ぼくが戻り売り戦略に注目する理由

ぼくが戻り売り戦略に注目する理由

ABOUTこの記事をかいた人

最年少で「YAHOO! 投資の達人」に選ばれた(当時22歳)。同サイトでの予想の年別パフォーマンスは、2015年「+480%」、2016年「+1024%」2017年「+943%」。最年少ながら、2015 年に「ベストパフォーマー賞」「通年最⾼勝率者賞」の2⼤タイトルを獲得。TV 出演や四季報オンラインでの連載を経験。
ぼくが戻り売り戦略に注目する理由

Let’s バックテスト!(*^◯^*)

From: 中原良太
横浜の自宅より、、、

あぁ〜〜。

なんだか、ソワソワしてきた。

この緊張感。

止められるものなら、
止めてみたい…。

 

セミナーの準備

今度の週末。

ぼくは新しい投資戦略を紹介するため、
とあるセミナーで講師を務めます。

ご紹介するのは、
「戻り売り」というタイプの、
空売り戦略です。

かなり良いものに仕上がったので、

今すぐにでもセミナーを開いて、
お披露目したいところなのですが…。

いかんせん緊張しいなもので。

セミナーの前々日だというのに、
すでに緊張で、夜も眠れなくなっています苦笑

戻り売り戦略というのは、
「長期的に下落トレンドの銘柄を、短期的な上昇時に空売りする」というものです。

この戦略、
逆張り系の買い戦略と相性が良いので、

このルールを1つ、
マルチ戦略に加えるだけで、
運用成績がグッと引き締まるんですよね〜。

 

なぜ、戻り売りなのか?

当日、セミナーに参加できない方が、
大半かと思いますので。

今回は、「戻り売り戦略」の良いところを、
少しだけご紹介しようと思います。

(あまりに有能なので、ぼく自身、最近の最優先で研究しています笑)

通常、押し目買い戦略や、
逆張り戦略などは、

相場が大きく下落するほど、
含み損が膨らみ、やられてしまうのですが。

戻り売り戦略は、
文字通り空売り系の戦略ですので、

むしろ、相場が下がれば下がるほど
利益を大きく稼げると期待できます。

要するに、、、

戻り売り戦略は、
「強い下落相場」でほど、
その真価を発揮します。

ですので、逆張り系の買い戦略を
使っている人にとっては、

良い「リスクヘッジ」となるんですよね。

逆に、、、

相場が上がっているときは、
戻り売り戦略は弱いのですが。

このときは代わりに、
買い戦略が利益を出してくれます。

お互いの強みが、
お互いの弱点をカバーしてくれるので、

資産曲線もかなり綺麗なものに、
仕上がると期待できるんですよねー。

 

Let’s バックテスト!(*^◯^*)

ああっ、セミナーが待ち遠しい!

これを機会に、

まだ戻り売り戦略を、
手元に持っていないという方は、

ぜひぜひ色々とバックテストしてみて、
研究を重ねてみて下さいね)^o^(

ぼくもこれから、
セミナーの内容をより良くするため、

あらためて、ゼロベースから、
研究し直してみることにします!(*^◯^*)

よっしゃ〜〜!
頑張るぞっ!!!

– 中原良太

 

PS

システムトレードを始める前に、この本を読んで基本を習得するのがオススメです!

http://amzn.to/2gqXT9J