効率を求めちゃいけない?

効率を求めちゃいけない?
効率を求めちゃいけない?

よっぽどの勝算が無い限り、そんなことはやっちゃいけないんですよね。

From: 中原良太
横浜の自宅より、、、

こないだ、
学生時代の先輩と話していたとき、

面白い話を聞かせてもらいました。

どんな話だったかというと、、、

「最高に効率的な選択と、無理な選択は紙一重だ」
という話でした。

話の流れは、
こんな感じでした。



先輩「いやぁ〜、会社の仕事が多過ぎて、困っちゃうよ〜。」

ぼく「あれま。そうなんですか。大変ですね。」

先輩「そうなんだよ〜。次から次へと新規案件が降ってきて、ろくに休暇も取れないよ。」

ぼく「ひゃ〜。大変だ。あれ? 先輩って、どんな仕事してるんでしたっけ?」

先輩「SIerだよ。システム開発の進捗管理とかやってる。詳しい話はいってもわからないだろうから割愛するけど…。取引先に時間を合わせて勤務しなきゃいけないから、大変なのさ。」

ぼく「それキツいですね。自分のペースでやりたくても、出来ないというか…」

先輩「そうなのさ。ほんともう、ギリギリを攻めてる感じ。」

ぼく「それだけキツいと、辞めたくならないんですか?」

先輩「それが不思議なもんで、辞めたいとは一度も思ったことが無いんだよね。」

ぼく「えっ。そうなんですか。なんでです?」

先輩「上司がやり手でさ。仕事の振り方はかなりキツイんだけど、頑張れば達成できる、ギリギリのところを知ってるんだよね」

ぼく「ふむ。」

先輩「だから、ね。頑張って頑張って頑張って…。なんとか達成できたときの充実感が…もう、ね。」

ぼく「なるほど、たまらんのですか?笑」

先輩「たまらんのですよ笑」

ぼく「良い上司ですねー。」

先輩「そうなのさ。ただ、怖いところもあって。 …」

ぼく「怖いところって?」

先輩「ほら、いつも仕事量がギリギリじゃない。だから、少しでもオーバーしたら、社員も辞めかねないんだよね。」

ぼく「上司の調子が狂ったら、大変そうですね…」

先輩「そうなの。【最高に効率的な選択と、無理な選択は紙一重】だからね。」

ぼく「…? どういうことですか?」

先輩「つまり、ね。今は仕事量もギリギリで、充実感もあるし効率的だし、最高なんだけど。少しオーバーしたら、ヤバイでしょ?」

ぼく「なるほど。レーサーがコーナーギリギリを攻めればタイムも伸びるけど、攻め過ぎると逆にクラッシュしちゃう、みたいな感じですか。」

先輩「そうそう! そんな感じなんだよねー。」

ぼく「バランスが難しいですね〜…」



とまぁ、こんな感じの話でした笑

 

ギリギリを攻め過ぎてない?

システムトレードの話に移ると、、、

この話は、僕らシステムトレーダーにも、
通ずるところがある気がしていて。

どういうことかというと、
「最高の運用成績と、破産は紙一重だ」
ということです。

運用成績を最高にまで引き上げるためには、

資金効率を最大限に高めて、

ギリギリのところを
攻めていく必要があります。

成績を求め過ぎるとリスクを取り過ぎてしまい、
大金を失いかねないんですよね。

ですから、大きな成績を求めるというのは、
ある種、賭けのようなもので。

よっぽどの勝算が無い限り、
そんなことはやっちゃいけないんですよね。

人というものは不思議なもので、
「最高」やら「最善」といったものを、
追い求めてしまうものです。

でも…。

そこに必然性が無いのが殆どであって。

べつに、ほどほどな成績でも、
十分だったりするんですよね。

そう考えると、、、

「ほどほどの成績で満足する」ことも、
大事な気がするんですよね。

むやみやたらに、
「最高」を目指すのではなくて、

リスクを取り過ぎず、
バランスを取って、

安全を意識することこそ、
効率以上に大事な気がするんですよね〜。

トレードをやっていると、
ついつい欲が出てきてしまうので、
注意しなきゃいけないとおもうのです…。

– 中原良太

 

PS

ドカンと利益は出せなくても良いけど、着実な利益を求めるという方は、この本を読むのがオススメです。

http://amzn.to/2gqXT9J