります。

同社のように、大きく値上がりした株は、これから反落のおそれがあります。無理に後追いするのではなく、様子見しておくと無難でしょう。

[株ニュース速報] 高IQ投資家が気になる決算速報を解説(1月17日版)

1月16日に発表された決算は、
3つほどしかありませんでした。

昨日に引き続いて、
「これだ!」というものは、
ほぼありませんでしたな。

大きくお金を増やせそうな、
チャンスはなさそうです。

とはいえ、

良さげな決算を発表した、
成長企業が1つありましたので、

今日は、この銘柄をご紹介します。

◯ブロンコビリー<3091>

炭焼きステーキなどを展開するレストラン。

18年12月期は計画に及ばず。
計画よりも10%ほど低い最終益で着地しました。

とはいえ、19年12月期は増収増益の見通し。

18年12月期が計画やや下の着地だったので、
2019年12月期の計画を額面通りとるのは、
いささか微妙かと思いますが、

それにしても成長ペースは、
他の日本企業と比べると早いです。

株価面では割安感がある水準ではないので、
「今スグ買いましょう!」と言える状況ではありませんが、

3割ほど安くなることがあれば、
喜んで買いたいところですな。

毎日のように決算発表を見ていると、
「こんな良い会社があったのか!」と、
予期せぬチャンスに巡り会えることがあります。

チャンスが少ないこともありますが、
引き続き、欠かさずにチェックして参りましょう。

[注目株分析] 高IQ投資家が注目の10万円株を公開(1月17日版)

今日は、ついこないだまで、
僕が持っていた株を公開します。

個人的にもオススメな優待株です。
それが、コチラ

◯日進工具<6157>

切削工具を作っている会社。

予想ROAは10%超と、

日本企業の中でも、
かなりハイペースで成長中。

予想PERは約14倍と割安水準で、
中長期目的で保有したいところ。

同社の株主優待では、
使い勝手の良いクオカードを貰えます。

ついこないだまで、
僕も保有をしていたのですが、
別の良さげな銘柄を見つけたので、
そちらへ浮気してしまいましたw

とはいえ、

良さげな株なことには、
代わりありませんので、
動向に注目しています。

ひとまず、

優待の権利確定のある、
3月くらいまでにかけて、
値上がりが期待できそうなんで、

中期視点で持ってみても、
良いんじゃないでしょうか。

[日本株見通し] 高IQ投資家が全力で今後を予想(1月17日版)

15日夜に米国株市場が、
上がったのにかかわらず、

16日の日本株は軟調でした。

理由は諸説ありますが、個人的には、
「円高が重しになっているのでは?」
と考えています。

前年末から為替は円高ですから、
輸出関連株をメインとする日経平均は、
上がりにくい地合いでしょうな。

TOPIXと日経平均の大型株を中心に、
値上がりが止まりました。

もともと1月の株式市場は、
「大型株よりも小型株が上がりやすい!」
という傾向があるので、

引き続き、大型株が下がる可能性には、
注意しておくのが無難かと思います。

一方、

JASDAQなどの小型株については、
それほど心配しておりませんでして。

1月16日も、JASDAQとマザーズは、
底堅い値動きをしていました。

大型株とは違って、
小型株は活況ですな。

僕自身、小型株をしこたま、
買いつけておりまして。

まだまだ活況な様子なので、
「続伸する可能性が高いのでは?」
という見立てでおります。

話をまとめると、
「大型株は失速しそう」
「小型株は続伸しそう」
というところでしょうか。

現時点で株を持っていない人は、

今から小型株を買っても、
そこそこお小遣いを稼げそうです。
(大型株を買うのは微妙だと思います)

一方、

現時点で株を持っている人は、

大型株はそろそろ引き上げて良さそうで、
小型株はまだまだ保有継続が良いと思います。

月の後半にかけてからは、
「株式市場が上がりやすい!」
なんて傾向が見られているので、

これからの続伸に期待です。
僕の含み益も増えると良いなぁ。

– 中原良太