アイデアを共有するほど投資が上手くなります。

アイデアを共有するほど投資が上手くなります。

ABOUTこの記事をかいた人

最年少で「YAHOO! 投資の達人」に選ばれた(当時22歳)。同サイトでの予想の年別パフォーマンスは、2015年「+480%」、2016年「+1024%」2017年「+943%」。最年少ながら、2015 年に「ベストパフォーマー賞」「通年最⾼勝率者賞」の2⼤タイトルを獲得。TV 出演や四季報オンラインでの連載を経験。
アイデアを共有するほど投資が上手くなります。

価値がありそうなアイデアほど人には話したくなくなるもの。

投資を始めて間もない頃、一番大きかった悩み。それは、「誰も教えてくれないこと」でした。

良いアイデアが見つかったとしても、質問できない。
「このアイデアを盗まれたくない」
「でも誰かにアドバイスして貰いたい」

投資家が誰しも抱えているジレンマがこれなんです。

私たちは、このジレンマに対してどのように対処していくべきなのでしょうか?

 

目次

  1. アイデアを公開してしまうのはリスキーなのか?
  2. アイデアを公開することで得られる3つのメリット
  3. まとめ

 

1. アイデアを公開してしまうのはリスキーなのか?

アイデアを公開してしまうのはリスキーなのか?

ところで、アイデアを他の人に渡してしまうことはそれほど大きなリスクなのでしょうか?

例えば、「アイデアを話してしまってせいで使えなくなってしまう」危険はあるのでしょうか。

うーむ、難しいですね。
相談相手が倫理観に乏しく行動力溢れていれば、そういった危険性はありそうですよね。

しかし、殆どの場合はそんな危険性は殆どないでしょう。
特に、「使えなくなってしまう」のはなかなかハードルが高いと言えるでしょう。

むしろ、1人や2人がアイデアを知っただけで「使えなくなってしまう」なんて、アイデアとして価値が低いです。何故なら、「同じことを思いついた人が現れれば、なんの予兆もなくすぐに効果が無くなってしまう」から。

そう考えると、相談してみるのも良い選択な気がしてきます。

 

2. アイデアを公開することで得られる3つのメリット

アイデアを公開することで得られる3つのメリット

では、思い切って「アイデアを打ち明けてみた」場合を考えてみましょう。
あなたは、どのようなモノが得られるのでしょうか。

大きく分類して、3つのメリットがあると考えています。

(1) 心理的解放感

秘密を抱えるのは誰にとっても辛いもの。ですから「今まで話せなかったことを打ち明けられた」というだけで、精神的に楽になれるのです。

(2) フィードバックが得られる

公開することで、初めてあなた以外の人がアイデアを吟味することとなります。あなたにとっては完璧だったり、問題だらけな所があるかもしれませんが、どちらの場合でもフィードバックは有用なんです。

* 「完璧」と思っていた場合:新たな問題点が見つかる可能性
* 「穴だらけ」と思っていた場合:穴埋めできる解決策が見つかる可能性

このように、新たな視点を加えることでアイデアは急激に具体化することとなります。

(3) 発言により曖昧さが薄れる

人に物事を伝えるためには、「それが何であるのか」を明確に口にしなければなりません。よって、「なんとなくこんな感じ」というアイデアを、改めて定義したり仮説を明らかにしなければならない訳です。よって、公開することで今まで曖昧だったアイデアが明確化されるのです。

 

3. まとめ

まとめ

アイデアを公開するしないに関わらず、「協力を得る」というのは投資活動を高速で改善するための重要な戦略です。

特に、漠然とした悩みのせいで行動を起こせなかったり、
同じ悩みをぐるぐる巡っているのは時間の無駄ですよね。

ぜひ1度、オープンになってみてはいかがでしょうか。
(勿論、私も喜んで相談相手になります!)