何が楽しいの?汗

何が楽しいの?汗

ABOUTこの記事をかいた人

最年少で「YAHOO! 投資の達人」に選ばれた(当時22歳)。同サイトでの予想の年別パフォーマンスは、2015年「+480%」、2016年「+1024%」2017年「+943%」。最年少ながら、2015 年に「ベストパフォーマー賞」「通年最⾼勝率者賞」の2⼤タイトルを獲得。TV 出演や四季報オンラインでの連載を経験。
何が楽しいの?汗

いやぁ、これが楽しいんだよなぁ。

From: 中原良太
東京メトロの車内より、、、

ここ最近、
スイング戦略の開発に、
力を注いでいます。

特に力を入れているのが、
相場の傾向分析です。

様々な角度から、
銘柄の動向を調べて、

利益につながりやすい株の、
共通点や特性などを、

調べまくっているところです。

仕事帰りの疲れた体に鞭打って、

ノートパソコンを開き、
ただひたすらバックテストを繰り返しています笑

どんなことを調べているのかというと、、、

 

特徴ある銘柄の値動き

特徴ある値動きの銘柄の、
その後の動向を調べています。

高値更新中の銘柄
安値更新中の銘柄

上昇トレンドの銘柄
下落トレンドの銘柄

高値圏の銘柄
安値圏の銘柄

高値更新中で、上昇トレンドの銘柄
高値更新中で、下落トレンドの銘柄



エトセトラ。

かれこれ、傾向の分析をするためだけに、
1000回以上のバックテストを繰り返しています。

きっと、あなたなら、
ぼくの気持ちを分かってくれると思うのですが、

日々、新しい発見の連続なので、
楽しくて楽しくてしょうがありません笑

奥さんからは、
「そんなに数字眺めて、何が楽しいの?汗」
と苦言を呈されることもありますが。

いやぁ、これが楽しいんだよなぁ。

 

基礎研究

今やっている分析は、
「基礎研究」とも呼べる、
初歩の初歩の研究です。

単調で地味だけれど、
こういった研究はおろそかに出来ません。

全ての投資戦略は、
地味な基礎研究から生まれるからです。

すべての源となる、
大事な基本ですので、

ここだけは徹底的に行うようにしています。

比率で言えば、
全てのバックテストのなかでも、

基礎研究は8割
投資戦略の本格的な改良は2割。

これぐらいの配分で、
研究を進めるぐらいで、
ちょうど良い気がします。

条件式の細かな調節だとか、
そういった改良作業は、

時間こそかかるものの、

新しいアイデアだとか、

傾向などの知恵は、
なかなか手に入らないんですよね。

極論を言えば、

そういった改良は、

「うまく行くか」
「うまく行かないか」

でしかなくて、

こちらこそ、流れ作業で、
単調に進めれば良いと思うのです。

機械化しようと思えば、
できる部分とも思います。

悪く言えば、
単なる「数字合わせ」ですから、

ここの部分をこだわっても、
あまり意味が無いと思っていますねー。

 

Googleスプレッドシート

得られた検証データは、
Googleスプレッドシートに
すべて保存しています。

こんな感じに。

何が楽しいの?汗

 

一見、意味がないように見えるデータも、

のちのち振り返ってみると、
改良アイデアにつながることもあるので、

データの集計は欠かさずに行っています。

時間があるときには、

スマホでデータを開いて見返したり、
家でボーッと眺めています。

ここを眺めているだけでも、
新しいトレードアイデアが、
次々に浮かんでくるんですよね。

すべてのアイデアが
有効ということではありませんが、

10つに1つが役に立てば、
それだけで十分じゃないかなぁと。

そう思うんですよね〜…。

 

基礎をおろそかにしてない?

これまでメルマガでは、
何度も何度も申し上げてきましたが、

この基礎研究は、
本当に、むちゃくちゃ大事なんですよね。

ここが抜けてしまうと、

土台のないところに、
家を建てているのと同じです。

そんな家、安心して住めませんもんね。

長く使う投資戦略を作るためにも、

土台のところから、
地道に、丁寧に。

様々な角度から分析するのが
大切だと思うんだよなぁ…。

– 中原良太

 

PS

着実に利益を出し続ける。そのための基本的な考え方を、この1冊にまとめました。

http://amzn.to/2gqXT9J