「あの銘柄のせいで…(怒)」

「あの銘柄のせいで…(怒)」
「あの銘柄のせいで…(怒)」

不愉快ですよね〜汗

From: 中原良太
横浜の自宅より、、、

株をやっていると、

遅かれ早かれ、
悩まされることがあります。

中でもよくあるのが、
「理不尽な値動きに踊らされる」
ことです。

たとえば、、、

「なんで、こんなに値上がりするの!?」とか、
「なんで、こんなに値下がりするの!?」とか。

意味不明な値動きをしたときですね。

良い決算が出たのに、
「出尽くし感」とかいって値下がりしたり。

大幅赤字を叩き出したのに、
「テーマ性がある」とかいって、
青天井で値上がりしたり。

とにかく、意味不明な値動きに翻弄されて、
損失を被ったり、利益を出せなかったり。

そんなことが、よくあるんですよね。

株をやっていれば、
こんなことは避けられないのですが。

やはり、実際に目の当たりにすると、
不愉快ですよね〜汗

 

理不尽と戦う

時として、相場は理にかなっていない、
「こんなのおかしいだろ!」と思うような、
そんな値動きをするものです。

開き直って、
「こんな相場はおかしい! 自分は間違っていないのだから、現状維持で良いのだ!」
と、思いたくなる気持ちもあります。

あなたが賢く、聡明であるほど、
そう思うこともあるでしょう。

でも、、、

だからといって、
理不尽のせいで損失を被るのを、
許して良いわけではありません。

むしろ、、、

実力がある人こそ、
意味不明な理不尽に飲み込まれて、
利益を出せないのではもったいありません。

ですから、

これまで稼いだ利益を、
吐き出さないためにも、

「理不尽に負けない」力を、
身につける必要があると思うんですよね。

 

理不尽な値動きを避ける2つの方法

ぼく自身、
こういった理不尽な値動きに、
何度も痛い目に遭わされてきました。

そんな中、
この痛みを繰り返さないためにも、
いくつか心がけていることがあります。

1つは、
「超大型株を中心に取引すること」

大型株ほど、
理不尽な値動きをしづらい気がしています。

株主の絶対数が多いので、
そもそも値動きが緩やかですし、

時価総額が大きな分、
ちょっとしたテーマで、
業績が急変するおそれもありません。

そのような経緯もあり、
超大型株に特化した戦略の方が、
成績が安定しやすい気がしますねー。

もう1つは、
「単元株価格が高い銘柄を取引すること」

U5万円株とか、10万円株とか。

安く手軽に仕掛けられる銘柄ほど、

初心者やギャンブルが好きなトレーダーが、
手を出しやすくもあります。

それもあり、

手軽に買い付けられる銘柄ほど、
意味不明な値動きをしやすい気がします。

ですから、、、

「安く買えるから」
という理由で、株を買い付けるぐらいなら、

少しハードルは高くとも、
値がさっぽい銘柄を狙った方が、

仕手株になりづらい気がしますねー。

 

あの銘柄のせいで…

運用していると、
度重なる理不尽のせいで、
やられることがあるでしょう。

「あの銘柄のせいで…(怒)」と、
愚痴りたくなる気持ちもわかります。

ですが、、、

誰かに責任を押し付けても、
運用成績が改善されることはありません。

きちんと負けた理由を分析して、
「理不尽にすら争う力」を培うのが、

利益を出し続けるためにも、
必要なスキルだと思うんですよね〜〜。

– 中原良太

 

PS

着実な利益を狙いたいのであれば、まずは基本的な投資戦略を学ぶのが近道だと思います。手始めに、この本を読むのがオススメです!

http://amzn.to/2gqXT9J