ムシャムシャムシャムシャムシャムシャ

ムシャムシャムシャムシャムシャムシャ
ムシャムシャムシャムシャムシャムシャ

コレ↑もらいました。

From: 中原良太
横浜の自宅より、、、

コレ↑もらいました。

1個650円の、
超高級シュークリーム。

1個650円ということもあり、
使われている食材も超高級。

なんと、このシュークリーム。

世界三大珍味の、
「トリュフ」が使われているんです。

大きさは、マカロンぐらい。

普通のシュークリームよりも、
はるかに小さいのですが、

1つのシュークリームの中に、

「贅の限りが尽くされている」
といって良いでしょう。

 

食べてみると、、、

これまで27年生きてきましたが、

まさか、

トリュフをシュークリームに入れるなんて、
想像したこともありませんでした。

新しいモノ好きの一人として、

こんなシュークリーム、
食べないわけにはいきません。

トリュフといえば、

松茸と同じように、
「香り」を楽しむもの。
(と聞いたことがあります)

こんな高級食材、
ほとんど食べたことはありませんが、

テレビ番組で出てきたときを
見よう見まねで、香りを楽しんでみる。

スゥ〜〜ッと、
鼻から息を、大きく吸ってみる。

ふむ。なるほど。

これがトリュフの香りか。

肉料理とかについていたら、
たしかに嬉しくなる香り。

ん…?

でも、これ。
シュークリームなんだよな…?

トリュフの匂いを楽しんでも、
ぜんぜんシュークリームを食べたくならない。

「塩っぱい肉料理」とかなら、
きっと食欲が増進されたのだろうけど、

目の前にあるのは、
いかにも甘そうなシュークリーム。

トリュフの香りと相性が良いようには、
なかなか思えません。

でも、良い。

きっとこれが、

一流の人たちが嗜む、
「最高級スイーツ」というものなのだろう。

香りを嗅いでも、
全く食べたくならなかったけど、

きっと味は一流なのだろう。
ほっぺたが落ちるくらい美味しいに違いない。

よっしゃ、食べるぞ。

勇気が無いので、
半分だけ口に入れてみよう。

よし、行くぞ。
きっと美味しいんだ。

パクッ

ムシャムシャ。
ムシャムシャ。
ムシャムシャ。

 

なんてことだ…。

なんてことだ。

ぜんぜん美味しくない。

市販されている、
200円のカスタードシュークリームの方が、
よっぽど美味しい。

噛んでいる間も、

チョコの味がしながら、
同時にトリュフの強烈な匂いが、
鼻の奥を突き抜ける。

なんなのだろう。コレ。

ぼくが貧乏舌だからなのかな。

トリュフとチョコの組み合わせに、
何ら魅力を感じない。

ううむ。

お酒のつまみとしてならば、
良いような気がするのだけど。

ティータイムに食べる、
シュークリームではありませんでした…

 

素材が良くても…。

もらったものであるが故に、
あまりとやかく言えませんが、

「トリュフ」と「シュークリーム」の、
この組み合わせは、

なんというか、
相性が良いとは思えませんでした。

念のため、繰り返しますが、

これはきっと、
ぼくが貧乏舌だからなのかもしれません。

でも、、、

やっぱり。

せっかくなら、
このトリュフは、
肉料理で楽しみたかった…。

素材が良くても、
調理法いかんによっては、
ビミョーな仕上がりになるものなんですね…。

「もったいない。」

つい、そう思ってしまいました。

 

調理人の腕次第。

結局のところ。

どんなに良い素材を使っても、

調理人の腕次第で、
出てくる成果物は変わってくるんですね。

きっと、今回の場合は、

調理人の味覚と、
ぼくの味覚が

噛み合わなかったのだと思います。

少なくとも、
ぼくの口には合わなかったなぁ。



「素材を活かすも殺すも、調理人次第」

これはきっと、
僕らトレーダーにとっても、
同じことが言えるのでしょう。

どんなに良い教材を手に入れても、
どんなに良い知恵を身につけても、
どんなに良い情報を仕入れても、

活かすも殺すも、

全ては調理人とも言える、
「トレーダー」次第ですよね。

不思議なもので、

たま〜に、
「教材を手に入れただけ」で、
腕が上がったかのように、

錯覚する方が居るのですが。

実際のところ、
そんなことはありませんからね。

これはまるで、

「最高級の素材」を手に入れただけで、
「わたしは最高の料理人です」と、
宣っているようなものです。

…そんなの、
明らかに間違いですもんね苦笑

素材を活かし切ってこそ、
一流である訳です。

僕らトレーダーも、
この点については、

絶対に勘違いしちゃいけない気がするのです。

僕らにとっては、
きっと「情報」こそ、
利益につながる素材だと思うのですが。

一流の情報を目利きし、
利益のために活かしきる。

その手腕を身につけてこそ、
素晴らしいトレーダーになれると思います。

試行錯誤を繰り返して、

経験工学によって、
高みに辿り着くものだと、
そう思うんですよね〜。



それにしても、、、

今回のトリュフ・シュークリーム、
強烈だったなぁ。

うちの奥さんにも、
感想を聞いてみたい。

こんど、お店の近くに寄ったら、
買って来ようかしら。

– 中原良太

 

PS

トレードの基本を一通り見につけたい方は、この本から読むのが良いと思います!

http://amzn.to/2gqXT9J