[経験者向け]ボリンジャーバンドvs移動平均乖離率

デイトレで利益を伸ばすコツ
[経験者向け]ボリンジャーバンドvs移動平均乖離率

この悩みを解決できる気がするんですよね〜…。

From: 中原良太
横浜の自宅より、、、

さいきん、
ぼくがよく使っている指標。

「ボリンジャーバンド」

指標の計算式だとか、
指標の意味だとか。

そういったものは、
とても複雑なので、
今までずっと敬遠してきたのですが…。

この指標の有効性を、
再認識しているところです。

 

ボリンジャーバンドvs移動平均乖離率

ボリンジャーバンドというと、
移動平均乖離率と似た指標です。

基本は、移動平均線を基準に、
算出されている指標なので、

このどちらを使っても、
有効なことが多いです。

「じゃあ、具体的に何が違うの?」
と言うと、

移動平均乖離率では、

乖離率を使った、
固定された状態でシグナルを出せますが、

ボリンジャーバンドでは、

ボラティリティに応じて、
もっと可変的にシグナルを出せます。

もっと踏み込んだ話をすると、

移動平均乖離率では、

「値動きが緩やか」な銘柄からは、
殆どシグナルを出せることが無く、

「値動きが激しい」銘柄からは、
多くのシグナルを出せるという、

特徴があります。

合計損益の最大化を狙う時には、
この指標が有効なことが多いですねー。

一方、、、

ボリンジャーバンドでは、

「値動きが緩やか」な銘柄からも、
「値動きが激しい」銘柄からも、

同じくらいの頻度で、
シグナルを出せます。

合計損益は、多少犠牲になりますが、

「全銘柄」を対象としたルールを作るときや、
相場に依らず安定した成績を出したいときなど、

使いやすい指標でもありますねー。

 

ボリンジャーバンドに着目した理由

そもそも何故、
ボリンジャーバンドに着目したのかというと、

移動平均乖離率だと、
「仕手株にやられやすい」気がするからです。

移動平均乖離率は、
合計損益の最大化に有効だと思うのですが、

「値動きが激しい銘柄」から、
シグナルが出やす過ぎる傾向があります。

それもあって、
仕手性の高い銘柄が出てくると、

ドカンとやられやすいという、
弱点があると思うんですよねー。

テーマ株やら、
急騰したことのある銘柄を掴むと、

大きくやられてしまうんですよね…泣

テーマ株やら、急騰株は、
新興株に多い傾向があることから、

「大型株」に強く、
「新興株」に弱い。

そんな指標とも言えそうですねー。

一方、ボリンジャーバンドは、

「新興株」を狙っても、
そこそこ安定した成果が得られると。

そんな傾向がある気がするんですよね…。

 

脱・移動平均乖離率

最近、大型株の中からも、
仕手感のある動きをする銘柄が、
目立ってきています。

これもあり、
移動平均乖離率を使ったルールだと、

直近の資産曲線が、
不安定となることが多い気がするのですが…。

この状況を打破するためにも、
「ボリンジャーバンド」は、
1つの武器となる気がするんですよねー。

「仕手株が苦手…」
「テーマ株が苦手…」

などなど。

ぼくらシステムトレーダーなら、
この壁にぶつかる方が多いと思うのですが…

ボリンジャーバンドを使うことで、
この悩みを解決できる気がするんですよね〜…。

– 中原良太

 

PS

基本的な投資戦略を学びたい方は、この本を読むのがオススメです。

http://amzn.to/2gqXT9J