【BE OPEN】サウジアラビア人が圧倒的な成長を遂げる秘密

【BE OPEN】サウジアラビア人が圧倒的な成長を遂げる秘密

ABOUTこの記事をかいた人

最年少で「YAHOO! 投資の達人」に選ばれた(当時22歳)。同サイトでの予想の年別パフォーマンスは、2015年「+480%」、2016年「+1024%」2017年「+943%」。最年少ながら、2015 年に「ベストパフォーマー賞」「通年最⾼勝率者賞」の2⼤タイトルを獲得。TV 出演や四季報オンラインでの連載を経験。
【BE OPEN】サウジアラビア人が圧倒的な成長を遂げる秘密

セミナーに来て下さった方はご存知かと思いますが、私は今、シアトルにて語学+ビジネス留学をしています。

中国人、タイ人、コロンビア人、韓国人、サウジアラビア人、日本人、アメリカ人、フィリピン人、ブラジル人、イエメン人、、、

これだけ多くの文化に囲まれていると、コモン・センスなんてものは通用しませんから、何を話す時にも逐一説明しなければなりません。

口ベタな私にとってはやや拷問のような環境なのですが、、、

そんな中、何より驚くのが、サウジアラビア人達の「アウトプット力」の高さなんです。

わずか50分の授業を受けただけでも、進歩しているのが目に見える。

日本人学生も勿論居るのですが、サウジ人達の成長力には全然太刀打ちできていないんです。

なぜ、こんなにも「成長のスピード」に差があるのか? 私なりに考察してみました。

 

目次

  1. サウジアラビアの人たちはとにかくオープン
  2. 「オープンさ」はフィードバックを迅速に得るための秘訣
  3. まとめ

 

1. サウジアラビアの人たちはとにかくオープン

サウジアラビアの人たちはとにかくオープン

よく、日本人はインプットばかりに特化していてアウトプット力が弱いという話がありますが、
米国という「民族のるつぼ」に来訪し、その現実に直面します。

英語で言うと、「読む」のは得意でも「書く」のは苦手。「話す」となると論外なレベル。
これは、日本の教育が受け身な姿勢であることに起因しています。

では、アウトプット力が高い民族はどんな習慣を持っているのか?

それは、
「どんなアイデアでも恥じらいなくおおっぴらに公開する習慣」
だと私は考えています。

例えば、、、
「答えはAでしょうか? それともBでしょうか?」
という質問をされたとしましょう。

私はよく、
「何となくAな気がするんだけど、理由が詳しく伝えられないから黙っておこう」
となってしまいがちなんですね。

一方、彼らは
「BだよB! そんなことも分からないの? 理由なんて分からないけどとにかくBなんだ!」
と主張するんですね。

 

2. 「オープンさ」は迅速にフィードバックを得るための秘訣

「オープンさ」は迅速にフィードバックを得るための秘訣

理由の有無、回答のスマートさ、独創性なんて関係ない。
とにかく、「自分の思ったことを表に出す、提出する」という習慣が身に付いているんです。

その甲斐あってか間違いがあればすぐに明らかになるし、根拠が乏しければ周囲を巻き込んで考えるきっかけを作れる。
彼らに触発されて、私も徐々に発言力が身に付いてきたような気がします。

 

3. まとめ

まとめ

Facebookのザッカーバーグ氏が掲げる経営理念も同様で、

Be Open

というのは、私たちが勢い良く成長するためには必要不可欠な鉄則なんですね。

あなたは、オープンですか?