投資戦略を買う前に絶対にチェックすべき3つのポイント

投資戦略を買う前に絶対にチェックすべき3つのポイント

ABOUTこの記事をかいた人

最年少で「YAHOO! 投資の達人」に選ばれた(当時22歳)。同サイトでの予想の年別パフォーマンスは、2015年「+480%」、2016年「+1024%」2017年「+943%」。最年少ながら、2015 年に「ベストパフォーマー賞」「通年最⾼勝率者賞」の2⼤タイトルを獲得。TV 出演や四季報オンラインでの連載を経験。
投資戦略を買う前に絶対にチェックすべき3つのポイント

システムトレードを始めたばかりの方にとっても必見です。

「中原さんの商品が気になっているのですが、どれを買えば良いでしょうか?」

よくこんなお問い合わせを頂きます。

ありがたい質問なのですが、、、
私も一応販売者。ついつい自分の戦略を売り込みたくなってしまうもの。

「売っている人に聞いても主観が混じっちゃいます。。。」

そんな売り込みたい気持ちを抑えつつ、質問してくれた方に役立つ判断基準を考えてみました。シぜひ最後まで読んで下さい。

 

目次

  1. その1:流動性の高い銘柄が対象となっていること
  2. その2:1取引あたりの利益が高いこと
  3. その3:利用している投資戦略と売買対象が違うこと
  4. まとめ

 

1. その1:流動性の高い銘柄が対象となっていること

その1:流動性の高い銘柄が対象となっていること

まず確認すべきなのは「出来高(ボリューム)が大きな銘柄」に仕掛けていること。
小型の銘柄はハイリターンが期待できるものの、ちょっと大人数が利用するだけで機能しなくなります。

加えて重要なのが「販売台数に制限がかかっている」こと。
販売されている売買戦略は、1人あたり0.1%〜0.5%を上限としたマーケットインパクトがかかります。つまり、100人が同時に利用すると最悪の場合「出来高の10〜30%」を支配してしまうほどの大きな影響になるんですね。

これでは同じ戦略を使っている投資家同士で利益を食いつぶしてしまいます。よって、
「買った後にも自分なりに改良する」
「前もってマーケットインパクトへの対処法を開発者に問い合わせておく」
という対策が必要です。

 

2. その2:1取引あたりの利益が高いこと

その2:1取引あたりの利益が高いこと

次に確認すべきなのは「1回あたりの利益額」が大きいこと。
もちろん利益「率」も重要ですが、それでも利益の絶対量は重要です。

テラスなど、投資戦略を販売しているサイトでは売買手数料を加味していないことが多いです。
1回あたりの投資額にもよるのですが、手数料負荷を加えると利益率が下がるのは常識。
ちゃっかり利益幅を稼げている戦略をチョイスしましょう。

加えて、税金の配慮もできていません。源泉徴収をしている場合はちゃっかり確定申告をしてとりかえしましょう。軽視すれば、結局マイナスになることもあり得るのです。

 

3. その3:利用している投資戦略と売買対象が違うこと

その3:利用している投資戦略と売買対象が違うこと

最後に「分散効果を高める」こと。
全ての投資戦略には「運用できる資産量」に限りがあります。
例えば、私が提供している売買テクニックは100〜500万円に対応しています。

ですから、適用範囲を上回る/下回る資産を運用する場合は新たな戦略を購入することになります。

ここで問題なのが「似たような戦略」も多く出回っているという点。
資産曲線が似ていたり、ドローダウンの発生時期が似通っている戦略は分散効果が低いので注意しましょう。

同様に、違う銘柄に仕掛けていたとしても「ドローダウンが増幅されてしまう」のでは分散の意味はありません。出来る限り、ドローダウンを今までと同じ(あるいは小さく)保ちながらポートフォリオを増強していくのをオススメします。

テラスでは、複数の投資戦略を組み合わせて運用した結果を閲覧できますから、一度使ってみると良いですよ。

 

4. まとめ

まとめ

資金量が多くなるほどリスク管理に疎くなる方が居ます。
しかし、それは大きな間違い。

投資は資産が多いほど大変だし、リスク管理も厳格にすべきです。
システムトレードでは過去の成績を見られるのがとても便利。

試しに、ポートフォリオに取り入れてみては?