ほ〜ら、やっぱりねw

高値づかみを防ぐ方法

ABOUTこの記事をかいた人

最年少で「YAHOO! 投資の達人」に選ばれた(当時22歳)。同サイトでの予想の年別パフォーマンスは、2015年「+480%」、2016年「+1024%」2017年「+943%」。最年少ながら、2015 年に「ベストパフォーマー賞」「通年最⾼勝率者賞」の2⼤タイトルを獲得。TV 出演や四季報オンラインでの連載を経験。
ほ〜ら、やっぱりねw

(子供っぽい!とバカにされるかもしれませんが苦笑)

From: 中原良太
横浜の自宅より、、、

ぼくはヲタクです。

世間一般で言われている、
ヲタク像から例に漏れず、

ゲームが大好き。
アニメも大好き。

奥さんからは、
「なにが良いんだか…」と、
呆れられてしまうほど。

ゲームとアニメさえあれば、
家から一歩も出なくとも、

楽しく過ごすことができます。

このヲタク気質は母譲りで、

母もまた、ゲームが大好きで、
物語なども好んで読んでいます。

(母の場合は、アニメではなく小説ですが笑)



とにかく。

あまりにアニメが好きなので、

鑑賞していると、
いつの間にか夜中になっていたり、
土日休みが終わっていたり。

あっという間に時間が過ぎてしまうんですよね…

 

アニメ同好会

シアトルに留学した時には、
大学のアニメ同好会に参加し、

キャンパスの中で、
アニメ鑑賞会に出席していたほどです。

さらには、アニメ仲間と集まって、
現地のコミケにも参加してきました。

とにかくアニメが好きで好きで、

上手くいかないことがあったり、
落ち込むようなことがあったときには、

アニメでストレスを発散したりしています笑

暗い部屋の中、
パソコンにアニメを映し出し、

泣いたり、笑ったり…。

気持ち悪いと思われるかもしれませんが、
好きなのだからしょうがない。

とにかく、それぐらいヲタクなんです…。

 

好きなアニメは…

中でも好きなアニメは、

(子供っぽい!とバカにされるかもしれませんが苦笑)

「名探偵コナン」というアニメです。

これは「シャーロック・ホームズ」という、
推理小説をリスペクトして作られた、

少年少女向けの推理アニメです。

あまりに好き過ぎて、

小学生の頃には、
「コナン(主人公)のようになりたい!」と、
願っていたものです笑

どこかで殺人事件が起きて、
たまたま居合わせた主人公が犯人を推理する。

ありがちな展開なのですが、

20年近く経つ今も、
未だに好きで映画を見たりしています笑

 

ほ〜ら、やっぱりねw

20年も同じアニメを見ていると、

だんだんとぼくも、
犯人を見分けられるようになってきます。

さいごのさいごに、

主人公が推理を終え、
「犯人はお前だ!」と言う時、

「ほ〜ら、やっぱりねw」
と、予想が当たることも多々あります。

予想があたったときの快感は、
なんとも言えないものがあるんですよね〜。

 

0から生み出す力

…まぁ、そんな話は良いとして。

ぼくはこのアニメの原作者を、
心から尊敬しています。

すごいですよね。
20年にも亘って、
推理アニメを続けられるだなんて。

ストーリーをひとつ考えるだけでも、
ぼくにはできない芸当です。

それを毎週、

当たり前のように続けている原作者は、
本当にすごいと思います。

「やっぱりね〜w」
なんて思うこともありますが、

それでもやはり、
ゼロからストーリーを生み出す作者には、
敵わないなぁと思うんです。

 

言われてみると当たり前のことでも…

さいきん、ヒシヒシと思うのです。

アニメを見ていて、
「ほ〜ら、やっぱりねw」と、
先行きが予想できることも、

自分で言うのもなんですが、
そこそこスゴいことだとは思うのですが。

それでもやはり、
その展開を生み出す本人に比べると、
とうてい敵わないんですよね。

「予想できる視聴者」は、
「予想させる作り手」には
とうてい敵わなくって。

言われてみると当たり前の展開だったり、
あるていど想定の範囲内だった展開だったり、

そういうのって、見ていても、
驚きだとか、感動というのは、
あまり感じないものなのですが。

それでもやはり、
そのストーリーを思いついた原作側には、
超えられないものを感じるんですよね。

 

当たり前に自分で気づけたか?

さいきん、
億トレーダーの方と、
対談する機会が多いのですが、

そんな中、よく思うのは、
「億トレーダーの人も、一般的なトレーダーと、知識レベルではそんなに変わらないなぁ…」
ということです。

もちろん、一流のトレーダーというのは、
幅広い知識を持っていて、

その姿を見ていて、
感動させられることもあるのですが。

それ以前に、
「当たり前のことを当たり前に実践している」
という印象を強く受けます。

昨日のメルマガでも書きましたが、

「逆張りはリスクが大きいので、基本は控える」
「チャート分析が大事」
「リスク管理が大事」
「トレード仲間を持つのが大切」

などなど。

億トレーダーが実践していることって、
言われてみると当たり前のことばかりなんですよね。

なにか特別な秘密があるというよりは、

やはり、
「当たり前のことを当たり前にこなしている」
のであって。

この当たり前に自分で気づけて、
きちんと実践できるのって、

本当に大事なことだと思うんですよね。

 

勉強していると…

トレードの勉強をあるていど進めると、

大体の知識だとか、
知恵を知っても、

感動できなくなってきます。

「そんなの、当たり前じゃんw」とか、
「ほ〜ら、やっぱりねw」とか。

そんなことを言いたい気すらします。

でも、、、

あらためて、
自問自答してみると。

「その当たり前に自分は気づけたのか?」
「予想できたけど、果たして自分は実践できていたのか?」

といったことを考えてみると、

案外、、、

自分では思いつけないことが多かったり、
予想できているのに、実践できていなかったり。

そんなことが多いんですよね。

知った気になってばかりで、
自分ではなにも考えていない。

ついつい、頭でっかちになってしまって。
ぜんぜん実践できていない。

このような人を、
巷では「ノウハウコレクター」と呼ぶようですが、

学びの姿勢が悪かったり、
実践を伴わなかったりすると、

ついつい、
「分かった気になる」だけで、

言葉の重みだったり、
実践の重要さに気付けないことが、
増えてくるんですよね。

けっきょく、、、

「学ぶ姿勢が大事」
「実践に活かす姿勢が大事」
なんですよね。

トレードの腕が上がってくると、

「そんなの、当たり前じゃんw」
「ほ〜ら、やっぱりねw」

と思うことが増えてきますが。

その思いをぐっとこらえて、
真摯に学び、実践に活かすという、

こういった基本的な姿勢が、
やはり大事だと思うんです…。

– 中原良太

 

PS

着実に利益を出すための基本的な考え方を、この1冊にまとめました!

http://amzn.to/2gqXT9J