パートナーに快く投資をサポートしてもらうためにできる3つのコト

パートナーに快く投資をサポートしてもらうためにできる3つのコト
パートナーに快く投資をサポートしてもらうためにできる3つのコト

「配偶者にバレずに投資できませんか?」という相談を受けました。

お、あるあるネタですね!
リスクテイカーと保守的な倹約家のカップルが、
よく悩んでいるんですよね。
投資ってギャンブルに捉えられがちですから、こういう悩みを抱えている方は少なくありません。そんな方の為に、今回は「パートナーに投資を応援して貰う方法」を伝授します。

 

目的

  1. なんで知られたくないの?
  2. 配偶者に悟られずに投資をするのは不可能
  3. 納得プランを計画しよう
  4. パートナーの意見も尊重する
  5. きちんと利益を還元する
  6. まとめ

 

1. なんで知られたくないの?

なんで知られたくないの?

そもそも何故、投資がバレるとマズいのでしょうか?

この理由は1つだけです。
「損するのが怖いから」

「損したらあの人、どんな顔するだろう?」
「投資なんてギャンブルとしか考えてくれないんだよな…」

こう考え始めると、「将来のための投資」ですら「夫婦喧嘩のタネ」になり得る訳です。

しかし、貯金だけでは効率が悪いのも事実。パートナーのことを想いつつ投資しようとしているのに、反対されるのは納得ができませんよね。

 

2. 配偶者に悟られずに投資するのは不可能

配偶者に悟られずに投資するのは不可能
証券口座を保有している方にとっては常識ですが、
「投資をしていると書類が常に送られてくる状態」
になります。

つまり、黙って投資を始めたところですぐにバレてしまうんですね。

加えて、
「黙って納得いかないことに多額のお金を使われた」
事実を知れば、配偶者は黙っていないでしょう。

もし長い間かけて築いた貯蓄を納得いかない理由で使われば、夫婦の信頼関係は危機に直面します。これは、利益を得ようが損失を出そうが関係ありません。

 

3. 納得できるプランを計画しよう

納得できるプランを計画しよう
パートナーに納得してもらうには、現実的なプランを立てる必要があります。
特に男性の方は女性に比べて攻撃的過ぎる投資をする傾向があるので注意が必要です。

例えば、
「投資に使う上限額はxx円」
「xx円損したら、1ヶ月間投資を停止」
という厳しいルールを設定しましょう。

「どんなに失敗しても、これしか損できません」
と、リスクを制限してあげることでパートナーは安心してくれます。

加えて、まず「あなたが譲歩する」ことで「あ、私も譲歩しなきゃ」と心理的に説得しやすくなりますからお勧めです。

 

4. パートナーの意見も尊重する

パートナーの意見も尊重する
「この株主優待が欲しい!」
時には、投資についてパートナーが意見を出したりします。

この時、絶対にこの意見を無視してはいけません。
そもそも、あなたも自分のエゴを実現している訳ですから、パートナーにその権利が無いのは不平等というものでしょう。

明らかに投資してはいけない理由があるのであれば、やんわりとその理由を伝えるのが筋というもの。むしろ、パートナーのおかげで良質な投資対象が見つかることもよくあるのです。

あなた一人でなく、家族全体がより充実するために運用するよう心がけましょう。

 

5. きちんと利益を還元する

きちんと利益を還元する
貴重なお金を使わせてもらっているのですから、利益を得たらきちんと還元しましょう。

例えば、配当金やキャピタルゲインを得られたのであれば、そのお金でちょっと豪華なご飯や旅行をして恩返ししましょう。

投資が上手くいくとついつい複利運用したくなりますが、投資を始める理由は生活の充実が起点だったはず。パートナーの協力なしでは実現できなかった利益ですから還元するのが礼儀です。

 

6. まとめ

まとめ
どんなにパートナーを愛していても、お金にまつわる口喧嘩は絶えないもの。

時にはパートナーと正面から向き合い、
将来について腹をわって話し合う時間が必要なのでは?