シグナルが出ません…

続・デイトレの改善ポイント
シグナルが出ません…

「え・・・本当にこんな銘柄を買い付けて良いの?」

From: 中原良太
横浜の自宅より、、、

こないだ、
とある熱心なトレーダーの方から、

「シグナルが出ないのだけど、どうしたら良いですか?」

という旨のお問い合わせを頂きました。

「シグナルが出ない」という悩みは、

僕らシステムトレーダーであれば、
誰もが抱く悩みでしょう。

実際、ぼく自身、
何度悩んだことか…苦笑

メルマガ読者の方のなかには、
きっと同じ悩みを抱えている方も、
多いかと思いますので。

今日は、シグナルが出ない時の、
僕なりの時間の使い方について、

少しだけお話ししようと思います!

 

シグナルが出ない=悪なのか?

シグナルが出ないと、

トレードができないため、
利益も出せません。

そういう時期は、
なんだか損した気分になるものです。

「周りにはこんなに面白そうな株がたくさんあるのに、どうして自分はトレードしていないんだろう?」と。

そんなことを考えてしまう時期でもあります汗

ただ、、、

僕らシステムトレーダーにとっては、

「シグナルが出ない」
=「取引しても利益が出せない」

ということでもありますので

僕は、シグナルが出ないこと自体は、
あまり悲観視しないようにしています。笑

むしろ、それだけ銘柄を
厳選しているということなので、

「ちゃんと選んでくれてるなー」
とさえ思います(*^◯^*)

逆に、、、

毎日何十〜何百銘柄とか、
シグナルが出まくっている方が、

「えっ、これって本当に平気なの?」
「ちゃんと厳選できてるのかな?」と
不安になってしまうぐらいですね笑

 

空いた時間を活かす

不思議なもので、

僕ら人間は
シグナルが出ていないうちは
「早くシグナルが出て欲しい!」と願う一方、

実際にシグナルが発生してみると、
「え・・・本当にこんな銘柄を買い付けて良いの?」
というように、

不安な気持ちが芽生えてくるものです。

そのような不安が芽生えるときは、

たいていの場合、
売買ルールそのものの強みや弱みなど、
深いところまで理解できていません。

良いたとえかは分かりませんが、
「見ず知らずの人にお金を預けて運用してもらう」
なんてことは、僕らは決してしません。

今まで努力してせっかく貯めた大事な運用資金は、
やはり深く理解し、「これだ!」と思うもののために、
使いたいと思うものです。

ですので、シグナルが発生していない時期。

トレードをしておらず、
運用資金が最も安全な環境にある時期こそ、

自分自身がイチバン冷静で居られる時期とも言えます。

自分の売買ルールを見直したり、
理解を深めたりするには、最高の時期でしょう。

ですので、せっかくのこの機会に、
「これだ!」「心の底から運用したい!」と思えるまで、
売買ルールと正面から向き合ってみるのが、

イチバンだと思うんですよね〜。

– 中原良太

 

PS

システムトレーダーなら押さえておきたい基本の「キ」をこの1冊にまとめました。

http://amzn.to/2gqXT9J