憧れるッッッ!!!(;ω;)

ABOUTこの記事をかいた人

最年少で「YAHOO! 投資の達人」に選ばれた(当時22歳)。同サイトでの予想の年別パフォーマンスは、2015年「+480%」、2016年「+1024%」2017年「+943%」。最年少ながら、2015 年に「ベストパフォーマー賞」「通年最⾼勝率者賞」の2⼤タイトルを獲得。TV 出演や四季報オンラインでの連載を経験。
憧れるッッッ!!!(;ω;)

スピード、嗅覚、バランス感覚。

From: 中原良太
横浜の自宅より、、、

億トレーダーと呼ばれる、
ごく一握りのトレーダー達には、

そんな資質があるような気がします。

凄腕だとか、
神業だとか、
カリスマだとか。

そういったものに、
すごく憧れる。

憧れるものの、
自分のセンスの無さについては、
自分自身が、誰よりも知っているから。

憧れはあるものの、
なかなか上手くいかないんですよね。

類まれなセンスで実現できる、
120点の資産運用。

そんなものに、
ついつい憧れてしまう。

何百万円、
何千万円といった利益を、

たったの数日のうちに稼いでしまう。

自分では無理だと分かっていながら、
ついつい、真似したくなるんですよね…。

うぅ〜ん…
憧れるッッッ!!!(;ω;)

 

スピード、嗅覚、バランス感覚。

凄腕のトレーダー達には、

スピードだとか、
嗅覚だとか、
バランス感覚だとかが、

抜群に優れている気がします。

ただし、、、

彼らの技術というのは、
なかなか言語化するのが難しかったり、

模倣するのが困難なんですよね。

彼らのような運用方法は、
個人的には真似するべきでないと思っていて。

凡人の僕からすれば、
「真似する」こと自体が、
危険な気がしてならないんですよね。

天才と呼ばれるトレーダー達は、
時として、常識はずれな取引をします。

1銘柄に、運用資金の全てを投入したり、

仕手株や低位株などの、
「ザ・危険株」を買い付けたり。

でも、、、

こういった取引方法は、
センスがあるからできるのであって、

「自分にもできて当たり前」と考えるのは、
筋違いな気がするんです。

120点の取引ができる、
彼らだからこそ、実現できるんですよね。

 

平均70点で良いから…。

凡人の僕には、
彼らのように、120点のトレードはできません。

そのかわり、
相場をひたすら分析して、
地道な努力を重ねることで、

平均70点のトレードなら、
出来ると思っています。

これこそ、
システムトレードの、
良いところだと思うんですよね。

裁量トレードは、
当たれば120点を。
外れれば0点の、
振れ幅の激しい手法ですが。

システムトレードなら、
大当たりもないけれど、
大ハズレも少ない。

平均70点の取引が、
できると思うんです。

努力次第で、
平均85点ぐらいの取引が、
できる気がするんですよね。

システムトレードでは、
株を買い付けるタイミングが、
早すぎたり、遅すぎたり。

上を見れば、
キリがないぐらい、
穴がある取引手法なのですが。

それでも、
こんな僕ですら、
70点が狙えるのだから、

こんなに良い取引手法は、
ほかにない気がするんですよね〜…。

勘に頼るのではなく、
愚直に過去データを分析して、

起きた事象だけを、
冷静に分析する。

裁量トレードには、
痛烈に憧れるけど。

システムトレードなら、

たとえ飛び抜けた才能が無くても、
凡人な僕にでも、できると思うんですよね…。

– 中原良太

 

PS

着実に利益を積み上げる方法。僕の知る基本全てを、この1冊にまとめましたー!

http://amzn.to/2gqXT9J