もしあなたが、こんな悩みを抱えているのであれば、この手紙を読み進めて下さい。きっと、お役に立てると思います。

◆  ◆  ◆

10年前。2人の若者が同じ会社に入社しました。働く部署こそ違いましたが、2人はとてもよく似ていました。彼らは2人とも勉強熱心で、よく働きました。また、「成功したい!」「失敗したくない!」という気持ちは、人一倍でした。

そんな2人が、10年ぶりに、勤め先の忘年会で再開しました。彼らは、相変わらず、よく似ていました。2人とも結婚し、子宝にも恵まれ、幸せな生活を送っていました。しかし、違いもありました。明らかに違うのは、彼らの所得でした。

1人は、10年前と変わらず、質素な生活をしていました。養育費や介護については未だに不安でしたし、「もし、会社をクビになったら…?」「家族に迷惑をかけるのでは…?」などと心配しはじめると、ときおり不安で押し潰されそうになることもありました。

一方、もう1人は、そこそこの不労所得を手に入れていました。お金の心配は、ほとんどありませんでした。「大富豪」とまで上手くは行きませんでしたが、不労所得で家族旅行をしたり、美味しい料理を食べにいったりと、望むだけの豊かな生活を手に入れていました。

なぜ、2人の生活はこんなにも違ってしまったのでしょうか?

なぜ、2人の生活には、こんなにも差が生まれたのでしょうか? これは、持って生まれた知性や才能、はたまた努力のせいではありません。給料が違ったわけでもありませんし、1人だけが臨時収入を得たわけでも、元からお金持ちだったわけでもありません。

彼らには1つだけ、大きな違いがありました。それは、「お金の使い方」です。1人は、(大半の人がそうしているように)受け取った給料を貯金していました。もう1人は、将来を見据えて、コツコツ地道に投資に回し、資産を運用していました。2人の所得の差は、たったこれだけの違いから生じたのです。

これが、あなたにこの手紙をお送りした理由です。この通信講座は、読者に「お金の使い方」の技術を、とくに資産運用に役立つ技術をお伝えするのが目的ですから。

   
 

中原 良太(なかはら りょうた)
慶應義塾大学理工学部卒。「システムトレード」の専門家。大学在学中、史上最年少で「YAHOO!株価予想達人」に抜擢された(当時22歳)。100名超の専門家を相手に、2015年に「ベストパフォーマー賞」「通年最高勝率者賞」の2大タイトルを獲得。TV出演や四季報オンラインでの連載を経験。

 

このニュースレターは、ヤフー「投資の達人」の中原が執筆している教材です。月に1回、資産運用に役立つ技術を、ご自宅まで郵送でお届けします。ニュースレターでは毎月、筆者(中原)が、自身の運用成績を公開します。筆者がどのようなことを考え、どんな運用手法を使い、どんな市場に注目したのか。筆者の思考回路が見て取れるように、こと細かにまとめています。このニュースレターでは、筆者が実践している2つの運用術について解説しています。それは、「中原式:ほったらかし運用術」と、「中原式:歴史に学ぶ運用術」です。

「中原式:ほったらかし運用術」は、世界一の投資家と呼ばれる「ウォーレン・バフェット」が推奨する運用術を基にしています。彼の手法よりも、さらに安全性が高まるようにアレンジしたのが「中原式:ほったらかし運用術」です。この方法では、いちど投資信託を買ったら、あとは放ったらかしにしておくだけです。これだけで、着実に不労所得を増やすのが目的です。筆者自身(中原)も、この手法で資産を運用しています。彼は、この運用術で【年利10%(税引前)】という運用目標を掲げています。

また、「中原式:歴史に学ぶ運用術」は、過去20年の相場の歴史に成果を裏打ちされた運用術です。筆者(中原)は、この手法を使って、「Yahoo! ファイナンス」の予想記事を執筆してきました。そして、100名以上の専門家を相手に、驚異的なパフォーマンスで圧倒しました。予想記事の累計成績は、2015年は+480%、2016年は+1024%、2017年は+943%でした。3年連続で驚くべきパフォーマンスを残しました。筆者自身(中原)も、この手法で資産を運用しています。彼は、【年利50%(税引前)】という運用目標を掲げています。

