【相場予想】マクロ市場の見通し

新型コロナの影響で、「日本株と米国株の割安感が逆転した説」が浮上したので取り上げます。

【相場予想】マクロ市場の見通し

緊急事態宣言の解除を受けて、「株価が上がるんじゃないか?」なんて期待をしている方もいるでしょう。

【相場予想】マクロ市場の見通し

実体がなくても上がる。理解不能な動きに「日本株がおかしい!」と疑問を抱く方もおおいはず。

【相場予想】マクロ市場の見通し

今回は新興株ブームに焦点を当てて、日経平均株価の「短期」と「長期」の見通しについてそれぞれ僕なりにまとめていきます。

【相場予想】マクロ市場の見通し

つぎつぎ発表される悪材料を前に、米国株投資をしている方は、これからの見通しが心配でしょう。

【相場予想】マクロ市場の見通し

日本株市場はふたたび荒れ気味になってきました。見通しが気になる方も多いでしょう。そこで今回も「短期」と「長期」の見通しについて、僕なりに解説していきます。

【相場予想】マクロ市場の見通し

足元では米国株の下落に引きずられ、日本株も5/14に全面安となりました。「これからどうなるのだろう?」と心配な方も多いでしょう。

【相場予想】マクロ市場の見通し

相変わらず、新興株が賑わっています。この理由が分かったかもしれません。というのも、こんなニュースを見つけたからです。

【相場予想】マクロ市場の見通し

GAFAMの時価総額が東証一部を超えたそうです。GAFAMとは、Google、Apple、Facebook、Amazon、Microsoftの頭文字です。たった5社だけで日本の経済を丸呑みしてしまうのだから驚きです。

【相場予想】マクロ市場の見通し

不況入りが確実視されています。僕ら日本国民の8割は「状況はこれからもっと悪くなる」と考えているようです

【相場予想】マクロ市場の見通し

長期投資で参入するには怖いですが、短期で勝負するなら稼ぎやすい地合いです。僕もおかげでストップ高を1つ掴むことができました。

【相場予想】マクロ市場の見通し

長期的な見通しとしては、5月上旬には決算発表ラッシュが続きます。5月は本決算がメインですが、見所は四半期決算の内容でしょう。