本当にヨカッタァァ〜〜……( ;´Д`)

本当にヨカッタァァ〜〜……( ;´Д`)
本当にヨカッタァァ〜〜……( ;´Д`)

自分の武器を知り尽くしているか?

From: 中原良太
東京のセミナー会場より、、、

ふぅ〜〜。

やっとセミナーが終わった!

緊張したぁ〜〜〜〜。( ;´Д`)

やはり、、、

何度、講師を務めても、
セミナーの直前には、
緊張するものですね…苦笑

今回のセミナーは、
かなり上級者向けで高度な内容だっただけに…

「???」な雰囲気にならないか、
直前まで不安だったのですが。

参加されていた方がみなさん、
上級者だったこともあり、

むしろ、全てを吸収していただいて、
ご満足いただけたようで良かったです!

心配する必要は、
無かったようでしたね…笑

ふう、良かった良かった。

 

レベルの高い方ばかり…!!!

セミナーの受講者の方は、

今回も例に漏れず、
本当にレベルの高い方ばかりが、
参加されていました。

セミナーをはじめる、
30分以上も前には、
すでに集まり始めていて、

あちらこちらで、
「最近どうよ?」
「新しいルール作っててさぁ…」
なんて話も聞こえていて、

僕よりもずっと、
研究熱心な方ばかりでした。

そんな方々から、
セミナー開始直前には、

「セミナー楽しみにしています!」
「期待していますよ!」
とお声がけいただき、

かなりプレッシャー感じつつ、、、笑

とてもよい緊張感の中、
講義することができました!

セミナーが終わった頃には、
「またセミナーを開いてね!」
「早く家に帰って検証したくなりました!」
など仰ってくれる方も沢山いらして、

嬉しい気持ちでいっぱいです。

みなさん、喜んでくれたようで、
本当にヨカッタァァ〜〜……( ;´Д`)

 

マルチストラテジー

セミナーでは、
「戻り売り戦略」という、
新しい売買ルールの作成を、

表面上のテーマとしていたのですが、

その実、
裏のテーマというか、

密かに力を入れていたのが、
「マルチストラテジー」の改良でした。

マルチストラテジーの改良って、

つかみどころが無かったり、
人によって適切な改良方法が違ったりするので、

なかなか体系化してお話しするのが、
難しい内容なんですけど…。

セミナーを通じて、

マルチストラテジーの改良の楽しさや、
作り込むときの奥の深さが、

少しでも伝わっていたら嬉しいです…!

 

自分の武器を知り尽くしているか?

マルチストラテジーの具体的な改良法は、
セミナーの内容と重複するので、

お話しすることはできませんが、、、

ただ、、、

今日は、せっかくの機会なので、

マルチストラテジーを改良する上で、

とても大切な心構えを、
1つだけご紹介しようと思います。

それは、
「自分の武器を知り尽くす」ことです。

武器とはすなわち、
売買ルール・投資戦略のことを指します。

システムトレード上級者の方は、
文字通り武器を沢山持っています。

順張り、逆張り、押し目買い、
デイトレ、スイング、オーバーナイト、
空売り…。

などなど。

複数の武器を組み合わせて、

運用成績を少しでも向上しようと、
試行錯誤していることでしょう。

運用成績を少しでも改善するには、
「自分が持っている武器は、どんな特性を持っているのか?」
を、きちんと知るのが大切です。

たとえば。

「上昇相場が得意なのか?」
「下落相場が得意なのか?」

「大型株が得意なのか?」
「新興株が得意なのか?」

「ボラが大きな株が得意なのか?」
「ボラが小さな株が得意なのか?」

などなど。

自分の投資戦略が、
どんな環境で真価を発揮できるのか、

きちんと知っておく必要があると思うのです。

使い方を間違えてしまえば、

無意識のうちに
リスクの大きな取引をしてしまったり、
リターンを得づらい取引をしてしまったりと、

せっかくの武器を組み合わせても、
それぞれを100%生かし切ることができません。

たとえが雑かもしれませんが、

日本刀を持っている武士が居たとして、

きちんと鍛錬を積んだ人なら、

合戦のときには、
きちんと柄の部分を両手で持って、
刃先を相手側に向けて、構えるはずです。

そして、いろんな必殺技を持って、
武器を最大限活かそうとするでしょう。

まさか、、、

刃先の方を握って戦うなんてことは、
しませんよね。苦笑。

そんなことをしたら、
自分が怪我してしまいますので笑

…とまぁ。
当たり前のように聞こえるかもしれませんが、

たくさんの武器を持てば持つほど、

自分の武器の使い方を知り尽くしてこそ、
初めて活かせると思うんですよね。

システムトレーダーとして、
レベルが高ければ高いほど、

手持ちの投資戦略は、

洗練されており、
素晴らしいものが揃っているはずです。

1つを作りこむためにも、

検証回数だけでも、
少なくとも数百回、
多くて数千回のバッテストを経て、

それこそ何ヶ月もかけて、
ルールを作り込んでいることでしょう。

日本刀で喩えるならば、
一流の職人が作り上げる、
「銘刀」と呼ばれるような武器のように、

洗練されたものに仕上がっているはずです。

そのような素晴らしい武器を
持っているからこそ、

きちんと使い方・活かし方を知り、
それぞれの武器の真価を発揮できるよう、

武器の使い方を理解すべきだと思うのです。

たくさんの武器を持っている、
レベルの高いシステムトレーダーの方ほど、

マルチストラテジーを作るときには、
自分の武器を知り尽くすことが、
大切だと思うんですよねー…。

– 中原良太

 

PS

システムトレードを初めたばかりの方は、はずは「武器を増やす」のが上達への近道です。基本的な投資戦略をこの1冊にまとめました。

http://amzn.to/2gqXT9J