IT企業に投資するなら絶対に確認すべき5つのポイント

IT企業に投資するなら絶対に確認すべき5つのポイント
IT企業に投資するなら絶対に確認すべき5つのポイント

「コンテンツ・イズ・キング」Microsoft社CEOのビル・ゲイツが15年前に残した格言として、非常に有名です。

IT企業の多くはポータルサイトや検索サイト、SNSなどを作成し立ち上がっては潰れていく。この繰り返しですよね。

かくいう私も、本メールマガジンが埋もれてしまわないようのせかせかとネタを探したり、結構時間をかけています笑 みなさんに面白い情報をお届けしたいですからね^^@

そんなこんなで、情報社会において「コンテンツ」は非常に重要な因子と言えます。過多な情報の中で唯一生き残るのは、「価値ある情報を届けている」企業だけですからね。

では一体、情報の価値って、どうやってはかるものなのでしょうか?
情報の価値を測定する方法論は、様々なサイトで紹介されていますが、その中でも私が一番使っている評価方法を本記事では紹介していきます。

 

目次

  1. 情報の価値を評価する5つの方法
  2. まとめ

 

1. 情報の価値を評価する5つの方法

情報の価値を評価する5つの方法

情報の価値は需給、汎用性、恒常性が重要だと考えられています。

ですから、

  1. 10年後にも価値があるのか?
  2. 世界的に価値があるのか?
  3. 真実なのか?
  4. 誰も知っていないことなのか?
  5. 情報を得るのは大変なのか?

情報の価値を測る時には、これらの質問に答えるのを習慣付けましょう。

NAVERまとめなど、まとめサイトが流行しているのは重要な情報だけをピックアップし、30分掛けなければ得られないようなまとまった情報を、5分で得られるようにしているからと言えるでしょう。

同様に、私の有料シグナル配信を読んでくれている方がいるのも、「人数限定」でしか販売できない、希少価値の高い情報だからと言えるでしょう。

他にも、メディアを騒がせているSTAP細胞は発表当初は全ての条件を満たしている最強の情報だったものの、(3)が揺るがされてしまったが故に、もはや「炎上ネタ」として利用されています。

 

2. まとめ

まとめ

とにかく、、、
IT企業の主な事業内容は「情報を提供するサービス」というものでしょう。
ゆえに、これらのテストを実施し、本当に有用なサービスを提供しているのかを事前にチェックしておくことで、急激な顧客離れなどを回避できるかもしれませんね。

あなたは、情報の価値って何だと思いますか?