負のスパイラルに陥る前に…

負のスパイラルに陥る前に…

身近な人だからこそ、話しづらいこと。

From: 中原良太
新宿の居酒屋より、、、

きょうは久々に、
小学生時代の友人たちと、
同窓会?をしています。

まぁ、同窓会とは言っても、
6人しか参加していませんが苦笑

こじんまりと集まって、
昔話に花を咲かせているところです!(*^ω^*)

 

親友

同窓会などと言うと、
普通、中学、高校、大学などを、
思い浮かべる人が多いかもしれませんが。

ぼくの場合は、
小学校での集まりが多いです。

…というのも、
当時の親友が、飲みたがりで、
積極的に幹事をしてくれるからです。

彼とは小学、中学で、
毎日一緒に登校していました。

ぼくがいじめられていた時期でも、
彼は構わず一緒に居てくれました。

それもあり、恩のようなものも、
少なからず感じています。

彼の誘いだけは、
どうしても断れないんですよね笑



あ、そうそう。
同窓会の話でしたね。

小学生の頃というものは、
まだまだ子供で、

自分自身、「サル」のように、
何も考えず、自由気ままに生きていました。

記憶といえば、
鬼ごっこや隠れんぼをしていた記憶とか、
当時のクラスのマドンナのこととか。

断片的なことしか覚えていません。

ただ、、、

自由気ままに過ごしても、
それが許されていた時期でした。

それもあって、

当時の友人に会うと、
楽しかった頃の思い出が蘇って、
それだけで楽しいんですよね〜。

 

利害関係が無いから…

しかも、不思議なことに。

小学生時代の友人には、
なんだって話せるんですよね。

会社の人にも、
家族にも言えないことでも、

なぜだか、この場では話すことができる。

それもあって、
かなり気楽に過ごせるんですよね。

同級生の皆は、働く場所も、家も、
全く違うところで過ごしています。

だからこそ、

利害関係が一切なく、
忌憚なく、何でも話せるんですよね。

相手も相手で、
忌憚なく話しかけてくれるので、

心のうちに溜めていたものを、
全部吐き出すことができて、
とてもスッキリしました!笑

 

相談の場

根暗でコミュ障なぼくにとっては、
自分のことを話せる場があるというのは、
それだけで有難い話です。

言いたくても言えないこと。
恥ずかしくて相談できないこと。

身近な人だからこそ、
話しづらいこと。

そんなことでも、
親身に聞いてくれる場所が、
とても貴重であり、大切です。

当日は、トレードで
悩んでいることについても話しました。

彼らはトレード未経験者で、
特に詳しいわけではありませんでしたが、

それでも、
「聞いてくれる人がいる」
「受け入れてくれる人がいる」
というのは、それだけで有難いもの。

特に、僕らトレーダーは、
基本的に孤独な生き物です。

相談する相手もおらず、
知らず知らずのうちに、
ストレスが溜まっていくものです。

売買ルール作りが上手くいかなくて、

鬱憤が溜まってくると、
負のスパイラルに陥って、

どんどん調子を崩したり、、、

そうなると、さらに、
周りに相談しづらくなったり、、、

とにかく、大変だと思います。

それもあって、、、

少しでも調子が悪かったり、
スランプに陥った時には、

利害関係のない人たちと会って、
ガス抜きしたり、

全く経験したことがない人の意見を聞いたり。

そうやって時間を過ごして、
リフレッシュするのが大事だと思うんですよね。

なんというか、
「風邪はひき始めが肝心」
とも言うくらいで、

初期症状の時点で、
色んな人に相談できる場って、
すごく貴重なんです。



ふう。

みんなのおかげで、
すっきりリフレッシュできたぞ!

頭がスッキリした分。
今日はバックテストが捗りそうだ!

よっしゃ〜〜。
帰ったら、研究しまくるぞ〜〜!

– 中原良太

 

PS

調子に左右されずに、着実な成績を目指したい方は、この本を読むのがオススメです!

http://amzn.to/2gqXT9J