他、資産運用ニュースレターでは、時期に合わせた運用術の特集や、不労所得を増やすまでの道のりを解説した特集などが収録されています。また、筆者が「絶対に手を出してはいけない」と考える投資商品についても紹介します。つまり、あなたが間違った方向へ行かないように、失敗する前に予防してくれます。ありがちな「机上の空論」ではなく、筆者の経験を通じて得られる「生きた学び」を、受け取ることができます。あなたのような熱心な個人投資家にとっては、宝箱のような内容だと思います。

しかし・・・
誰でも受講できる訳ではありません

<こんな人はお断り――「ラクして」「手っ取り早く」稼ぎたい!>

正直、これらの運用術をマスターするには、時間がかかります。努力も必要です。筆者(中原)も、学び始めてから、成果が出ずに悩んだ時期がありました。つまり、一朝一夕で達成できるものではありません。なので、「儲かる銘柄を教えて欲しい」「何も考えずに金を稼ぎたい」「ラクして手っ取り早く稼ぎたい」という人のためのものではありません。(※銘柄の「探し方」についてはお話ししますが、「この株がオススメ」といった話はいっさいしません。)

その代わり、「手間ひまかけて、スキルを磨きたい人」にとっては、価値のある講座だと思います。たとえば、あなたのように、

こんな人のための講座です。

<募集枠は5名>

今回の募集枠は5名です。このニュースレターを読んでいると、より良く資産を運用するアイデアが得られるだけでなく、気になる疑問が出てくるでしょう。それもあり、筆者が受講生をサポートします。しかし、筆者はふだん、雑誌の取材を受けたり、自身の運用のための研究を行っていたりします。それもあり、サポートできる人数には、限りがあります。サポートに不備があってはいけないので、今回の募集枠を5名に限定します。余力があれば、次の募集をするかもしれません。しかし、今のところは未定です。

この通信講座で得られる「技術」には
どれほどの価値があるでしょうか?

この通信講座で得られる技術に、あなたはどれほどの価値を感じますか?

この通信講座で技術を手に入れることで、あなたの今後の人生にどれほどの影響があるでしょうか? 資産運用の技術を身に着けることは、今後の人生にどれほどの安心感をもたらすでしょうか?

この技術をいちど学べば、何度も繰り返し使うことができると確信しています。資産が増えれば、いままで以上に充実した生活が送れることでしょう。しかも、あなたが一人前の技術を身に着けてからは、身のまわりの大切な人に教えてあげることだってできます。

もしあなたが、これらの条件を満たすなら、ぜひ通信講座を受講してください。一緒に資産運用を学び、技術を身に付け、将来の不安を吹き飛ばしましょう。あなたの理想の生活を実現する、その手助けができることを楽しみにしています。

ニュースレターの筆者(中原)は、資産運用を学ぶべく、思いつく限りの方法を試してきました。投資に関わる本は、何千ページも読みました。また、資産運用の指導塾に通ったり、現役の投資家が筆者を務めるセミナーに参加したり、セミナーのDVDも購入しました。新たな運用方法を考案するために、専用のソフトウェアも買いました。

これまで筆者(中原)が資産運用を学ぶために投資したお金は、ざっと計算しただけでも、軽く100万円を超えます。それに、彼はこれまで約10年間、効果的な運用法を考案し続けています。それこそ、昼夜問わず、平日休日問わず、研究を重ねています。お金以上に、彼は、彼自身の人生を費やしています。そんな筆者(中原)が、これまで培った技術の集大成を、この通信講座で公開します。

しかし、どれほどの価値があろうと、関係ありません。この通信講座の目的は、「資産運用の技術を身に着け、将来の不安の無くしたい!」という方を手助けすることです。そこで、教材の作成費用と、継続するための運営費を合わせて、年会費59,800円(税込)で、この通信講座の受講生を募集することにしました。

この通信講座では、1年間・計12冊のニュースレターを受け取ることができます。なので、1冊あたりの費用は5,000円もかかりません。筆者は月あたり100時間以上、資産運用の手法を研究しています。その努力の結晶を、たったの5,000円で受け取れるのですから、お買い得な価格だと思います。それに、あなたもご存知でしょうが、資産運用では1度の失敗で、カンタンに資産が吹き飛びます。その失敗を未然に防ぐためにも、良い投資だと思います。

リスクなし! 60日間の返金保証付き!

