プログラマーの三大美徳はシステムトレーダーにも適用できる

プログラマーの三大美徳はシステムトレーダーにも適用できる
プログラマーの三大美徳はシステムトレーダーにも適用できる

スキルを超高速かつ簡単に、ハイレベルにまで成長させるための3つの秘密

シアトルで週に1回、プレゼンテーションの講座を受けているのですが、これがなかなか面白いんです。

多くの役員の方を指導してきた女性の方が講師なんですが、
「プレゼンの58%はボディランゲージで決まる」
「画像を入れる時には、この向きにした方が良い」
など、非常に細かい所にまで気を配る方法論を教えてくれています。

こないだ最後の講座を受けてきたところなのですが、最終課題として私は、
「スキルを超高速かつ簡単に、ハイレベルにまで成長させるための3つの秘密」

というテーマで合計9分間のプレゼンを行ってきました。
なかなか面白そうなタイトルでしょ?笑

投資家の皆さんにも、勿論役立つコンテンツだと思います。

実は、この3つの秘密は「プログラマーの三大美徳」とも呼ばれており、IT業界では結構知られているものなんです。

 

目次

  1. プログラマーの三大美徳は驚くほどネガティブ
  2. システムトレーダーもプログラマーを見習うべき
  3. まとめ

 

1. プログラマーの三大美徳は驚くほどネガティブ

プログラマーの三大美徳は驚くほどネガティブ

では早速、3つの秘密を紹介していきますね。

(1) 怠惰であれ

怠惰と言われると非常にネガティブなイメージを持ってしまいがちですが、全ての人間は怠惰であると言っても差し支えないかと思います。
これが重要な理由は、「怠惰な人は、最も簡単な道を探し出すプロだから」という点に集約されるでしょう。
何か新しいものを勉強する時、うすっぺらい参考書と分厚ーい参考書のどちらを買うかで悩んだことはありませんか?
怠惰な人なら、迷わず薄い一冊を選ぶでしょう。なぜなら、それが面白いかどうかも分からないのに、いきなり難しそうなことやどうでも良いことが書いてありそうな分厚い本に手を出す気には到底なれないからです。
私は見栄っ張りなので、ついつい難しそうな本ばかり選んでいたのですが、3日坊主で終わってしまうことも多いんですよね苦笑
学ぶなら重要なことだけを最初に学び、もっと深く知りたくなったら難しいものにも手を出してみる。
これくらいのワガママは許されるんです。

(2) 短気であれ

短気な人は決まって時間に厳しいです。なぜなら、「自分の時間を無駄にされること」が無茶苦茶嫌いだからです。
私も結構短気な方で、待ち合わせに遅刻されたりすると正直ムッとしてしまったりします。だって、時間は人にとって最も貴重なものですから。
短気であることの利点は「効率をとにかく追求する」ことにあります。同じことを学ぶなら、短い時間で出来るに超しませんよね。
ちょっとダラけてしまう自分にイライラする、こんな経験、誰にでもありますよね。

(3) 傲慢であれ

最後の美徳が、私にとっては一番ショッキングでした。
「傲慢とかどう考えても短所だろ。。。」
しかし、傲慢であることにも利点はあります。それは、「ネガティブなクレームが大嫌い」という点です。自分が作ったものが赤の他人に批判される。傲慢な人ならばこんなことには耐えられません。
それゆえ、彼らは自分の作った商品を、「クレームの出ないレベルにまで引き上げる」ことに強いモチベーションを抱えています。
「文句があるなら言ってみろよ」
という、彼らの気概も、あながち悪いものではないんですね。

 

2. システムトレーダーもプログラマーを見習うべき

システムトレーダーもプログラマーを見習うべき
これらの三大美徳は、投資家のあなたにとっても役立ちます。
例えば、、、

(1) 怠惰であれ

  • 簡単な本で勉強する
  • 分かりやすい情報を提供してくれるサイトを見つける

(2) 短気であれ

  • 自動的に良さそうな銘柄を見つけてくれるサービスを使う
  • コンサルティングを頼む

(3) 傲慢であれ

  • 利益が出るまで粘り強く勉強し続ける

などなど。。。

 

3. まとめ

まとめ
誰にでもできる簡単なことなはずなんですが、なかなか実践できてないんですよね。怠惰・短気・傲慢。あなたはいくつ当てはまりましたか?

今日から少しだけ、プログラマーを見習ってみてはいかがでしょうか?