From: 中原良太
横浜の自宅より、、、

「不労所得だけで生きていく」

これは、僕ら個人投資家にとって、
ゴールのようなものですよねー。

「優待だけで生きる」とか、
「配当金だけで生きる」とか。

こういったことを実現するために、
日々、地道な努力を重ねていると、
そう思うんですよねー。

ぼくもその一人で。

「働かずにお金が入ってくる仕組み」を、
なんとかして作れないか、日々考えています。

言い換えると、
「自分が働くのではなく」
「自分の資産が働いてくれる」
仕組みを作れないか、

いつも考えています。

そして、、、

数ある手法の中でも、

最高だと思うのが、
「システムトレード」と、
「インデックス投資」なんですよね。

 

2018年の運用計画

…ということで、

中原家では、着々と2018年の、
運用計画を練っています。

こないだ、その大枠が決まったので、

この場をお借りして、
概要をご紹介しますね。

まず、資金を3つに分割します。

  • 現金・預金
  • 国内株のトレード(目標年利50%)
  • インデックス投資(目標年利10%)

(詳しいプランは、後日、動画で共有します!)

 

国内株のトレード

国内株のトレードでは、
年利50%程度を目標に運用します。

ただ、大きな金額は運用しません。
…というか、できません汗

なぜなら、

そもそも国内株のトレードは、
少資金向きの運用方法だからです。

FXや先物などと比べると、
個別株の流動性が著しく低いです。

よって、、、

1銘柄に大きな資金を投入すると、
簡単にスリッページします。

マーケット・インパクトも簡単に起きます。

こういった背景もあるので、

大資本の運用には、
なかなか向いてないと思うんです。

実際、ぼくでも、効率的に運用できるのは、
1000万円程度が限界です。



以上を踏まえて、、、

2018年中、国内株のトレードは、
1000万円を上限に運用していきますー。

 

インデックス投資

…じゃあ、余ったお金をどうするかというと、
インデックス投資に回します。

我が家にはそんな大金は無いので、
iDecoを使った積み立て貯蓄で代用しますが笑

インデックス投資には、
上限金額がありません。

システムトレードとは違って、
「シグナルが出ないから買えない…」
といったことがありませんので。

余った資金はこっちに回した方が、
運用成績を高められます。

バックテスト結果でも、
そこそこ良い成績が得られますので。

国内株トレードが上手く行ったら、
こっちに資金を回す予定です(^ω^)

ですから、大資本を運用する方には、
本当にオススメですねー。

最終的にインデックス投資の配当だけで、
生活資金をまかなえるようになったら。

「不労所得で生きていける」
って夢が、叶ったと言えるでしょうね〜〜。



…ということで。

2018年の運用、
上手く行くと良いなぁ〜。

頑張るぞ〜!

– 中原良太

 

PS

着実に利益を上げたい方は、この本を読むのがオススメです!

http://amzn.to/2gqXT9J