ファンダメンタル分析

バフェット指数(バフェット指標)は「あてにならない」とディスられがちな指標です。

優良株

「めっちゃ安い!」という感じではないですが、同社の優れたビジネスモデルを見る限り「リーズナブル」だと感じます。

割安株(バリュー株)

NISAで買う株を探していたら、ふと目に飛び込んできました。逆張りで買うには良いタイミングに見えたので共有します。

ファンダメンタル分析

株マップという株情報サイトのおすすめポイントは、なんといっても「マップ機能」です。

成長株(グロース株)

マザーズでの有望注目株のおすすめの買い方をざっくりまとめると「注目されてない上昇トレンドの小型株に目を向けること」という感じですね。

成長株(グロース株)

この記事を執筆している2020年12月28日時点、2000年以降に上場した情報・通信業のマザーズ銘柄は132銘柄ありました。仮に、「この中から、2021年に5倍になる株が5銘柄現れる!」と考えると、けっこう割の良い宝くじな気がします。 ...

成長株(グロース株)

僕は「これから2〜3年は成長株が上がるだろうな」と見ています。本記事でご紹介したおすすめ成長株は、2021年これから買いの株だと思います。

高配当株

「高配当株を買うときには、とりあえずプロに便乗する!」という作戦は、経験則的にもうまくいってきた手法です。けっこうおすすめです。

高配当株,優良株

自己資本比率が高ければ、高配当株や低PBR株はだいたい割安です。長期保有したい高配当株や優良株を探すなら、この方法がおすすめです。

高配当株

「高配当株を買って不労所得を目指す!」という方は、ドカンと下がったところを狙うのがおすすめ。やってみてはいかが?