利益を出すのに必要な視点

日本株は大幅下落、これから大丈夫?
利益を出すのに必要な視点

興味深い記事を見つけました。

From: 中原良太
横浜の自宅より、、、

暇だなぁ。。。

仕事もひと段落したし、

見たかったアニメも全部
見終わっちゃったし。

パソコンはバックテストで、
今夜は埋まっちゃってるし。

アイデアの書き出しだとか、
動画の収録だとか。

一通り済ませちゃったし。

奥さんは仕事に行ってて、
遊び相手は居ないし。

うーむ。
どうしたものか。

暇で暇で、しょうがない。

 

時間の使い方が分からない…

ふだん、ぼくは、
忙しい生活を送っています。

仕事は予定でぎゅうぎゅう詰めだし、

家に帰ってからは、
バックテスト三昧で、

ずっと相場の分析をしているし。

いざ、時間ができたときは、
何をすれば良いのか分からない。

本を読むにも、
仕事でクタクタだから、

文字が頭を素通りして、
まったく入ってこない。

かといって、
がっつりゲームするほど、

時間があるわけではないし。

このスキマ時間。
どう使おうか。

ううむ、難しい。

 

暇さえあれば…

暇なとき。

ぼくは大抵、
テットサーフィンに時間を使います。

芸能人のゴシップ、
政治に関すること、
最近の流行り、

などなど。

他愛のないことを調べては、
話のネタを探しています。

ニュースサイト巡り、
ツイッターの巡回、

際限なく時間を潰せるので、
便利なんですよね〜。

 

興味深い記事

今回も、いつもどおり、
ツイッターを巡回して、

面白いネタを探していたのですが、

その間に、ふと興味深い記事を見つけました。
それが、コレ。

https://curazy.com/archives/193051

素朴な内容ですが、
とても心に響いたので、
共有させて下さい。



この記事では、

「自分がされて嫌なことは、人にしてはいけない」
という言葉について、

考察が書かれています。

ぼく自身、
父母から同じことを言われたことがあり、

とても人ごとだとは思えませんでした。

記事の中では、
このように問題提起されています。

「自分がされて嫌なことは、他人にしちゃダメよ」
って言うけれど

自分がされてどう思うかより、

その相手がされてどう思うか?
が大事だと思う。



この言葉、

生きていく上で、
とても大事な考え方だよなぁ…(小並感)

平凡な感想かもしれませんが、
これ、本当にそう思ったんですよね。

特に、、、

僕らトレーダーにとっては、

利益を出すために、
必要な視点だと思うんです。

 

自分の解釈は絶対ではない。

僕らトレーダーにとって、
「自分の考えを持つこと」は、
とても重要です。

この軸がブレてしまうと、

トレードするときには、
一貫性のない取引をしてしまって、

安定した成績を出せないからです。

ただ、、、

それと同等に、
「世間一般のトレーダーの考え方」を、
知る力が大事だと思います。

並大抵のトレーダーには、
株価を操縦することなんてできない訳で、

利益を出すためには、
自分の意見ではなく、

何よりもまず、
「周りのトレーダーが何を考えているか?」
が大事だと思うんですよね。

短期的な視点で見ると、

株価を動かしているのは、
決算内容などではなく、

トレーダーが達が、
その銘柄をどう「解釈」しているか?

だと思うんです。

つまり、、、

どんなに自分で、

「この企業は素晴らしい!」
「こんなに安いんだから、買わない手はない!」

と思ったところで、

周りが同じように考えていなければ、
株価は上がらないんです。

自分の感覚と、
一般的なトレーダーの感覚がずれると、

不人気過ぎて株価の上がらない銘柄だとか、

すでに買われ過ぎていて、
下落余地しか残されていない銘柄だとか。

そういった銘柄を買ってしまって、
損を被る危険があると思うんです。

「郷に入っては郷に従え」
なんて諺がありますが、

相場の世界では、
むっちゃ大事だと思っていて。

周囲のトレーダーの、
意見・感覚・戦略などを、

知っておかないと、

遅かれ早かれ、
痛い目を見ると思うんですよね…。

「確固たる投資戦略を持つこと」
が大事なのは当たり前ですが。

それ以前の問題として、

「周囲の解釈」を知った上で、
それに合わせて自分の戦略を練ることが、

大事なんじゃないかなぁ…。

– 中原良太

 

PS

相場の状況に合わせて、どんな投資戦略を使うべきなのか? 基本的な使い分け方を、この本でご紹介しています!

http://amzn.to/2gqXT9J