From: 中原良太
横浜の自宅より、、、

奥さんと、口論になりました。きのうは夜中まで、ずっと家族会議。ふぁぁ〜…。眠い…。

我が家では、ほとんど喧嘩がありません。

火種が大きくなる前に、お互いに言うように心がけているので、喧嘩には発展しません。

それに加えて、価値観がかなり似ているので、意見が食い違うことは、滅多にありません。

そんな2人なので、、、

喧嘩と呼べるような喧嘩は、付き合い始めてから、2〜3回しかしたことがありません。

今回も、「話し合い」であって、決して喧嘩ではありませんでした。

ただ、、、

今回の「話し合い」は、お互いの意見が真っ向から逆を行きました。

 

家が欲しい!!!!!

なんで口論になったのか?

それは、「家が欲しい!」という、奥さんの要望が発端でした。

きのうの、晩ごはん後。一緒に皿洗いをしていたときのこと。

うちの奥さんは、不意にこんなことを言いました。

「うちも、そのうち家を買わない?」
「ずっと借りぐらしというのも、不安なのだけど…」

たしかに。家かぁ。

「持ち家」と言えば、男の夢でもあります。ぼくも、欲しくない訳ではありませんでした…。

でも、ある理由があって、どうしても賛同できませんでした。

それから僕らは、2〜3時間、口論することになりました。

 

口論

奥さん「ずっと借りぐらしというのも、不安なのだけど…」

ぼく「え? なんで?」

奥「だって、老後はどうするの?」

ぼく「今から貯金しようよ。」

奥「老後も月に10万円近くの出費があるってこと? それは、大変じゃない?」

ぼく「え。むしろ、家を買ったほうが負担が大きいと思うけど…」

奥「そんなことないでしょ。だって、ローンを支払いきれば、家賃はタダでしょ?」

ぼく「ふむ。」

奥「それに、家賃だと払ったら無くなっちゃうけど、家は買ってからも残るし。」

ぼく「なるほど。」

奥「ローンを組めば、今からだって家を買えるでしょ?」

ぼく「・・・。」

奥「ねぇねぇ、どう思う?」

ぼく「気を悪くしないで欲しいんだけど。全く賛成できない」

奥「えっ! なんで?」

ぼく「まず、家を買ったって、出費はなくならない。」

奥「そうなの…?」

ぼく「うん。固定資産税がかかったり、ローンを組むために生命保険に入らされたり、修繕費がかかったり。持ち家は持ち家で、コストがかかるもん。とくに、「マンションを買う」とか、よほどの掘り出しものじゃない限り、絶対に効率わるい。」

奥「えっ」

ぼく「だって、資産価値がほぼ無いもん。払い終わる頃には、ボロボロの箱だけが残るんだよ?」

奥「たしかに…」

ぼく「それに、ローンも賛成できない。30年ローンなんて、愚の骨頂だと思う。たぶん、3000万円のものを買うのも、ローン組むと、利息だけで何百万円も損するハメになると思うよ。」

奥「そんなに?」

ぼく「それと…」

奥「まだあるの?」

ぼく「うん(汗) ローンを組んだら、これから10年間は資産運用できない。」

奥「えっ? なんで?」

ぼく「資産運用するより、借金を返すほうがトクだから。返済にまさる運用は無いからね、」

奥「えっ。運用しちゃダメなの?」

ぼく「うん。絶対ダメ。間違っても資産運用なんかやっちゃダメだよ。節税目的とかなら、話は別かもしれないけど。借金は、毎年確実に増える。でも、資産運用は増えるとは限らないからね。」

奥「借金と資産運用は、同時には成り立たないのね…」

ぼく「うん。そういうこと。ローンなんて、銀行が儲けるために組んでるわけだから。僕らが損するようにできてるもん」

奥「そうなんだ…。知らなかった…。でも、家が欲しい。」

ぼく「う〜ん。。。気持ちは分かるんだけどね〜。。。」







…とまぁ、こんな感じで、深夜まで話し合いは続きました。

けっきょく、我が家では、「一括払いで買えるようになるまで」家は買わないことにしました…。

 

話は変わりますが…

ぼくも、今では27歳になりました。(早いものだなぁ…)

これぐらいの歳になると、周りの友人たちも、ポツポツと家を買い始めています。もちろん、ローンを組んで。

そんな友人を見るたびに、「あぁ…」と思います。

それと同時に、財形についても、興味を持ち始めるようで、「資産を運用したい」という、そんな相談をされるんです。

そんなとき、僕は必ず、こう答えるようにしています。

「借金と資産運用は、同時には成り立たない」
「借金返済が、いちばんの資産運用だよ」
「ローンを返し終わったら、また相談して」

と。それだけ、「ローンを組みながら、資産を運用する」ってのは、大それたことなんですよね。

だから、ぼくも。持ち家が欲しい気持ちを、おし殺して。賃貸生活を送っています。

家に関する決断は、たった1度の間違いで、人生がほろびかねません。

お金で成功は決まりませんが、失敗は決まりますからねー。

身のたけ以上のものを買おうとするから、「借金地獄」に陥るわけで。

身のほどを弁えるのが、大事ですよねー。ぼくは、賃貸マンションで満足だなぁ。

べつに急いで家が必要なわけでもないし。ゆっくり考えようっと。

– 中原良太

 

PS

借金を返し終わったら、やっと運用ができます。基本的な考え方を、この1冊にまとめましたー!

http://amzn.to/2gqXT9J