億トレーダーの4つの共通点

億トレーダーの4つの共通点

ABOUTこの記事をかいた人

最年少で「YAHOO! 投資の達人」に選ばれた(当時22歳)。同サイトでの予想の年別パフォーマンスは、2015年「+480%」、2016年「+1024%」2017年「+943%」。最年少ながら、2015 年に「ベストパフォーマー賞」「通年最⾼勝率者賞」の2⼤タイトルを獲得。TV 出演や四季報オンラインでの連載を経験。
億トレーダーの4つの共通点

「成功している人は、ここが違うのかぁ…」

From: 中原良太
赤坂の貸し会議室より、、、

最近、イベントの打ち合わせなどで、
専業トレーダーの方とお話しする機会が
増えてきています。

新たにお知り合いになる方も、
何名かいらっしゃって。

かなり勉強させて頂いています…m(_ _)m

 

億デイトレーダーとお会いして…

お会いした方の中には、
何名か、億デイトレーダーの方が、
いらっしゃいます。

彼らは日中の相場を監視して、

大きなチャンスをつかみ、
コツコツドカンと利益を出しているようで。

短期間で大きな利益を残してらっしゃいます。

とあるイベントでは、
一緒に登壇させていただくこともあり、

彼らの取引手法について、
根掘り葉掘り聞かせて頂きました…!

 

億デイトレーダーの共通点

何名かのデイトレーダーの方と
お話ししていくうちに。

「億り人」と呼ばれる、
トレーダーの方には、

ある共通点があることに気づきました。

面白いもので、
一般的なトレーダーの方と、
億デイトレーダーと呼ばれる方では、

注目している銘柄は、
だいたい同じなんですよね。

ただ、、、

全然違うこともあって。
この違いが、成績の差を生み出しているような、
そんな気がしています。

…ということで、
今日は億トレーダーの方とお話ししてみて、

「成功している人は、ここが違うのかぁ…」と、
しみじみ感じた、

彼らの共通点というか、
一般的な投資家との違いについて、
ご紹介していこうと思います。

 

逆張りは殆どやらない

億トレーダーの方々とお話しをしてみて、
強く思ったのが、

彼らは
「逆張りをほとんどやらない」
ということでした。

日本の個人投資家の多くが、
逆張りスタイルを好むのに対して、
彼らはまったく逆のようなのです。

彼らが好むのは、
「順張り」や「押し目買い」といった、

人気株を狙った取引手法なんですよね。

ご存知の方も多いかとは思いますが、

逆張りトレードというのは、
「ナイフを掴むような取引法」
とも呼ばれていて。

たしかに高値づかみはしづらいんですけど、

その代わりに、
負けるときには大負けしやすい、
リスクの大きな取引手法なんですよね。

当たり前のことではありますが、

良い企業ほど
株価って右肩上がりに上昇するんですよね。

ぎゃくに、、、

悪い企業ほど
株価が右肩下がりに推移しやすくて。

そう考えると、

逆張りって、
「割安に株を買う」という
リターンだけじゃなくて、

「悪い企業を買ってしまう」という
大きなリスクを伴いやすいと思うのです。

ぼく自身、
初心者の方には
あまり逆張りはオススメできなくて。

かなり精神的負担が大きくて、
難しい取引手法だと思うんですよね。

 

チャートが大好き

億トレーダーの方の共通点として、
「チャートが大好き」という点も挙げられます。

短期で大きな利益を出している方は、
その多くがチャートの読み方を
無茶苦茶知っている。

特に彼らが好んで狙っているのは、

「チャートがキレイな」銘柄ですね。

きれーに着々と値上がりしている銘柄とか、
きれーに上昇トレンドを描いている銘柄とか、

こういった銘柄を特に好みます。

で、1銘柄のチャートの傾向を、
とにかく深く分析していますね。

銘柄によって取引している投資家って
つねに偏りがあって。

それこそ、

1銘柄だけを
常時取引しているトレーダーって、
一定期間は同じであることが多いんですよね。

で、そんな銘柄は
チャートが崩れにくい。

トレーダーの層が変わってきたり、
変に物色があつまると、
チャートの形がくずれて、
先行きが予想しづらくなることが
多いと思うのですが、

そうなる前は、
比較的利益を出しやすいみたいですね〜。

 

リスク管理の感覚に長けている

億トレーダーの共通点として、
個人的に一番大事だと思うが、コレ。

億トレーダーの多くは、
リスク感覚に非常に長けています。

スピーディに利益を出せる秘訣は、
ここだと思うんです。

彼らは、
「いける」というときに厚く張って、
「やばい」というときにはほとんど張らない。

このバランス感覚が
抜群に優れているんですよね。

何千万っていう資産を持っていたとして、
その半分以上を1銘柄に投じることも
あるみたいですね。

大きく貼る時の、
選球眼がほんとうにすごい。

もちろん、
このようにトレードしていると、
やられるときはやられも大きくなるのですが、
それでもやはり、

大きな利益を出してきた方って、
相応のリスクを取ってきているんだなぁって

しみじみ感じます。

ちなみに、、、

システムトレードって、
リスク管理については殆ど研究されてなくて。

これができないから
裁量トレーダーほど勢い良く
利益が出せないと思うんですよね。

ただ、億トレーダーの方の話を聞くと、
やっぱリスク管理を極めたいと思います。

僕らシステムトレーダーも、
リスク管理にメリハリを付けるとか、

すこし工夫をするだけでも、
成績がグンと高まるような気がしますね。

 

仲間が沢山いる。

とある億トレーダーの方は、

日中に取引している間は、
スカイプで仲間と相談しながら、

地合いについて調べたり、
狙い時の銘柄を知ったりとか、

リアルタイムで
情報交換しているみたいですよ。

そんだけ凄腕の人たちで
タッグを組まれてしまっては、

やっぱりシステムトレードでは、
裁量の人たちには敵わないなぁって思います。



とはいえ、、、

「成績の安定性」だとか、
「事前にリスクを知っておく」だとか、

そういう観点で見れば、
システムトレードはピカイチですので、

やはりぼくはこっちの方が、
性に合っていますね笑

裁量トレーダーの方たちの考え方も、
システムの中に組み入れていって、

もっともっと利益を狙えるように、
研究を重ねていきたいですねー。

– 中原良太

 

PS

着々と利益を出したいという方は、まずこの本を読むのがオススメです!

http://amzn.to/2gqXT9J