なんでちゃんとポジションを管理しないの!?

なんでちゃんとポジションを管理しないの!?

ABOUTこの記事をかいた人

最年少で「YAHOO! 投資の達人」に選ばれた(当時22歳)。同サイトでの予想の年別パフォーマンスは、2015年「+480%」、2016年「+1024%」2017年「+943%」。最年少ながら、2015 年に「ベストパフォーマー賞」「通年最⾼勝率者賞」の2⼤タイトルを獲得。TV 出演や四季報オンラインでの連載を経験。
なんでちゃんとポジションを管理しないの!?

投資家が一番最初に陥る大きな罠は投資の「はじめ」にばかり注目してしまい、その後のことを全く考えないことにあります。

例えば、、、
「ロールスロイス」を買ったら、あなたはきっと綺麗に洗車して、メンテナンスは欠かさないですよね?

株式投資家の初心者は、「買ったらそこで終わり」という決定的な勘違いをしているんです。

多くの方が仕掛けにこだわりますが、手仕舞いを拘る人はごく少数です。しかし、手仕舞いは仕掛けと同じ、或いはそれ以上に重要であることを忘れてはいけません。何故なら、仕掛けと手仕舞いは1対1の関係にあるからです。

とある仕掛けの方法には、最適な手仕舞い方法が必ず存在しています。時には、手仕舞いの方法を工夫するだけで、期待値は5倍にも10倍にも向上することができるのです。無限の組み合わせがある中から最適な手仕舞い方法を見つけることは我々には不可能なのですが、、、今持っている戦略の手仕舞いルールを改良することはできます。

ということで今回は、手仕舞うかどうかを決める際に私が判断材料としている3点を紹介します。投資をしている方は必ずチェックしてくださいね。

 

目次

  1. 現在の投資対象の魅力の低減
  2. より魅力的な投資対象の出現
  3. 先行きが不透明
  4. まとめ

 

1. 現在の投資対象の魅力の低減

 現在の投資対象の魅力の低減

今の投資銘柄が魅力的で無くなった時、手仕舞いを行うべきでしょう。例えば、

  • 仕掛けを行ってみたものの成績が振るわない場合
  • 十分に利益を出して、上昇余地が小さくなった場合

などが挙げられます。

 

2. より魅力的な投資対象の出現

より魅力的な投資対象の出現

多くの方がこの点を見逃しがちです。市販の統計ソフトを使ったとしても、この要素を加味するのは至難の技でしょう。
しかし、投資活動は相対評価で行わなければなりません。既に投資戦略を持っている方はご存知かと思いますが、仕掛けを行なう際には優先順位がありますよね。それと同じで、「保有している銘柄」と「保有していない銘柄」の魅力度は常に比較されているのが理想的です。
もっと魅力的な銘柄が存在しているのであれば、乗り換えない理由はありませんよね。

 

3. 先行きが不透明

先行きが不透明

多くの方が陥るのが、「分からないけど、他に買いたい銘柄も無いしとりあえず持っておこう」という状況です。これは危険な行為と言えるでしょう。

 

4. まとめ

まとめ
投資活動は勝てる見込みがある時にのみ行なうべきであり、そうでない時は手を出してはいけません。即刻手仕舞いましょう。

あなたは、ちゃんと株を管理していますか?