ABOUTこの記事をかいた人

最年少で「YAHOO! 投資の達人」に選ばれた(当時22歳)。同サイトでの予想の年別パフォーマンスは、2015年「+480%」、2016年「+1024%」2017年「+943%」。最年少ながら、2015 年に「ベストパフォーマー賞」「通年最⾼勝率者賞」の2⼤タイトルを獲得。TV 出演や四季報オンラインでの連載を経験。

From: 中原良太
横浜の自宅より、、、

こないだ、システムトレーダーの方から、

「ドローダウンを更新しやすいルールって、どういうものがあるんですか?」

というご質問を頂きました。

最近、個別株の値動きの仕方が、
おかしなものが出てきたこともあり、

ドローダウンを更新する方が、
たびたび現れているようなんですよねー。

ドローダウン期間って、

どれだけトレードしても、
なかなか利益に繋がらなかったり、

裏目、裏目が続いて、
期待が実現できなかったり、
本当に辛い時期ですよね〜…。

僕はドローダウンが嫌いです。

それもあり、

売買ルールを作るときには、
「ドローダウン期間を最小限に抑える」
ことを目標に、ルールを作りあげてます。

利益の大きさうんぬんよりも、

ドローダウンの方が、
よっぽと気になるんですよね〜〜。

そこで今回は、

個人的な経験則ではありますが、

「ドローダウンを更新しやすい」
ルールの特徴を、ご紹介しようと思います。

 

過剰最適化している

まず、ドローダウンを
更新しやすいルールの特徴としては、

過剰最適化をしているものが挙げられます。

たとえば、、、

「成績の良い銘柄だけ集めてバックテストする」
「有効でない条件式をいくつも追加して、バックテスト結果をかさまししている」

などなどですね。

こういったルールでは、

バックテスト結果上で、
リスクを過小評価している可能性が高いです。

それもあり、

実運用を始めてから、
ドローダウンを更新しやすいんですよねー。

 

平均損益率が低い

次に、ドローダウンを更新しやすいルールは、
平均損益率が低いものが多いですねー。

これはなぜかというと、

自分と似た取引手法を使う人が増えて、
マーケットインパクトが出てきたときに、

すぐにエッジ(優位性)が無くなるからです。

つまり、インパクトが発生し続ける限り、
「取引すればするほど損失が出る」
ルールになるってことですね。

このような売買ルールは、
手法が明らかになればなるほど、
利益を出せなくなっていきます。

ドローダウンを更新するリスクも高いため、
実運用には使わない方が良いでしょうねー。

 

負けトレード回数が少ない

さいご。

これが一番大事なポイントだと思うのですが、

負けトレード回数が少ないルールほど、
ドローダウンを更新しやすいです。

なぜかというと、

ドローダウン算出に使われている、
負けサンプルの数が少なく、

ドローダウンが過小評価されている
そんな可能性が高いからです。

よって、ドローダウンを更新したくない場合は、

たくさん負けサンプルがあって、
ドローダウンが正当に評価された
売買ルールを使うのが良いでしょう!

 

使いやすいルールを。。。

ルールの作り方を一歩間違えると、

「安全なルール」を作っているつもりで、
実際は危険な運用をしている・・・など、

まちがった運用につながりかねません。
こんなに不幸なことはありません。

勘違いを防ぐためにも、

実運用を始める前には、
今日ご紹介した3つのポイントに、
注目してみてはいかがでしょうか?

– 中原良太

 

PS

着実に利益を出したい方へ。まずは、この本から読むのが良いと思いますよー!

http://amzn.to/2gqXT9J