From: 中原良太
横浜の自宅より、、、

やっと、落ち着いたかな…? いや、落ち着いてないのかな…?

はぁ〜ぁ。せっかく1月まで、そこそこ利益を出してたのに。今月の暴落で、だいぶ吐き出しちゃったなぁ。

まぁ、それ含めて、「損する額よりも多く、利益を出す」ことができれば、何でも良いとは思うのですが汗

やはり、分かってはいても、利益が減ってしまうのは、嬉しいことではないですね〜。

 

1月の成績まとめ

少し期間が空いてはいますが、前々からお話ししていたとおり、1月の運用成績を報告します。

ぼくの1月の成績は、なかなか良好でした。どれぐらい良かったかというと、1ヶ月の利回りが12%くらい。

500万円の元手が、560万円にまで増えました。仮にこのペースが1年続けば、「年利150%」なんて成績も、狙えそうな数字でした。

…まぁ、世の中は、そんなに上手くいかないというのが、常な訳ですが笑

この時期は、ひたすら新興株を買って、がっちりホールドしていました。

特に特別なことをした訳でもなく、相場上昇の波に乗って、お金が増えていってましたね〜。

ストップ高となった株もいくつかあって、「さすが新興株!」といった感じでした。

やはり、強い相場だと、あれこれ考えずに、がっちりホールドするのが、いちばん利益を出しやすいみたいですねー。

 

2月前半の成績

2月に入ってからは、何回か失敗をやらかしています。笑(シグナルを無視したり、とか…苦笑)

この失敗をしなければ、もうちょいマシの成績なんだけどなぁ(悔)

さて。2月の成績は、先週末時点(9日大引け時点)で、536万円(前月比−24万円)です。

利益の半分くらいを、吹き飛ばしてしまった計算ですね。

で、なぜこんなに減らしてしまったのかというと、きちんと経緯がありまして。

2つほど大きな要因があります。

1つは、今年に入ってから、「ほぼフルポジションだった」という点です。

年明けから、運用資金の大半を、新興株に投入していたので、こないだの相場暴落のときには、そこそこ損を喰らいました。

まぁ、これは想定していたことなので、しょうがないですね。

とくに反省する必要も、無いと思っています。

ただ、もう1つの理由は、反省しなきゃなぁと思っていて。

何をしでかしたのかというと、「シグナルを無視」してしまいました苦笑

具体的には、「順張りの損切りを予定よりも早くやってしまった」という感じですね。

2月6日に、日本株は暴落しましたよね。日経平均株価は、1日で、1000円以上下がりました。

そのときに、「逆張りのチャンスが来たから、現金が欲しい」と、欲張ってしまったんです。

そして、けっこう大きな損切りをして、翌日のチャンスに備えたわけです。

ただ、これが裏目に出てしまって。翌日には、相場がかなり高寄りして、逆張りのチャンスが来なかったんです。

要するに、「かなり悪い位置で損切りしたうえ」「利益のチャンスが来なかった」と。

最悪の手仕舞いをしてしまいました(´;ω;`)

「往復ビンタ」を食らった気分ですね。失敗しました。黙ってシグナルに従っていれば、もうちょっと、上手く行っていたのですが。バカなことをしたなぁ(;´∀`)反発

 

損切りのコツ

さて。今回の損の学びとしては、「損切りは、ボラが無いときにやるべき」ということですね。

大体、相場が大きく下落しているときは、逆張りで株を、買い付けるチャンスなので。

チャンスのときにポジションを減らすということは、「利益のチャンスを逃す」ことに他ならない訳です。

過ぎてみれば、「なんて単純なミスを…!」って感じですが笑

そのときには、見えなくなることって、けっこうあるんですよね〜(;´∀`)

次は失敗しないように、きちんと対策しないとなぁ〜。

「株を、逆張りで買いたくなるような時期には、損切りしない」
「ゆっくり、ズルズル下がったときは、そこが損切りのチャンス」

こんな感じでしょうかね。

この手仕舞いを強化するだけでも、順張りの成績が、かなり良くなる気がする…!

今夜から、またルールを見直さなきゃなぁ〜。(;´∀`)

– 中原良太

 

PS

相場暴落にも負けない! 着実に利益を積み上げていくための基本を、この1冊にまとめました。

http://amzn.to/2gqXT9J