[上級者向け]デイトレ戦略の改良アイデア

[上級者向け]デイトレ戦略の改良アイデア

「発注方法」にある気がしています。

From: 中原良太
横浜の自宅より、、、

今日は祝日なので、
少し短めに。

最近ずっと研究を進めてきた、
デイトレ戦略の改良アイデアを、
1つ共有しようと思います。

ただし、、、

この改良は、
異常なほど手間がかかるので、

上級者向け、または、
根性たっぷりの方向けの話です。

そのあたりを了承して頂いた上で、
耳を傾けて頂けると嬉しいです。m(_ _)m

 

デイトレ戦略の改良法

デイトレ戦略では、

「日中に仕掛ける」
「大引けに手仕舞う」

といったタイミングで、
取引するのが基本です。

このとき、、、

マーケット・インパクトを避けたり、
さらに合計損益を高めるための肝は、

「発注方法」にある気がしています。

 

仕掛け発注の改良

まず、仕掛けの発注については、
「何時に発注を取り消すか?」が、
損益を高めるポイントだと思っています。

たとえば、、、

「14:59」に仕掛け注文が約定した場合、
利益を出すまでの猶予は、1分しかありません。

おそらく、たったそれだけの時間で、
手数料を上回るだけの利益を残すのは、
かなり難しいでしょう。

制限時間が短いぶん、
手数料上回るだけの利益を出すのが、

かなり困難になる気がするんですよね。

ですから、デイトレで運用している方は、

仕掛けが何時に約定したかを記録しておき、
傾向を調べてみるのが良いでしょう。

手間こそかかりますが、
成績を1ミリでも改善するには、
役立つアイデアだと思います!

 

手仕舞い発注の改良

通常なら、「引成」で、
手仕舞いの発注をすることが多いですが、

ここの部分を工夫するのが、
改良につながりやすい気がしています。

具体的には、、、

「不成注文」を使うという方法です。

不成注文とは、
場中は指値注文を出しておいて、

約定しない場合は、
引けに決済するという手法です。

引成注文では、
注文が集中しやすいこともあり、

インパクトが出やすい弱点があるのですが、

不成注文を使うことで、
インパクトを避けながら、
手早く利益確定できるようになります。

実践するためにも、
「指値が約定」してからの、
最高値や最安値を、

記録につけておくのが良いでしょう。

記録を集計してみて、
有利な位置で不成注文を出すことで、

パフォーマンスを向上できると期待できます。



…とまぁ、こんな感じで、

実践するには、
かなりの手間がかかります汗

ただ、、、

少しでも成績を改善するには、
調べてみる価値があると思いますので、

デイトレ戦略をお持ちの方は、
一度調べてみてはいかがでしょう?(^O^)

良い手法があったら、
ぜひ、僕にも教えて欲しいですっ!(´ω`)

– 中原良太

 

PS

着実な利益を狙いたい方は、まずこの本で基本を身につけてみてはいかがでしょう?

http://amzn.to/2gqXT9J