肉は飲み物である。

肉は飲み物である。
肉は飲み物である。

百聞は一見に如かず、百見は一食に如かず。

From: 中原良太
神戸のホテルより、、、

ふぅ〜〜〜…。
お腹いっぱいだ…。

食べ過ぎた…。
苦しい…。

息するだけでも、
やっとの思いだ…(;´Д`A

 

義姉の結婚式

今、ぼくは、

義姉の結婚式のために、
神戸へとやってきています。

義姉とは6年前から、
何度か会ってもらっていて、

いつも可愛がってもらっていたので、
結婚式も楽しみにしていました(*^ω^*)

いったい、どんな式になるんだろう?
楽しみだなぁ…!

 

裏の目的:神戸牛

そして、結婚式と同時に、
ぼくらは神戸を観光もするつもりです。

そのために、
2泊3日の日程を組み、

徹底的に兵庫をリサーチして、
めぼしい場所を探して、、、

がっつりとプランを
組んでおきました。

特に、行きたいと思っているのが、

パンダやコアラなど、
珍しい動物が沢山いる
「王子動物園」と、

山からの景色が綺麗で、
ロープウェイを使って行く、
「ハーブ園」。

そして、なにより、、、

神戸の特産品でもある、
「神戸牛」を食べることです。

テレビで何度か見ていたものの、
一度も口にしたことがなかったので、

これだけでも、
むちゃくちゃ楽しみにしてきました!

美味しい神戸牛を頂くべく。

神戸に来る前々から、

グルメな大先輩に、
オススメなお店を聞いて、

こんなお店を教えてもらい。

炭焼肉 石田屋。

神戸牛を食べる気マンマンで、
ずっと楽しみにしてきました〜!

 

神戸牛は飲み物。

そんでもって、

ついさっき、石田屋。さんで、
神戸牛を頂いたところなのですが…。

もう、大満足。

神戸牛を食べ過ぎて、
お腹が破裂しそうなぐらい。

普通、こういうお店って、

「1人前」を頼むと、
「1人1枚」だけ、

チマチマとお肉を出す
そんなお店ばかりだと思うのですが、

ここのお店はかなり良心的で、
1人前を頼むと、お肉が2枚もついてくる。

おかげさまで、

神戸牛の感動を、
2回ずつ味わうことができました。

出てきたお肉は、
こんな感じでした。

肉は飲み物である。

もう、ね。
見た目から違いました。

細かく入る脂。
口にいれた瞬間とろける感動。

あまりに感動して、

ぼくの奥さんは、
「溶ける!溶けるよ!」
「神戸牛は飲み物なんだね…!」
と、感動していました…笑

食べ過ぎて、
もうお腹いっぱい。

幸せで胸がいっぱい。

膨らんだお腹と胸を抱えて、

ウップウップと言いながら、
やっとの思いでホテルまで戻ってきました…。

 

百聞は一見に如かず、百見は一食に如かず。

いやぁ、感動。

ずっとずっと、
テレビで見たことのあった、神戸牛。

「美味そう!」
「食べてみたい!」
と、ずっと憧れていただけあって、

食べられたときの感動たるや、
胸の奥からジーンとくるような、
何とも言えない感覚がありました。

やっぱ。見ているだけでも、
食べた気にはなれますが…。

実際に食べてみると、
全然違いますよねー。

「百聞は一見に如かず」
なんて言葉もありますが、

「百見は一食に如かず」
とでも言いたい気分です笑

やっぱ。
実際に口にしないと、
この感動は分からないですよ…。



そうそう。

「見たことある」
「聞いたことある」

「…でも、やったことない」

なんてこと、沢山ありますよね。

最近はインターネットやテレビなど、
情報源が多様になってきて、

「見たことある」
「聞いたことある」

っていうものごとが、
増えている方も多いと思いますが…。

それで「分かった気になる」ってのは、
少し違うような気がするんですよねー。

やはり、実際に体験しなきゃ。

本当の意味で「分かる」ことは、
出来ないと思うんですよ…。

トレードの場合も同じで、

「本で読んだことある」
→ だから自分は分かっている、できる!

「動画で聞いたことある」
→ だから自分は分かっている、できる!

なんて。

こんなことを考えてしまいがちなのですが。

「知る」と「分かる」と「できる」って、

思っている以上に差があるんですよね。

「知る」のはむっちゃ簡単ですけど、
「分かる」には実践が伴わなきゃいけないし、
「できる」には練習が伴わなきゃいけない。

「知る」=「分かる」でもないし、
「知る」=「できる」でもないんですよね。

このあたりを、
捉え違えてしまうと、
けっこう危ないと思うんですよねー。



ふぅ。。。

美味しかったなぁ。
神戸牛。

また食べに行きたいなぁ。
あの感動は、忘れられないなぁ…。

– 中原良太

 

PS

「できる」トレーダーになる第一歩として、この本を読むのがオススメです!

http://amzn.to/2gqXT9J