何も分からない…。゚(゚´Д`゚)゚。

もう日本株は天井打ち?(泣)
何も分からない…。゚(゚´Д`゚)゚。

…バカなのかな。ぼく。

From: 中原良太
横浜の自宅より、、、

分からない。
何も分からない…。゚(゚´Д`゚)゚。

…バカなのかな。ぼく。



ぼくは、優柔不断です。

何が正しくて、
何が間違っているのか。

いつだって分かりません。

「よっしゃ、これだ!」と、
勢い任せに物事を決めるのが、
とても苦手です。

それこそ、、、

奥さんと外食するだけでも、
「オムライスにすべきか…」
「回転寿司にすべきか…」
「カレーライスにすべきか…」

などなど。

食事先を決めるだけでも、
苦労がたえません。

「お腹の空き具合で言うと、カレーライスかな…」
「でも、気分的には和食が食べたい…」
「栄養バランスで見ると…」

などなど。

色々と考えているうちに、
どんどん、分からなくなっていくんですよね汗

そうこうしているうちに、

たいていの場合、

奥さんが、
「私はカレーの気分かな」と言い、

そちらに流されるのですが笑

…とにかく。

そんなこんなで。
「何が良いか?」を決めるのって、

ぼくにとっては、
むっちゃ難しいんですよね。

 

大量の選択肢

そんなとき、ぼくは悩むと、
「大量の選択肢」を出すようにしています。

何か分からないことがあると、

考えつく限り。
全てのアイデアを出し切ってみる。

たいてい、悩みの種というのは、
「どれを選んでも微妙だなぁ…」
というときなので。

少しでも納得感が得られるように、
選択肢をとことん増やすようにしています。

食事の例であれば、

「オムライスにすべきか…」
「回転寿司にすべきか…」
「カレーライスにすべきか…」

はたまた、

ハンバーグか、ステーキか、焼肉か、
刺身定食か、牛丼か、ラーメンか、
野菜炒めか、麻婆豆腐か、鍋か。

頭にあるものを、
一度すべて出し切ってみて。

とりあえずで良いから、
口に出してみる。

そして、一番しっくりくるもの。

マシなものや、
無難なものではなく、

「これだ!」と思えるものを
選ぶようにしています。

こんな感じで、
一度、頭の中のものを出し切ってみると、

分からないことは分からないなりに、
案外、すんなりと決められるんです笑

何より、自分にあるアイデアを全て出し、
いわば全力を出して考えているからか、

自分の選択に自信を持てるんですよね(゚ω゚)

 

システムトレードの場合

トレードにおいても、
ぼくは、しょっちゅう悩んでいます。

よく悩むのが、

「どの指標を使おうか?」
「どの日数を使おうか?」

という2点。

たった1つの条件式。

些細なことに聞こえるかもしれませんが、

この1つを間違えるだけで、
トレードの質は全く変わってしまいます。

そう考えると、
これぐらい細かい部分にまで、
こだわりたいと思うのです。

たくさんの分岐点がある中で、
1つ1つを自分で決めていかなきゃいけない。

これが、想像以上に、
なかなか骨が折れるんですよね。

 

日数を変える、指標を変える。

そこで、、、

新たな条件式を追加するとき。

「どの指標を使おうか?」
「どの日数を使おうか?」

という悩みが起きた時には、

この場合も、
大量の検証結果を取るようにしています。

「どの指標を使おうか?」と悩んだ時には、

幅広い日数で、
傾向が確認できた指標を探す。

「どの日数を使おうか?」と悩んだ時には、

幅広い指標で、
傾向が確認できた日数を探す。

1ミリでも再現性を高めるために、

1つ1つの意思決定の裏、
分岐点があるたびに、

何十回、何百回と言う、
膨大な検証結果を用意しています。

考えつく限り、検証する。

そして、その中から、
最も再現性と収益性が、
イチバン高そうなものを用意する。

このひと手間があるか、無いかで。

自分の決めたことに対する、
自信というか。信頼感というか。

こういったものが、
段違いで変わってくる気がするんですよね〜。

– 中原良太

 

PS

順張り、逆張り、押し目買い。基本的な3つの投資戦略を、この1冊でご紹介しています。

http://amzn.to/2gqXT9J