もし内容が気に入らなければ、申し込み日から60日以内なら無条件で返金します。普通、学校や塾といった「習い事」に、返金保証はありません。「気に入らないから返金してもらう」なんて事はどこもやっていないでしょう。でも、私たちはこの常識を破ることにしました。

受講してみて「しっくり来ない…」「内容がいまいちだった…」など、理由は何でも構いません。60日以内に知らせてください。無条件で返金します。これなら、あなたにリスクはないはずです。

※不正利用を防ぐため、2回目以降のお申込みの場合は、返金保証は付きません

今すぐ利用規約に目を通し、同意ボタンにチェックを入れたのち、黄色の申し込みボタンをクリックして下さい。

利用規約(必ずお読み下さい)

【教材内容】
本教材をお申し込みいただき、入金ができた方は、「資産運用ニュースレター」を1年間(計12冊)受け取ることができます。
【学習範囲】
本教材では、「何度も使える運用法」など、重要度の高いテーマを取り上げます。その代わり、個別株に関する話はいっさい取り上げません。また、個別株に関する質問も、いっさい受け付けません。
【受取方法】
当方は、月に1回の頻度で、受講生の指定する場所へ教材を送付します。都度、製本を行う都合上、お届けまで約2週間かかります。また、日時などの指定を行うことはできません。
【申込要件】
(家族の了承)資産を運用するには、家族の協力が不可欠です。自分勝手な運用をしていては、家族に迷惑をかけるだけでなく、信頼関係を損ないかねません。本教材を申し込む前に、必ず家族に受講の旨を伝え、了承を得て下さい。了承を得られない場合、受講をお断りします。
(運用資産)本教材は、運用資産を300万円以上お持ちの方が対象です。運用資産が300万円に満たない方は、受講費以上の成果を出せない可能性が高いので、受講をお断りします。
【自動更新】
本商品は年毎のお支払・自動更新となります。(次回の決済は、12カ月後の月末です)
【禁止事項】
受講生は、当方の許可なしに、教材を複製してはいけません。また、第三者に対し譲渡、再配布、使用許諾、レンタル、リースすることを禁止します。
【返金期間】
初回申込時に限り、返金可能期間があります。返金可能期間の期限は、決済が完了した日から起算して60日とします。(返金に係る振込手数料は、お客様にご負担していただきますようお願いします)
【免責事項】
本教材は資産運用に関する情報提供を目的としており、金融商品の勧誘を目的としたものではありません。資産運用にはリスクが伴います。(たとえば、リーマン・ショックでNYダウは、半分に減りました。あなたの運用資金も、半分以下になる可能性があります)。教材の内容は万全を期していますが、その正確性も保証しません。また、本教材は将来の成果を保証するものではありません。教材を通じて被ったいかなる損失について、発行者は責任を負いません。
【連絡窓口】
教材が届かないなど、不備がありましたら、下記お問い合わせ窓口よりご連絡くださいませ
http://stockforecast.jp/?page_id=2138

5/27(日)までの期間限定

限定5名!

下記のボタンをクリックすると、お申込み先のリンクが表示されます

※お申込み確認後、2〜3営業日以内にご案内メールをお届けします。

追伸

このお手紙で「5名」を超えて、お申込みを受け付けることはありません。先延ばしにすると、このチャンスを逃すことになるでしょう。そうならないようにご注意ください。心変わりしないうちに、いますぐお申し込み下さい。誰かがあなたの枠を横取りする前に、いますぐお申し込みを。




特定商取引法に基づく表記 | 個人情報保護方針 | お問い合わせ