続・売買ルールの次元を高める方法

続・売買ルールの次元を高める方法

ABOUTこの記事をかいた人

最年少で「YAHOO! 投資の達人」に選ばれた(当時22歳)。同サイトでの予想の年別パフォーマンスは、2015年「+480%」、2016年「+1024%」2017年「+943%」。最年少ながら、2015 年に「ベストパフォーマー賞」「通年最⾼勝率者賞」の2⼤タイトルを獲得。TV 出演や四季報オンラインでの連載を経験。
続・売買ルールの次元を高める方法

ほかの表現方法はないか?

From: 中原良太
横浜の自宅より、、、

マニアックな話ではありますが、
なかなか好評だったので、

今日は、昨日の話の続きをしましょう。

売買ルールの次元を高める方法

 

この方法を使って、
順張り買い戦略の改良方法を、
少し考えてみましょう。

 

順張り買い戦略の基本

順張り戦略の基本は、
「長期の高値を更新したときに仕掛ける」
「短期の安値を更新したときに手仕舞う」
でしょう。

これを、条件式に落とし込むと、

買いルールは、
「終値が◯日間の終値の最高値を更新」

売りルールは、
「終値が△日間の終値の最安値を更新」

となります。

…で、ここからが大事なのですが。

通常であれば、
「◯日」や「△日」といった、
日数を調節することしか出来ませんが。

ここで、別の視点を加えます。

まず、条件式を、
「株価位置(終値基準)」に差し替えます。

すると、以下のようになります。

買いルールは、
「株価位置(終値基準)(◯日)が100%である」

売りルールは、
「株価位置(終値基準)(△日)が0%である」

このように、条件式を差し替えます。

すると、どうでしょうか。

調節できる部分が、
一気に4つに増えました。

「◯日」や「△日」といった日数だけではなく、
「100%」や「0%」といった、値動きまで、

新たに調節できるようになります。

格段に、成績を改善しやすく、
条件式を組み直すことができましたね(*^ω^*)

#ほかの表現方法はないか?

…とまぁ、こんな感じで。

売買ルールを作るときには、

常日頃から、
「ほかの表現方法はないか?」
と考えるのが大切だと思います。

たとえば、「前日比」という、
条件式1つをとるにしても、

「0日前の終値と1日前の終値の比較」ではなく、

始値、高値、安値、終値と、
組み合わせを考えるだけでも、

4×4 = 16通りの、
条件式を設定できます。

全てを調べれば、
より適切な条件が見つかるでしょう。

少し聞いただけでは、
「なんだ、大したことないじゃないか」
と思われてしまうかもしれませんが。

こういった細かな工夫の積み重ねによって、

優れた売買ルールを作れると、
そう思うんですよね〜。

– 中原良太

 

PS

一流のトレーダーになりたい方は、まず基本から身に付けるのが良いでしょう。手始めに、この本から読むのがオススメですよ!

http://amzn.to/2gqXT9J